※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

空系


コントロールデッキの大半を占めていたのがこの空系。
理由の一つとしては、空に属するキャラクターを見渡してみても
殴り合いで優秀なものが殆ど存在していなかったこともが要因だった。
使われたキャラクターと言えば「エルファーシア」「フィーリア」
「天都みちる」「ディープワン」くらいで、全てコンボ用である。

「ユーティ」による過剰エネルギーにより、オールカラーのカードを
いとも容易く多用でき「荷物整理」での必要カード入手率や
「ミント」のダメージ率が上がるので除去を多用できたことから
結果的にコントロールデッキを作るなら空、という方向に進むこととなった。

速攻系に対しては1体づつ除去していては間に合わないため、
「駆逐」や「魔界の崩壊」などを使用してアドバンテージを稼ぐ必要があり、
そのためには自分にデメリットがあってはならず、かつすばやく撃たなければならない。
ナビゲーターをサーチ手段は非常に多いゲームだった(色を気にしなければ更に)ので、
結局「ユーティ」が存在する空が一番コントロール向きだったのである。

後に「どっか~ん」「電極2号MK-2」等のコントロールデッキへ使えと言わんばかりの
優良カードも登場したため、ウィニー嫌いのプレイヤーに愛用された色となった。

しかし、逆にいえば「ユーティ」のエネルギーを基準に各カードのコストが
考えられているため、「ユーティ」が揃わないと何もできない。
さらに展開はリスクを負い、何らかの手段を多用することから
その辺りの考慮も含めた構築力の問われるタイプであったと言える。

最終期に「ユーティ」「どっか~ん」へ謎のエラッタが施され、
空と言う色を支えてきたこれらのカードの消滅により、
コストが高く、ビートダウンが元々構築できないカードプールである空属性は、
「コストが高いだけで何もしない色」となってしまう結末を迎えた。


使用率の高かったカード
  • ユーティ
  • ミント
  • エルファーシア・エル・アークライン
  • 天都みちる
  • ディープワン
  • どっか~ん!!
  • 電極2号MK-Ⅱ
  • 桜井若葉

主なデッキ