※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

隠れた良カード


余りに手に入りやすすぎることや、キャラクター重視のゲーム性故に敬遠されがちだったものの非常に有効なカードがいくつも存在する。
その埋もれた才能を持つカードの紹介


ベーシック


信楽 美亜子

実はものすごい性能なのに、火のせいであまり使われなかった悲劇のカード。
2エネ2/2、ランダムディスカード強要とアドバンテージでこれ以上のものはそう多くないはず。
さらには「フィールドに出たとき」なのでダストボックスから出てきても発動するし、同色に「泥酔」もあるため再利用も状況によっては可能。
風が強化されたころには更に優秀なキャラクターが多数登場したため、結局あまり使われないまま終わった。

別れの時

ただの手札破壊だと思われがちだが、その実全イベントカードの中でも屈指の性能。
まず1エネと非常に軽いだけでも有用なのに、キャラクターがいないと基本的に有効打を作る事もままならないF&CTCGにおいて、
貴重な序盤の1手をいきなり除外できる性能は、はっきり言えばキャラクターカードへの「打ち消し呪文」と大差ない。
どういう意図でプレイされたか不明な状態でかつ、女性限定&2エネ払う「御破算」を積むくらいならこちらの方が遥かに有効。
手札を全部確認できるため、相手が次のターンからどう動いてくるのかおおよそ把握できる事も考えると1エネコモンの効果ではない。

ダミーキャラクター

通常このような効果を単体対象に行っても1:1交換で終わってしまうものだが、F&CTCGはキャラクター編重のゲーム性であり、
それの対処に使用したカードを無効化できる性能は上記「別れの時」同様に「打ち消し呪文」と考えても差し支えない。
その上、特にエネルギーを使わないで済んだ状況があれば、捨て札から回収できると言うトンでも能力を持つため1:1交換で終わらない。
トップデッキし続ければ勝てるような内容のデッキが多かったためあまり日の目を浴びなかったが、全カード中屈指の性能。

データ整理

フィニッシャーや決めカードが限定されているデッキ相手へのサイドインカード。
ただデッキ内からブレイクするだけでなく、1ドローまで出来てしまう点が優秀。
また、使用することで相手が何をサイドインしたかも判明した上でブレイクできるため二重の有用点があるのも見逃せない。コ
ントロールデッキのサイドボードには必ず入る1枚。

人間リモコン

ベーシック時代は見向きもされていなく、割と後になってから強さを認知されたカード。
リミテッドで強いのはもちろんだが、2nd以降の水デッキに対しての対抗カードになりうる。
こちらのAP3程度のキャラクターが場にいる状態で「小早川瑞穂」を指定すれば、「伊藤乃絵美」でタップしないと戦闘によって除去されてしまうし、
「大庭純」なら能力の先撃ちを強制させ、「クロコ」を対象にすれば相手は能力を使わざるを得なくなる。
AP3以上ののキャラクターが増え、アイテムのサーチが楽な風デッキでのサイドボード候補。しかしこれに気づけているプレイヤーは少なかった。

1st


ちょっと失敗

優秀サイドカードなのに何故かみかけなかった1枚。多くのデッキの主力へ対策となり得る。
橘天音(場にナビ音羽早苗がない時)、桜庭ひかる、森原さとみ、クロコ、大庭純(2回は能力を発動される)を止めつつ(結果的に)除去もできるし、
一時的ではあるが、ナビゲーターの能力を止める数少ないカード。地や良薬デッキのキャラには体調不良があまり有効でないため有力。

永遠の別れ

捨て札活用が多い地相手や、序盤は始末できても中盤以降除去しにくい「斉藤倫子」等デッキからブレイクできる。
使い方に慣れが必要だが見た目より遥かに効果が高く、コントロールデッキには仕込んでおいて良いカード。

邪神復活

実はプレイに成功するだけで空2、2/2、飛行のキャラクターを出せるので非常にコストパフォーマンスが良い。

白銀の剣

このカードに関しては、すさまじいポテンシャルを持っている事はわかりつつも「キャラクターセット」のカードであることと、
相性の良いキャラクターが軒並み他属性に存在していた事であまり使用されなかったと思われる。


2nd


新山 留依

1エネ3/4は火単、風単に対して非常に強い上に、「駆逐」との相性が良いのがポイント。
アタックするのにコストが必要だが、アタックした後にパンプするなら1エネルギーしか必要ない。

七瀬 菜月

除去が頻発する構築戦では微妙だったがリミテッド戦ではエンドカード。
ダジャレブリザードを毎相手ターンに使えばアタックされない、ブロックされない。これがエンドカードといわずして何と言うか。
即除去さえされなければ良いので構築戦でサイドボードに潜んでいることもある。

ゴーヤチャンプルー

これも優秀なのにまったく見かけなかった。
たしかに維持費は重い上に回復を受け付けないが、「癒しの曲」「空間凍結」でのアタック封じや、「標的・・・」等の効果をスルーすることができる。
当時なぜコレがサイドに見かけなかったのか不思議でならなかった。(有効なのを知りつつ黙っていた筆者も筆者だが)


3rd

大和 鈴蘭

「香坂アリス」と同時に登場したためかなり影が薄いがコモンとは思えないほど高性能。
アンタップインでこそないものの、APが2ある上に終盤で引いても無駄にならない能力を持ち
Allターンでプレイ可能なので、相手のターン行動を見た後に登場できるのがポイント。

エレナ・リリィベル

隠れてはいないが、「琴乃宮 雪」「シャロン・エステル」と同時に登場しているためやや影が薄い。
実際にはそれらキャラを凌ぐほどであり、速攻には向いていないもののフィニッシャーとしては抜群の性能を誇る。
APが4と高い上に風2さえあれば除去されることはないだけで素質があるというのに、
「シルフィードダガー」の能力を能動的に誘発させたり、2枚目以降の「標的」を火力に変えたり、
エネルギーを多く使うが「猫まんま」を永久火力として変化させたりと非常にトリッキー。

ドリルワーム

成立条件の関係でドローカードなのにコントロールと相性が悪い、という怪しい一面を持つカード。
よって、地や火のほうが相性が良い半面、風は手札に保持するカードをそれなりに投入するので微妙。
正直、手札を溜め込まないデッキならば普通に投入されてても間違いないと考えられるカードだが、リミテッド戦以外では見かけなかった。
大概は1エネ1ドローできると思うのだが。