※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フィーリア 1/2
空/CHARACTER/Female 【コスト】空
-感情の復活-
手札からキャラクターカードを1枚選び、そのカードをクラッシュする:
『フィーリア』は、この特殊能力によってクラッシュしたキャラクターカードの特殊能力を得る。
この特殊能力を使用した場合、『フィーリア』はターン終了時にオーナーの手札へ戻る
(同じターン中に2回以上この能力が使用された場合は、最後に使用した特殊能力の効果のみを使ってもよい)。

手札から捨てたキャラクターカードと同様の能力をコピーする特殊なキャラクター。
登場が1域なので無理が出にくく、コピー先の能力にタップや多量のエネルギーを必要としない場合は
楽に行使できるため、瞬殺コンボ要素として活躍した。

ファーストで《大庭 純》が登場した後は、手札にある枚数分コピー+能力を3回行使した後に
エルファーシア》をコピーするというのが流行り、サードでは《香坂 マリア》の登場によって、
コピー用として捨て札に行った《大庭 純》を更にコピーという事も可能になり達成度も上昇した。


手札さえあれば複数回コピー可能、瞬殺コンボ多数と言う内容があまりにも悪さをしたためか、
最終期にエラッタを出されている。内容は以下の通り。
フィーリア 1/2
空/CHARACTER/Female 【コスト】空
-感情の復活-
手札からキャラクターカードを1枚選び、それをクラッシュする:
『フィーリア』は、コストとしてクラッシュしたキャラクターカードと同じ特殊能力を得る。
この特殊能力の使用に成功したとき、『フィーリア』はターン終了時にオーナーの手札に戻る。
この特殊能力は1ターンに1回しか使用できない。

コピーは1回となってしまったため、このカード1枚でAPを増加+複数回アタックは不可能に
理解不能な最終期エラッタの中でもこのカードに対してだけは仕方ないと言える内容ではある。
しかし見方によっては悪さをしているのは《大庭 純》であり、悪いのはこのカードではないのでは?
という意見も多数である。


ベーシックのフィーリアサイクル。各エレメントに最低1枚存在する。性能は様々。