標的コントロール

(登場時期:3rd)

主要カード


シャロン・エステル(CHARACTER Ver.) 2/2
風/CHARACTER/Female 【コスト】風風
-修行の旅-
『シャロン・エステル(CHARACTER Ver.)』は、あなたのコントロールする「何枚でもデッキに入れてよい」と
書かれたナビゲーターの枚数だけ「+1:+1」修正を得る。
-神聖律を宿す少女-
以下の特殊能力は、敵デュエルマスターのみ使用してもよい。
「あなたのコントロールする『その他』キャラクター1体をタップする:
対象の『シャロン・エステル(CHARACTER Ver.)』1体をタップする。」

標的…(汗)
ITEM/My Turn/フィールドにセット 【コスト】全全
【効果】
すべてのデュエルマスターは、『何枚でもデッキに入れてよい』と書かれていないナビゲーターをタップした時、
2ダメージを受ける。この効果は累積しない。

3rdエキスパンションで《標的…》の登場によって生まれた。
相性の良い《シャロン・エステル(C.v)》も使用される。
特殊ナビにデメリットがないものが殆どゆえに、基本ナビはデッキにほぼ投入されていない事実や、
全デッキに《失敗》が積めることからアイテム対処カードは少ない環境を逆手に取ったデッキ。

標的…》は3rd登場後様々なデッキへ投入されるカードだが、
このデッキは特定のデッキに対しての対策カードではなく、《標的…》とのシナジーがメイン。
除去の代わりに《ポイポぉ~いっ!!》《泥酔》によるバウンスに加えて
荒縄乱舞》《守護》というカードによって、余分なエネルギー消費を強制するのが特徴である。

ナビゲーターの休日》はこのコンセプトにおいてはフィニッシュ手段にもなり得る強力なカード。
相手のALLターン行動も勿論封じれるため、バウンスや《標的・・・》配置の際に活用もできる。

基本的にも特殊ナビゲーターが少ないデッキ、特に同型相手にはコンセプトが崩壊するため、
サイドボードにはそれらへの対策カードを主体に組み込まれている。
アンタップインが多く、荒縄も効きづらい、基本ナビも半数、と火単にもあまり相性が良くない。
そのため、火単にはサイドから除去コントロール気味な構成に変化する。

あまりに《標的…》が目立ったため、基本ナビを投入する環境になってしまった上、
シャロン・エステル》への対策カードも周知され広まってしまったために
終期は風コントロールデッキに投入され、《愛沢 ともみ》でのサーチが可能な妨害カード
として《標的…》を投入する形へという方向でコンセプトは残っていった。
特殊ナビも多めの地単にはこちらの方が相性がよく、地単が増えてきた終期には活躍できていた。


デッキレシピ

ナビゲーター イベント サイドボード サイド意図
亜理子 16 失敗 信楽 美亜子 対コントロール・コンボ
キャラクター ナビゲーターの休日 雛乃 対火単
愛沢 ともみ 守護 エレナ・リリィベル 対コントロール
エレナ・リリィベル 泥酔 薬の材料捕獲~☆ 対高DP
シャロン・エステル スペル マジックアロー 対水、追加除去
  ポイポぉ~いっ!! 龍の巫女の力 対置物
荒縄乱舞 言霊 対システムカード
龍の巫女の力 猫まんま エレナセット
アイテム 携帯式レールガン 対風
標的…

フィニッシュ保険としてエレナが投入されている。サイドに猫まんまもある。
一度登場できれば後は除去耐性を持ち、登場コストもかからないため。
龍巫女は不要な配置カードを自ら割ってドローにもできるため、メインにも挿されている。