※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

多上 愛姫 2/3
空/CHARACTER/Female 【コスト】空空空
-ふたりだけの世界-
『多上 愛姫』がフィールドに出たとき、敵デュエルマスターがコントロールする、
「男性」キャラクターを1体選ぶ。対象となった「男性」キャラクターと
『多上 愛姫』以外の、すべてのキャラクターをオーナーの手札に戻す。
(敵デュエルマスターが「男性」キャラクターをコントロールしていなければ、この効果は無視する)

能力を凝った結果、全く使えないカードと化している典型的な例。
まず、相手の場に男性がいないとただの3域2/3なので、そもそも限定状況過ぎる上、
万が一効果が発動しても対象にした男性は場に残る。
数が少なくほとんど使用されないとはいえ、男性キャラクターはサイズだけは大きめなので
残られてもこのキャラで対処のしようがない。
能力を発動したは良いが《ファランクス》と対峙になることを想像してもらえればわかる。

相手が展開の遅いデッキで有れば手札に戻す事で凌ぐ事が可能かもしれないが、
それを仮想相手としてこんなカードを投入するのはそもそも都合よすぎる。

一 応《滝口 洋介》とシナジーがある。相手に送り込みこの能力を発動し、
ついでに《帰還》でも放ってやれば6点ビートを3ターンくらいはできるだろう。
2色かつ7エネルギーかつ事前準備が必要なのに、決定打にはなりにくいものを使う意味があるか
と言われればまったくないが。