ユーティ
NAVIGATOR(空)
【特殊能力】
『ユーティ』がフィールドに出たとき、あなたは3ダメージを受ける。
『ユーティ』をタップする:フィールドに出ている『ユーティ』の数に等しい点数の空エネルギーを得る。

F&CTCGを代表するナビゲーター。
場に出る時に3ダメージというデメリットを持っているが些細なものであり、利用もされた。
(参考:アドライズハリケーン
本作はナビゲーターサーチカードが多く、序盤から通常の倍以上にも達するエネルギー供給力を誇るため、
コントロールやコンボデッキの中核を成す存在として、エラッタがかかる最後まで使われ続けた。

1ターン目に配置して《バトンタッチ》、2ターン目に何かしらのサーチ、で容易に3枚集まる。
(12点ダメージを受けるが)
「自分の」という表記はないため、ミラーマッチでは最高で1枚8エネルギーを発生することもある。
もはやなにがなんだかわからない。
また「ユーティという名前のナビゲーター」という表記もないため《みんなでコスプレ》を使用し、
キャラクターの名前を合わせてやると数に含める事が出来る。

初期では《エルファーシア》の複数アタックへ貢献していた事が多かった。
荷物整理》との相性は抜群。
全国公式大会でも幾度となく使用されており、空コントロールの定番パーツとなっている。
ベーシック後期にはそのエネルギー量を活かし、みちるロックが猛威を奮った。

エラッタ後のテキストは以下の通り
ユーティ
NAVIGATOR(空)
【特殊能力】
『ユーティ』がフィールドに出たとき、あなたは3ダメージを受ける。
『ユーティ』をタップする:フィールドに出ている『ユーティ』の数-1に等しい点数の空エネルギーを得る。

単体ではエネルギーを1すら発生できなくなってしまったため、4枚必要なのに4枚積むと
初手にこのナビゲーターしかない場合には若干事故るという問題がでるようになった。
ちなみに、3枚揃えても1枚当たり2点なので《ミント》2枚の起動程度が限界となり、
そちらの価値も大幅に下げることとなっている。

エラッタの内容自体はある意味妥当なものといえるが、問題はそこではなく
空に属しているカード群がそれまでのユーティの性能を基準に作られていた事にある
空エレメントのキャラクターカードは2域で展開する本作の環境に反して
「3域ですらまともに動き出さない」ほどの重さで作られているため、
エラッタ以降は空のキャラクターを活用する事は「できない」ほどになってしまい、
ゲームから1属性ごと排除してしまうまでの影響を与えた。

F&CTCG衰退のひとつはこのエラッタによるものではないかと言われている。
贔屓され続けている火単速攻や、3rdで大幅に優遇された地を抑え込めるのは、
序盤から多量のエネルギーで制圧出来た空コントロールだったからであり、
異常な性能で君臨し続けている火のカード群に対してはまったくの手付かずで現状維持とされたためである。

また、3rd発売からかなり時間が経った後に発表されたため
「今更何をほざいているんだ」と考えたプレイヤーで溢れてしまった。