※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

森原 さとみ 4/2
火/CHARACTER/Female 【コスト】火火
-簡単にはなびかない-
『森原 さとみ』は、アンタップ状態でフィールドに出る。
『森原 さとみ』は、アンタップフェイズにアンタップしない。
この能力は、あなたのメインフェイズ開始時にのみ使用してもよい。
『森原 さとみ』をアンタップする:あなたは2ダメージを受ける。

火エレメントを超えF&CTCGを代表する壊れカード。
とにかく2域でアンタップインAP4というスペックがゲームシステムへ非常に噛み合っている。
1ターン目には《日野森 あずさ》や、セカンド以降は《斉藤 倫子》もいるので、
結構な確率で2ターン目に7点を吹き飛ばしてくる暴力を誇り、トップデッキから出て来る事が強力無比。

設計者は能力を相当のデメリットとして設定したつもりなのだろうが、ほとんど機能していない。
エネルギーが必要ないため、展開を阻害することがなく仮に相打ちや除去された場合も何も必要ない。
序盤からこのカードを止める術がそもそも少ないため、デメリットとしてはかなり低い部類に入る。

この能力が「メインフェイズ開始時」なのも問題で「アンタップフェイズを飛ばす」
「アンタップフェイズにアンタップしない」というロックカードですら無視して起き上がってくる。
この事から 速攻アタッカーとして投入してるだけの存在がナチュラルにロック対策 してしまう。
また、「使用しても良い」なため、自身のライフが危険なら起こさない、という選択肢も取れる。
低域速攻アタッカーにしてはさすがに柔軟すぎる。

「DPが2だから」済まされない性能であり、F&CTCGのデッキ幅が異様に狭い原因の一つはこいつである。
3ターン目までにこのカードへの除去を搭載しない事には試合にならないため、構築が狭まる。
その要素も火側が先行だとほぼ間に合わないため、序盤の役目はほぼ確実に果たす事が出来る。

50枚デッキかつ同名カードは4枚というルールも追い風で、トップアタッカーに押し上げている一因。
「新弾が出ればなにかしらで衰退するだろう」と誰もが新弾が出るたびに思い、願ったが
結局「 何も変わらず 」多くのデッキを葬り続けた。

こんなぶっ壊れ異常カードなのにβ版ではコモン扱い収録であるため、
初期のプレイヤーなら4枚所持している事も多い。何故か全種の中で一番カードデザインも良い。
なによりも β版で収録しておきながら何故この異常さに気づけなかったのか という疑問が残る。

性質上必然だがタップ効果には弱い。
しかし、本作のタップ効果はこいつより倍ほど遅くから起動するので実質弱点になっていない。
当たり前だが、残りライフが2点以下ではいるだけになる。
ただし、そこまで持っていかれたらこのカード関係なく火単速攻デッキとして負けである。
体調不良》は有効だが、セカンド以降《乱れ撃ち》の糧にされる事も出てきている。