※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

火単速攻

(登場時期:ベーシック~)

主要カード


森原 さとみ 4/2
火/CHARACTER/Female 【コスト】火火
【簡単にはなびかない】
『森原 さとみ』は、アンタップ状態でフィールドに出る。
『森原 さとみ』は、アンタップフェイズにアンタップしない。
この能力は、あなたのメインフェイズ開始時にのみ使用してもよい。『森原 さとみ』をアンタップする:あなたは2ダメージを受ける。

斉藤 倫子 3/3
火/CHARACTER/Female 【コスト】火
【遅刻しちゃう!!】
『斉藤 倫子』は、アンタップフェイズにアンタップしない。
以下の特殊能力は、あなたのターンのメインフェイズ開始時に使用してもよい。
「あなたの山札の一番上のカードをクラッシュする:『斉藤 倫子』をアンタップする」
【パソコン初心者】
1エネルギーを支払う:『斉藤 倫子』はターン終了時まで、イベントカード、アイテムカード、スペルカードの効果を受けない。

桜庭 ひかる 2/1
火/CHARACTER/Female 【コスト】火火
【正面衝突】
『桜庭 ひかる』をクラッシュする:
対象のデュエルマスターひとりか対象のキャラクター1体に3ダメージを与える。

環境の初期から最後までトップクラスの強さを持っていたデッキ。
ベーシックのカードが主ながらとにかく書いてあることがおかしいカードばかりで構築されている。
平均しても5~6ターンで勝負を付けてしまうことは少なくないため、
スピードがコンセプトのはずの風を完全に食ってしまっていた。

ベーシックから環境最後まで、大会で必ず一人は使用者がいたことからも人気のほどが伺える。

キャラクターのカードパワーが高いため、なんとなくでも勝ててしまうほどだが、
速攻型で組んでいるにもかかわらず、ロック系の無力化やナビゲーター破壊、
相手のドロー妨害など幅の広い動きが出来る点が非常に強い。
プリシア》を活用してアタッカーを途切らせない、
相手のナビゲーターをキャラクター化させて余った除去の対象にする、
玉蘭》によってプレイヤーのトップを操作する、etc…

デッキの構築も意外と幅があり、構成上の相性から《リザレクション》の投入もよく見られていた。
3rd期では《シルフィードダガー》との相性も良いためこちらも良く採用される。

実のところ1:1交換主体な上、構成上の関係で序盤に3/4の数値を立てられると厳しい一面がある。
除去自体は可能なのだが、コストのカーブを乱されるためどうしても勢いが止まる。
また、2ターン目の《森原 さとみ》頼りな部分があるため、ベーシック期はともかく、
打点を稼ぐために横に並べたところを一掃され息切れから逆転、ということも少なくは無く、
終期はその性質を突かれて安定性は落ちている傾向にあった。

実は火エレメントだけで見れば1st、3rdで得ているカードがほとんどないデッキである。
それなのに最後までTier1として君臨し続けたのは初期の製作陣贔屓がなし得た結果である。


デッキレシピサンプル


ベーシック期バージョン
ナビゲーター イベント サイドボード
ミーナ 体調不良 シャロン・エステル
プリシア 失敗 木乃原 茜
玉蘭 スペル 熱血教師
キャラクター マジックアロー ハプニング
桜庭 ひかる 氷川流十徳封神剣 帰還
田中 冴子   はた迷惑な降臨
日野森 あずさ チャムナファイアー
森原 さとみ ロンジー
蛮人フィーリア  
木乃原 茜

最初期型。シンプルに高性能カード各種で組まれている。
サイドボードは除去からの息切れ対策や《熱血教師》による奇襲詰め手段、
対みちるロックへのナビゲーター抑制へ《チャムナファイアー》《帰還
と非常にトリッキーに動け、どんなデッキにも不利になりにくいのが最強たる所以。


後期バージョン
ナビゲーター イベント サイドボード
ミーナ 体調不良 木乃原 茜
プリシア スペル 雛咲 祭里
玉蘭 マジックアロー 失敗
キャラクター アイテム ハプニング
桜庭 ひかる ドリルワーム 帰還
日野森 あずさ   氷川流十徳封神剣
森原 さとみ 死ね、害虫!!
蛮人フィーリア ドリルワーム
西崎 美耶子 シルフィードダガー
斉藤 倫子  

直接対策されにくいメイン戦は《失敗》すら抜いた特化型。
サイドボードは3rd以降天敵となりえる要素も出てきた地への対策が多め。
祭里はドリルと一緒に投入して必要なカードを使いまわすことで幅を広げる。