プリシア
NAVIGATOR(火)
【特殊能力】
『プリシア』をタップする:火のエネルギーを1点得る。
火エネルギーを1点支払い、『プリシア』をタップし、そのあと、あなたは1ダメージを受ける:
対象のナビゲーターは、ターン終了時まで、ナビゲーターであると同時に「2:2」の能力を持つ
「その他」キャラクターとなる。

火が息切れしない理由の一つ。
ナビゲーターが入らないデッキは存在しないため、このカードがあれば実質アタッカーは減らない。
ベーシックのナビゲーター全般に言えることだが、エネルギー供給は普通に行ってくれるので
デッキへの投入を悩む必要すらない。

それだけでも十分な性能なのだが、このカードの恐ろしさは「相手のナビゲーターも対象に取れる」事。
これは《桜庭 ひかる》や《西崎 美耶子》を要する火単において、
「余った火力を相手のナビゲーターに向けられる」という事である。
この要素によりナビゲーター破壊目的のカードを必要とせず火力を積めば良いため、
エネルギー制限がコンセプトであったろう水を完全に食ってしまっている。
終期には強力なカードであるはずの《シャロン(C.v)》を実質
3エネルギーと1HPの支払いで完全に無力化させてしまえる。

開発者はキャラ化して戦闘する以外を活用した戦術は全く思いつかなかったのだろうか?
もしそうだとしたらTCG知識というかゲームの想定力が余りにも希薄である。
ナビゲーターかつアンコモンなカードにあるまじき性能で有り、火の凶悪さを表現している1枚

強化装甲服》が2枚場にあれば、毎ターン自身のタップとHP1+3エネルギーで
相手のナビゲーターを継続して破壊して行くなんて芸当も可能。