※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シャロン・エステル
NAVIGATOR(地)
【特殊能力】
『シャロン・エステル』をタップする:地のエネルギーを1点得る。
『シャロン・エステル』をタップし、『シャロン・エステル』をクラッシュする。
そのあとダストボックスからキャラクターカードを1枚選び、そのカードのコストを支払う:
対象のキャラクターカード1枚をアンタップ状態でフィールドに出す。

全ナビゲーターの中でもトップクラスに強力な1枚。
エネルギーを出す面でのデメリットがなく、地には《長内 エミリ》がいるためサーチも容易。
F&CTCGにおいてアンタップインというのはメリットの固まりなのでそれだけでも価値があると言うのに、
なんと「自分の」という指定がないのでエネルギーさえ出せるのであれば、相手のダストボックスからも
指定してキャラクターを選んでアンタップインさせることが可能。
ナビゲーター能力であるため対処もごく一部のカードでしか行えず、地のミラーマッチではこの駆け引きが
非常に重要なファクターを占める。

標的・・・》や《瞬殺》の対象になる事程度しかデメリットの無い《モナコ》を
基本ナビゲーターの変わりにデッキに組み込んでおく事で、相手のデッキ内容を把握出来た2戦目からは
エレメント指定を上手く使う事で、相手のダストボックスから奪う戦術が使いやすくなる。

地デッキには必ず4枚投入される定番カードであり、能力の性質上地のエネルギーしか出せない事を
デメリットとしない「捨て札活用」専用カードとして投入されることもしばしばある
。特に《桜庭 ひかる》の存在や相打ちが多い火デッキには良く見かけられる。
能力を使用しない場合もキャラクター以外のプレイや能力のコストには使えるのでさほど無駄にもならない。
ベーシック時代では「みちるロック」の実質的な主力パーツとして環境を制圧しており、
ファーストでは《橘 天音》という相棒と駆け抜け、サード環境では地自体がトップメタになるほど
パワーを得ているため最後まで現役だった、名実と共にベーシックのトップレアである。

後に再録や配布プロモーションカードにもなったため、その性能を持ちながら入手は比較的容易だったことも
人気理由の一つだったと考えられる。


コスト支払い時に対象を指定するため、ミラーマッチでは割り込みでその対象を掻っ攫われて
結果的にクラッシュするだけ、という立ち消えを起こされるという事はあり得る。



プロモーションカード-P-036
セカンド-再録レア・別イラストVer
ベーシック-レア