236事変


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

注意

あくまでここに書かれている悪魔側の事については終戦後に流浪街で聞いたことを元にした推測です
また、ページ内での考えも筆者のものであり、それらが正しいとは限らないし更に言えば個人的感情が多分に含まれております
また、筆者は封印側のため客観的に捉えられておりません。特に悪魔国だった人で「ここはこうなんだけど」っていう修正すべき箇所あったらphantom(NPC)まで手紙を出すか自力で修正してください
ユグドラル歴236年の暗黒において終盤に起こったいつかの再来を思わせるような制限二種指定ペットの乱射騒動。以下は当時の世界情勢ログ

トーラス(株)の鋼ノ防人がダンドリオン王国と停戦条約を結びました (5/21 23:21)
流浪街のグラサン(NPC)がドラを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:19)
流浪街のグラサン(NPC)がアポロンを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:19)
流浪街のグラサン(NPC)がアポロンを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:18)
流浪街のグラサン(NPC)がアポロンを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:18)
流浪街のグラサン(NPC)がドラを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:17)
流浪街のグラサン(NPC)がドラを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:17)
流浪街のグラサン(NPC)がドラを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:16)
流浪街のグラサン(NPC)がドラを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:15)
流浪街のグラサン(NPC)がメテオストライクを使い世界中が開戦となりました (5/21 23:15)
流浪街のグラサン(NPC)がドラを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:14)
流浪街のグラサン(NPC)がドラを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:14)
流浪街のグラサン(NPC)がドラを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:14)
神聖フライハイト帝国の餡子餅が神聖フライハイト帝国を復興させることに成功しました (5/21 23:13)
流浪街のグラサン(NPC)がドラを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:13)
神聖フライハイト帝国のタミフルがアスモデウスを使い魔術結社アストラルの兵士数を 120000 奪いました (5/21 23:13)
流浪街のグラサン(NPC)がドラを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:13)
流浪街のグラサン(NPC)がドラを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:12)
流浪街のグラサン(NPC)がドラを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:12)
流浪街のグラサン(NPC)がアポロンを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:12)
流浪街のグラサン(NPC)がアポロンを使い統一難易度が上がりました (5/21 23:11)
修羅の国のグラサン(NPC)がアルカトラズを使い各国の 参謀 が修羅の国の牢獄に幽閉されました

実に十七発ものドラアポロンが撃たれた。これによってLv80程度だった統一難易度が短時間で40以上も上がり、 統一難易度Lv121 というとんでもない事態となった
交流でのある人の例えを借りるならば正に 「統一難易度がオーバーソウル」 してしまった
この時の封印側の反応がどのようなものだったかは言うまでもないだろう

詳しく!

一種二種共に制限一杯まで使い切った悪魔側、対して封印側戦争国はその時点で二種は使い切ったものの一種は2/4と余裕があった(悪魔は“何故か”最後の一種枠をノア→数時間経たない内に復興という事で消費してしまった※1)。そこから事件が起こる一日前にはノアで篭もっていた封印側が19:30頃に奇襲を仕掛け、軍事で物資が奪われるのを回避するために全物資を避難させていた悪魔は碌に応戦も出来ず、110000あった国力が深夜に封印が再ノアするまでに33000程度まで減らされてしまった
こうなれば最早封印の勝利は確定である。が、いかんせん 『悪魔と同盟を結んでいる国が悪魔国を滅ぼすと何故か悪魔国が勝利する』 という事が他の鯖であり、その話がOoB内でも浸透していたため勝利が間近にあろうと油断等出来なかったのである
前日と同じ時間帯に仕掛けるかどうかだったが参戦不可の意志を数名が出した事、同日の昼に誤復興で一種枠を使い切った事から封印側は今夜の攻撃を見送る事に決定したのだが……
夜になって先述の仕様を利用した逆転勝利を防ぐために支援国で復興と滅亡を繰り返すのはどうかという話になり、それを実行に移した事で悪魔はブチぎれて事件を起こしてしまったようである

原因

そもそもの原因は封印側の行動を悪魔側が間違えて捕らえてしまったからだと筆者は推測している
終戦後に悪魔の一人から聞いた話では勝ちはほぼ確定しているのに軍事粘着されて面白くない、牢獄で熟練美味しいと言われたのにはちょっと……やいつまでも引きこもって悪戯に延ばすのは……と言った様な感情が見て取れた
が、封印側にそんな気など毛頭なかった訳で。結局のところ悪魔からは舐めプかなんかに見えたから「軍事粘着した上にそんなことするのか」的な感じでやっちゃったのかも
つまるところどちらが悪いと言う訳でもなく、不幸なすれ違いが生んだ事件だった
まぁだからと言って放浪して制限ペット連打していいかと言うと甚だ疑問だが。制限を設けた意味がなくなるのでは
これに乗じて他の悪魔メンバーがメテオやアルカで妨害してた辺りグラサン(NPC)の独断ではなく悪魔国全体としての意思だったと見られる

オチ

結局のところマターリが同盟を結ぶ気配もなく悪魔を滅ぼして終了。そう言う取り決めがなされたのだろうか(いっそ終わらせてくれとかそんな感じで)※2

ところで筆者が手紙でやり取りをしていた人からそっちが警戒してる仕様は修正されてたはず、と聞いたため確認してみたところ……
なんと開設当初から出来ないようにしてる……らしい
出来ないようにしてるかと思います、とのことなのでハッキリとはしないが。実証してどうなのか確かめてみたいものである
それにしても毎回警戒してた事が杞憂だったなどアホなのは我々封印側だったのかもしれない

※1 両国ノアによるイースター待ちに疲れて解除したと思われる
悪魔だけノアったとしてもいずれ封印側がノアるのを予見し、上記の理由で解除した可能性も
※2 軍事粘着におこだよ!→熟練稼ぎに激おこだよ!→このまま封印に統一させてやんのは気が進まないよ!→みんな<ソウダーソウダー→同盟結ぶフリしてマタリに統一させようず!→みんな<さんせー!
要はやられっぱなしはムカ着火ファイヤーだからマタリに統一してもらって一泡吹かせよう、ってことだったらしい