またり様


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

   正気度の数字を二度見する。

  97%

      • 討伐中に焼かれてしまった跡がある
しかしこれでもまだ正常な範囲だった。

自分はもう数えて100世代目だが、
公園にいる幼女に手を出したりしてはいない。
奇麗に生きてきたはずだ。私は正常だ。



昔無所属でお世話になった人が心配そうにしていた。
「最近おかしくないか?おまえ、士官先で何かあったのか?」
私は、士官もせずに気楽な奴だ、と思いながらも、
何でもない、とだけ答えた。



   士官したその日、あのお方と出会った。

麗しいお姿だった。
「国の為に頑張りなさい」と言ってくださった。
このお方の為ならすべてを投げうってもいい、と思った。

   いつの間にか所持金は底を尽きていた。

兵士の募集をしていた所、偶然通りがかったあのお方に、
「精が出るわね」と笑顔で言われた。
それからの事はあまり覚えていない。気付いた時には資金は0だった。



あれから、国の為に身を粉にして働いた。
私の国が統一した数も多かった。それが誇りだった。
統一するたびにあのお方がほほ笑むのだ。
それを見る為に、国の為に、あのお方の為に。

深夜の仕事も多くなった。これも国の為、あのお方の為・・・

まだ、大丈夫。いつか・・・きっと

あのお方が認めてくれる・・・その日まで・・・



END

【この物語はフィクションです。実際の人物、団体、国は全く関係ありません】