悠久の車輪@Wiki カード詳細 > スケールギルド > sc051~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トップページへ戻る

海洋帝国スケールギルド カード詳細 sc051~sc055




sc051 教導官 アウイン【U】


レアリティ U 所属国家 スケールギルド キャラクター紹介
キャラクター名 教導官 アウイン スケールギルド軍を支える知恵者であると同時に、一兵卒を精鋭と呼ばれるまでに鍛え上げる鬼教官。レッドアイの失踪やフェロシの横暴によって起こった軍内部の混乱が治められ、国家としての体裁を守ることができたのは彼女の働きによるところが大きい。

「ふん、これはどうかな?」
ユニットタイプ マスター
LV 4 HP 1225
COST 4 ATK 41
アビリティ 集団射撃訓練 AP 3 アビリティ内容
範囲 全体 一定時間の間、味方マスターの攻撃力と防御力を上げ、遠距離攻撃範囲を拡大する。その後、味方マスターは移動できなくなる。
INT 6
スキル 撤退戦術 スキル内容
味方ユニットが戦闘不能状態になった時、一定時間の間、味方ユニットの移動力を上げる。
関連キャラクター 【自慢の弟子】宮廷魔術師 ジャービ 召喚獣カスタマイズ
【背中を任せる】近衛長 ピタダ このユニットを配置した場合、召喚獣の防御力を上げる。
Illustration わざきた


カード評価/補足
「抑えきれぬ」おっぱいの教官が、更に圧倒的なボリュームにパワーアップし再登場!
なお、INTが6に上がった代わりに攻撃力がちと下がった。しかしこれでダライアスより低いなどと言わせない!
動けなくなることからがっかりかと思いきや、味方マスター全てにATK+25、射程UP(キャッツポー以上)、 さらに防御UP(ダメージ軽減15%)と非常に豪華、効果時間はやや抑え目の15c程度。
ちなみに青単色の純粋なATK強化は教官が初。(他者から吸収するなら旧ザンダーがいるが相手依存で純粋なATK強化とは言いがたい)
なおアビを使用すると移動中でも強制的に立ち止まって射撃状態になる。
また、停止中でも射撃を中断せずにロックオンしてアビを撃てるので、ダメアビ持ち、移動力低下アビ持ちなどと組ませると、より強力になる。
アビ発動中でもエレメンタルの作成は可能だが、その際、射撃は中断する。
その場で停止という特性から、マスターには天敵であるグランピュータやシェリアクのような移動制御系のアビリティも後掛けで打ち消せるので使用の場合は頭に入れておこう。
また後出しのバハムートの潜在でも引き寄せられずに済むが、他のアビリティでどうなるかは検証が急がれる。
アダラ、ミルザム、アスセラ、新ヴァレッタのアビリティは有効で、移動させることが可能。 ロタネー、旧ヴァレッタのアビは未検証。
スキルは剣が杖に追いつける程度の加速(剣の通常を100として+26程度)を盤面全ての味方に与えられ、しかも効果は重複する。
ただし時間は10C前後と短いためスキルを当てにした運用は難しい。
同じく青の4杖にクロアという強力な号令カードがあるので好みで使い分けよう。



sc052 浅海の求道者 タンザ【R】


レアリティ R 所属国家 スケールギルド
シルヴァランド
キャラクター紹介
キャラクター名 浅海の求道者 タンザ 1人乗りの舟で大海に挑戦するスポーツマンであったが、遥か沖合で混沌の魔力に触れ、戦士として覚醒してしまう。力とともに悟りを得た彼の前では、大嵐も障害になることはない。かつて掲げた目標も、難なく乗り越えられるであろうが、彼の望んだ形で叶うことはもう、ない。

「雑念、煩悩を捨てよ…」
ユニットタイプ キーパー
LV 3 HP 1099
COST 3 ATK 58
アビリティ 渦潮の罠 AP 2 アビリティ内容
範囲 自身中心円 以下の罠を生成する。一定時間の後、または発動範囲内に敵ユニットが入った時、発動する。「一定時間の間、範囲内の敵ユニットの攻撃力を下げる。」
INT 6
スキル 抑えきれない力 スキル内容
このユニットにかかっているアビリティの数に応じてこのユニットの移動力を上げる。
関連キャラクター 【説法相手】抹殺の鋭牙 ウルバン 召喚獣カスタマイズ
【仏罰を与える】緑海の重装騎兵 エレスティア このユニットを配置した場合、召喚獣の防御力を上げる。
Illustration 伊藤サトシ


カード評価/補足
混沌に染まってなぜか悟りを開いた蛸。キャラクター紹介文の最後が印象深い。
アビリティは今までのアビリティとは一線を画す独自路線、罠設置である。
設置すると下画面に黄色い円が現れ、中心の濃い黄色の円の中に敵ユニットが入るか、設置後一定時間が経つと外側の薄い黄色の円の範囲内にいる敵ユニットの攻撃力を下げるというもの。下げる数値は-15。

スキルはクロス同様、クリサや新フェンネルのアビリティを受けても効果が永続で適用される。
速度は剣の通常時を100として+22.5程度。アビ2個で杖を5個でシーカーを上回る速度となる。



sc053 探究者 カーネリー【C】


レアリティ C 所属国家 スケールギルド キャラクター紹介
キャラクター名 探究者 カーネリー ツインガルドに眠る七大プレート最高峰海底山脈の登頂記録達成を目前に控えた探検家。7つ目の挑戦は大規模な戦乱によって延期されてしまったが、彼の心にね灯る探検家としての情熱の炎が燃え尽きることは無い。先日発表された「混沌の裂け目」への単独挑戦は周囲を驚かせた。

「あきらめるな!」
ユニットタイプ キーパー
LV 2 HP 972
COST 3 ATK 66
アビリティ なし AP - アビリティ内容
範囲 - なし
INT 5
スキル なし スキル内容
なし
関連キャラクター 【車輪に興味】鮫の王レッドアイ 召喚獣カスタマイズ
【お気に入りの音】宮廷魔術師ジャービ このユニットを配置した場合、召喚獣の防御力を上げる。
Illustration 米谷尚展


カード評価/補足
コストはそのままにレベルを2下げて帰ってきた探検家。
アビリティ・スキルともに無いいわゆるバニラユニットとして、聖剣ポルタやピエリネのお供になりうるか?
アビリティやスキルが個性的な新カード群の中では少々地味と言わざるを得ない。




sc054 抹殺の鋭牙 ウルバン【SR】


レアリティ SR 所属国家 スケールギルド キャラクター紹介
キャラクター名 抹殺の鋭牙 ウルバン 強力な混沌の魔力の洗礼を受け、ツインガルドの理から外れた力を持つに至ったワーシャークの戦士。そのパワーとスピードはスケールギルドの精鋭が束になってかかっても抑えきれないほど。彼の戦いを目撃した者の間では、その力はレッドアイに匹敵すると囁かれている。

「今から命乞いの言葉を考えておくんだな」
ユニットタイプ シーカー
LV 4 HP 1268
COST 4 ATK 56
アビリティ 押し寄せる混沌 AP 3 アビリティ内容
範囲 前方長方形 一定時間の間、範囲内の敵ユニットの攻撃力を下げる。その後、味方リヴァイアサンがエリアにいる場合、一定時間の間、味方ユニットの移動力を上げる。
INT 6
スキル 水を得た魚 スキル内容
天候が雨の場合、このユニットの攻撃力と移動力を上げる。
関連キャラクター 【説教くさい】浅海の求道者タンザ 召喚獣カスタマイズ
【不倶戴天の敵】鮫の王レッドアイ このユニットを配置した場合、召喚獣の攻撃力を上げる。
Illustration hippo


カード評価/補足
発表当初は低スペックからがっかりSR扱いされていたが、そんなことはなくいつもの鮫クオリティだった。
裏面のテキストや関連を見るとレッドアイのライバル、各国に追加された主役級の対となるキャラか?
アビが超強力で敵範囲攻撃力ダウンに味方全体の移動速度2倍と色々とひどい状態になる。
レッドアイとの関連はATK+1。スキルの効果はATK+2、速度については要検証。
アビリティの効果はATK-15と中々だが特筆すべきはその移動速度上昇。単体でもかなりの効果だがレッドアイの暴令と併せるとフィールドを冗談みたいな速度で駆け回る。
そんな状態になろうものなら回復エリアの外にいる杖などは蹂躙されるのを待つだけだろう。
ピタダと組み合わせれば、回復ゾーン内のアビを使用した杖や5鹿クラスすら倒せるレベルになる。




sc055 魅惑の魔道士 チャロ【C】


レアリティ C 所属国家 スケールギルド キャラクター紹介
キャラクター名 魅惑の魔道士 チャロ 魅惑的な容姿で船乗りを誘惑し、幾多の海難事故を引き起こした海洋の魔女。貿易の大きな妨げとなるため、今では王宮直属の魔導士となっているが、所構わず王宮兵をたぶらかしているため、王妃セレナードの侍従に採用。外出を厳しく管理されるようになってしまった。

「ハァイ、楽しみましょう」
ユニットタイプ マスター
LV 2 HP 800
COST 2 ATK 34
アビリティ 魔性の笑み AP 2 アビリティ内容
範囲 前方円 一定時間の間、範囲内の敵ユニットの中からランダムに一体を選び、移動力を下げる。このアビリティはリヴァイアサン選択時のみ使用できる。
INT 4
スキル 波乗り スキル内容
リヴァイアサンがエリアにいる場合、このユニットの移動力を上げる。
関連キャラクター 【固い人物】教導官アウイン 召喚獣カスタマイズ
【時折誘惑する】王宮警備兵スペサルティン このユニットを配置した場合、召喚獣の防御力を上げる。
Illustration 式部玲


カード評価/補足
今回のリヴァ用カードのうちの一枚。アビリティは一見地味だが速度×0.25とかなり効果が高く、旧ピタダのアビリティと互角なほど。
特に5剣・5鹿の1トップ型のデッキには効果は抜群だろう。
スキルも同様に地味ながら、オーラを纏ったシーカーとほぼ同等まで加速できる。
また敵のリヴァイアサンがエリアにいる場合でも発動し、敵味方のリヴァイアサンが2体画面内にいる場合は 下手な加速アビよりも早い杖が爆誕する…意味は余り無いが。
しかしながら、召喚獣がリヴァイアサン固定というのは正直かなり痛い。
リヴァイアサンは欠点も多い召喚獣であり、相手に合わせてサイド要因として使うのが賢いかもしれない。