悠久の車輪@Wiki カード詳細 > バハムートロア > ba047~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トップページへ戻る

竜王の翼バハムートロア カード詳細 ba047~




ba047 北の防人 ハリス【C】


レアリティ 所属国家 バハムートロア キャラクター紹介
キャラクター名 北の防人 ハリス レスターに師事を受けた北方の防衛を担う飛竜騎士。バハムートロアを襲った数多の戦を潜り抜け、よりたくましく成長した。新米の飛竜騎士達への教育にも熱心であるが、技術とともに、その独特の言葉使いも伝承され、彼の門下は「ハリス一門」と呼ばれるようになった。

「参る!」
ユニットタイプ シーカー
LV 2 HP 830
COST 2 ATK 41
アビリティ 特別指導 AP 2 アビリティ内容
範囲 前方円 一定時間の間、範囲内のユニットの中からランダムに一体を選び、攻撃力をLVに応じた値にする。そのユニットのLVがコストより高い場合、攻撃範囲を拡大する。
INT 6
スキル 逆境の力 スキル内容
このユニットのHPが一定以下の場合、このユニットの攻撃力を上げる。
関連キャラクター 【師事】空を切り裂くレスター 召喚獣カスタマイズ
【疑惑の目】密告者タラゼド このユニットを配置した場合、召喚獣の攻撃力を上げる。
Illustration 山宗


カード評価/補足
アビは、今回追加の“LVに応じた攻撃力にして強化(弱体)する”の攻撃範囲版。
変更後の攻撃力は下表の通り。

レベル 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
キーパー 33 53 64 74 82 89 94 97 100 104
シーカー 28 45 55 63 70 76 80 83 86 88
マスター 19 32 38 44 49 52 55 57 59 61


他の同系統の例にもれず、敵にも掛けられるので間違って敵のローコストユニットに掛けると強化してしまうので注意。
敵にはオーバコストユット、味方はローコストユットに掛けるようにしよう。
範囲の拡大量はファルカドと同程度。
メイッサエンチャと組み合わせて使うといいだろう。
ローコス杖に使うのも悪くない。(アビ内容に遠距離と近距離の区別がないので)
アビリティの効果時間は38c。敵掛けなら単体atk強化をほぼ永続的に実質無効化できる。
スキルはATK+16。

なお、関連があるのは排出停止になった方のレスターなので注意。



ba048 考案するもの ビエラ【U】


レアリティ UC 所属国家 バハムートロア キャラクター紹介
キャラクター名 考案するもの ビエラ 軍事だけでなく、内政にも大きく貢献する地竜騎士。砂漠地帯の多いバハムートロアでは、長期に亘る戦いでの兵糧の確保が問題とされているため、彼女は地質改善や農具の開発などにも力を入れている。民衆が砂漠の生活に耐えられるのは、その働きの賜物といえる。

「こうも上手く事が運ぶとは…」
ユニットタイプ キーパー
LV 2 HP 860
COST 2 ATK 53
アビリティ 攻城兵器の開発 AP 2 アビリティ内容
範囲 前方円 一定時間の間、範囲内の味方ユニットの中からランダムに1体選び、攻撃力を上げ、遠距離攻撃範囲を拡大する。
INT 5
スキル 黄昏の余韻 スキル内容
時間帯が夜になった時、一定時間の間、このユニットの攻撃力を上げる。
関連キャラクター 【話し相手】 星影の舞姫 ポラリス 召喚獣カスタマイズ
【警戒】 戦闘用メイド ケッパー このユニットを配置した場合、召喚獣の攻撃力を上げる。
Illustration 百瀬寿


カード評価/補足
旧と比べるとLV2に下がり、狂戦士もなくなったのでガンガン進む前衛向きではなくなっている。
2剣としての戦闘力は確保されてるので、アビを考えると杖の護衛役として頑張ってもらうのが最良か。

アビは、“遠距離攻撃範囲を拡大”とあるが杖以外のユニットに掛けても実は攻撃力は上がる。
テキストをよく読めば、職種の指定はされていないので当然と言えば当然だが。
効果は攻撃判定強化とATK+13で、効果時間が15~17c程
実は射程強化の効果がかなり高く、1杖にかけると3杖よりも若干射程が長くなる!

スキルはATK+11が30カウント持続。夜に旧ケッパーのアビリティで夜にしてもスキルは発動することを確認。さらにスキル効果は重複し、
150カウント目の自然変更⇒時間を夜にするアビリティと重ねると+22されてATK75となる。意図して使いこなすのは難しいがうまくいけば3剣、4剣なみのDAなどが可能となる。
なお、スキルの発動条件は「時間帯が夜になったとき」であり、開幕夜だからといってATK+11されたりはしない。



ba049 星竜騎士 ロザリオ【SR】


レアリティ SR 所属国家 バハムートロア キャラクター紹介
キャラクター名 星竜騎士 ロザリオ 自らの車輪の力が解放されたことにより、成長を果たした救国の竜騎士。活躍が認められ、竜騎士団の中でも特別な地位にある「星竜騎士」に任命された。これにより彼は一定の独立行動が認められ、軍命に囚われず、独自の判断で国家の危機への対応を取ることが可能となった。

「車輪よ、絆に応えよ!」
ユニットタイプ シーカー
LV 5 HP 1448
COST 5 ATK 64
アビリティ 輝ける絆 AP 4 アビリティ内容
範囲 前方円 範囲内の敵ユニットにダメージを与える。このアビリティは時間帯が昼の時のみ使用できる。
INT 6
スキル 才知の瞳 スキル内容
このユニットがアビリティを使用した時、賢さが7以上の味方ユニットの攻撃範囲を拡大する。
関連キャラクター 【技に興味】 虹の長剣 ノイジード 召喚獣カスタマイズ
【協力】 竜王親衛隊 プロキオン このユニットを配置した場合、召喚獣の攻撃力を上げ、召喚獣が召喚士に与えるダメージを増やす。
Illustration 末弥純


カード評価/補足
アビはAP4の昼限定と、発動までの条件がやや厳しい。
が、ダメージはそれ相応の効果で720前後と高くその上、範囲が回復陣の外の円よりも大きいときた。
これは容易に2~3ユニットまとめて掛けられるサイズ。
だが、昼限定というのがやっかいで、何もしない(昼夜変更、APブーストを使わない)のであれば、ゲーム中に一~二回撃つのがやっと。
そうなると、昼にするアビ持ちを採用したいところだが、
ノイジードはスキルの微妙な1剣で、デッキに余裕が生まれるが単体での生存力にやや難があり、
ベリスはスペックやアビに副次効果があるのだが、3杖でデッキを圧迫してしまうデメリットが存在する。

スキルの効果対象はINT7以上ユニットと限られている上、アビを発動しないとスキル発動しない。
効果は、1回ではまだほとんど無意味で、2回目も「サボテンの召喚」と同程度。
しかし3回目から目に見えて効果が上がる(ファルカドアビ以上)ため、スキルを生かしたいならカメリアなどAPをブーストできるユニットを入れたい。
ただロザリオ自身が5LVである事、また前述のノイジードやベリスを使用する事を考えると
スキルを生かせるユニットはかなり限定されてしまう。(プロキオン、旧ちびぴゅーたあたりだろうか)

アビリティをメインに運用するならば、スキルは無いものとして考えたほうがいいかもしれない。
強力だが、デッキ構築に意外と気を使うカードと言える。



ba050 星影の舞姫 ポラリス【R】


レアリティ R 所属国家 バハムートロア キャラクター紹介
キャラクター名 星影の舞姫 ポラリス 古代からの秘伝とされる「流星の舞」を受け継いだ唯一無二のダンサー。舞の実力と美貌を兼ね備え、同輩や後進からの信頼も厚い。現在は自らの舞の継承者の育成に力を入れている。そのため、星の数ほどの男達からの交際や求婚の申し入れはすべて断ってしまっているそうだ。
ユニットタイプ マスター
LV 3 HP 1025
COST 3 ATK 38
アビリティ 流星の舞 AP 2 アビリティ内容
範囲 全体 敵ユニットの中からランダムに一体を選び、ダメージを与える。このアビリティは時間帯が夜の時のみ使用できる。
INT 5
スキル 闇の守り スキル内容
時間帯が夜の場合、このユニットの防御力を上げる。
関連キャラクター 【後輩】日を照らす メイッサ 召喚獣カスタマイズ
【よく相談に来る】川の終わりに住む アケル このユニットを配置した場合、召喚獣が召喚士に与えるダメージを増やす。
Illustration 戸橋ことみ


カード評価/補足
月刊アルカディアのカード能力公募で大賞を獲得し、見事カード化された一枚。
なお、考案者のSaria氏には特別称号「星影の舞姫」が贈られる事になっている。

アビリティのダメージは大体int値×100で、何も無ければ500ダメージ強を敵ユニットにランダムに与える。
戦闘面ではAtk38と問題無いのだが、アビリティを活かすには、夜であることが必須であり、
旧ケッパーの場合、AP4貯めるまで生き延びさせる。のは……少々辛い。
新ドルビーでは剣と杖で7コスト。……やれないことは無いが、4・3の形のデッキ慣れないとやはり辛い。
と悩みが付いて回る。
また、APが微妙に軽い所為で上記二枚とAPにおいて連携が取り難くなっているのも問題だろう。
そう考えると、無理矢理夜にしてアビを放つより、150Cの間にAPブースト等でガンガン流星を落とした方が良さそうだ。

スキルはダメージを約10~15%軽減する。セチアと同Lv同Co同ユニットタイプなのに効果量が違うとはこれいかに。

原案ではアビリティの内容が「このユニットから最も遠くにいる敵にダメージ」だったが、
何故か「ランダムに一体」に変更されている。



ba051 密告者 タラゼド【C】


レアリティ C 所属国家 バハムートロア キャラクター紹介
キャラクター名 密告者 タラゼド 地竜騎士団に所属する漆黒の竜騎士。その姿が表す通り、夜間戦闘に長じている。報酬次第でどんな危険な任務でもこなすことから、常に黒い噂が付きまとっている。身にまとう夜間迷彩の武具も、闇夜に紛れネクロポリスと通じているからでは、との嫌疑がかけられている。

「さーて、どっちが勝つのやら」
ユニットタイプ キーパー
LV 4 HP 999
COST 2 ATK 64
アビリティ --- AP --- アビリティ内容
範囲 --- ---
INT 4
スキル 隠し玉 スキル内容
自身が戦闘不能状態になった時、攻撃力が最も低い味方シーカーの攻撃力と移動力を上げる。
関連キャラクター 【目ざわり】 北の防人 ハリス 召喚獣カスタマイズ
【利用する】 幼竜王 ハクラビ このユニットを配置した場合、召喚獣の攻撃力を上げる。
Illustration S.of.L


カード評価/補足
ローコストの4剣であり、半バニラという少々変わったユニット。
スキルの効果は鹿のATK+2と移動速度上昇。
移動速度は一回につき初期の1/8程度の上昇値。中々の値に思えるが、元々早いシーカーを強化するため実感しにくい。
効果は永続かつ重複するため、特定のシーカーを強化し続けることも可能だが、自身がキーパーであるため、死にたい時に中々死ねない。
幸い関連効果は二人とも速度上昇で、フル関連状態だと戦闘エリア下端→上端まで歩けばマスターに追いつける程度の速度になるので、
どちらかでもデッキに入れ、常に死に場所を探しながら敵ユニットにぶつかりうろうろしてもらおうのが、一番活きるか。
ATK64と、中々に高いので適当に敵エースにケンカを吹っかけてもいいだろう。

タイガーアイに並び、台詞の小者っぷりが素敵な一枚。