悠久の車輪@Wiki 背景世界設定 > キャラクター紹介 > バハムートロア > 地竜騎士


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター紹介 地竜騎士

シナリオや小説に登場する地竜騎士について説明しています。

基本情報

主な戦闘スタイル…地竜とのコンビネーションを活かした地上戦
所属人員の性別…男性が大多数を占める(ただしビエラは女性)
代表者…アーライ(リーダー)・ブレイズ(最長老)
地竜に騎乗して戦う騎士。
飛竜騎士と異なり体格の良い男性が多く、飛竜騎士団を引退した者が転属になることもある。


独眼竜 アーライ(付:暴君ネロ)

  • バハムートロア・男・人間・地竜騎士(騎士団リーダー・ホイールチルドレン)
バハムートロア地竜騎士団のリーダー。独眼竜の二つ名のとおり右目を失っており、彼の騎竜であるネロもまた隻眼である。
周囲からの信頼も厚く、バハムートロア軍の士気の要と言えるだろう。
見習い時代からロザリオの能力を高く評価していたようで、ロザリオがネクロポリス軍の夜襲を知らせてきた際、ロザリオを見くびっていた他の仲間は気にもかけなかったがアーライだけは部下を率いて出撃、夜襲を未然に防いだ。
バハムートロアがアルカディア・グランガイア・ネクロポリスの三国から攻められた際にもロザリオが相棒を見つけてくることを信じて敵の猛攻を食い止め続けた。
だがこの戦いの最中に騎竜ネロが足を負傷。アーライはネロから降り、長槍でアルカディア軍と渡り合った。
降りそそぐ矢の雨に最期を覚悟したアーライだったが、サーラが彼の前に立ちふさがり身代わりに矢を浴び戦死。大切な人の死に激昂したアーライと地竜騎士たちは圧倒的な劣勢を一時的に覆すほどの力を発揮した。
その後はバーミルの襲撃を受けた際にはジャックポットに蹴散らされていただけで特に見せ場はなかったが、バハムートロア軍内が国王派と反国王派に分裂した際には反国王派のリ-ダーとして王子ハクラビを匿うなどの活躍を見せている。
またその後サーラの愛した国を守るための力を求めたアーライは「天空の魔竜の車輪」を守るアディル隊をたった一人で打ち破り車輪を継承した。
だが、混沌の拡大により車輪が暴走。タラゼドの策謀により「バハムートを操り謀反を起こそうとしている」という濡れ衣を着せられてしまう。
しかし、サマカの懸命な説得により事なきを得た。
混沌の勢力が拡大しても未だ床に伏せっていたアーライだが、混沌の軍勢を相手に血みどろの戦いを繰り広げる仲間たちのために無理を押して立ち上がり、味方を奮い立たせた。

老騎士 ブレイズ

  • バハムートロア・男・人間・地竜騎士(ホイールチルドレン・故人)
CV:浜田賢二
齢100を超える竜騎士達の長老。
かつて「天空の魔竜の車輪」の所持者であったことから騎士団内での発言力も強い。
ロザリオによって目覚めたトゥインクルスターによって再び「天空の魔竜の車輪」を授けられた。
その後「聖剣の車輪」の継承者であるポルタを訓練している時に貴公子バーミルの襲撃を受け、戦おうとするポルタを逃がしバーミルと対決した。
彼の操るバハムートとバーミルのカオスドラグーンの力は互角だったが、ブレイズの魔力が先に尽きてしまったために敗北し、死亡した。

小説版にも少しだけ登場。勝手に飛竜騎士に命令を下すカサンドラを諌めていた。
ちなみにこの二人を演じているのは同じ声優である。

密告者 タラゼド

  • バハムートロア/混沌・男・人間・地竜騎士(ホイールチルドレン・故人)
CV:ふくまつ進紗
金に執着する地竜騎士。金のために自ら情報を辿り、ロキのところまで辿り着いた。
この執念をロキに認められ、「混沌の悪意の車輪」を授けられたタラゼドはハクラビに取り入り、バハムートロアを暴走させていく。
「混沌の悪意の車輪」の力でヴァレッタたちを暴走させてアーライを討伐させようとしたり、ハクラビに「車輪は王家が管理すべき」と思わせてロザリオたちを逮捕させようとしたりと、
車輪の力と策謀によって神々の車輪を持つ者たちを追い詰めようとした。
混沌の波動が止み復活したロザリオ・アーライに対しハクラビをけしかけるも、
ミラの身に危険が迫った時に正気に戻ったハクラビによりシャイターンの豪腕で首の骨を折られ死亡した。

大地を守る アディル

  • バハムートロア・男・人間・地竜騎士
武術も魔術もこなす地竜騎士団の成長株。
ブレイズの死後部下とともに「天空の魔竜の車輪」を守っていたおり、車輪を求めてやって来たアーライを阻止しようとするも突破された。

野を駆ける ロタネー

  • バハムートロア・男・人間・地竜騎士
かつてはサマカの先代として飛竜騎士団のリーダーを務めていたが、成長し飛竜に乗れなくなったために引退した地竜騎士。
最初は上手く地竜を操れなかったが、かつての経験を活かし独自の竜捌きを編み出した。
迫りくる混沌の軍勢からヴェスト・ビエラの二人を逃がすために踏みとどまり、その後行方不明。

矢を放つ カウス

  • バハムートロア・男・人間・地竜騎士/内政官
バハムートロア随一の弓の腕を持つ地竜騎士。
内政手腕もかなりのもので、物流・経済ルートの開発によって国家の財政を大きく改善した功績も持つ。
病床に伏せるロザリオを見舞っていたところにハクラビがロザリオ逮捕のために差し向けた部隊が襲撃してきたため、これを迎え撃った。
その後、迫りくる混沌の軍勢からヴェスト・ビエラの二人を逃がすために踏みとどまり、その後行方不明。

耕すもの ビエラ

  • バハムートロア・女・人間・地竜騎士
広い人脈を持つ竜騎士。その奇抜だが類稀な作戦立案能力を認められて軍師としての推挙を受けたこともある。
混沌の軍勢からヴェストとともに逃げ延び、王宮に辿りついたが、そこもすでに混沌の支配を受けていた。
二人はヴァレッタによってすんでのところで脱出を果たし、アルケスの下に辿りついた。

ビエラの性別はカード追加以来長らく議論の的となってきたが、開発者インタビューによりついに女性であると明言された。
騎士として活躍する一方で砂漠に農耕を根づかせるための活動も行っており、パートナーの地竜は農耕竜としても活躍しているのだとか。
彼女やカウスのように地竜騎士の中には戦闘以外の方面で偉業を為している者もいる。
だが彼女たちのような貴重な人材が何故文官として安全な後方で活躍するのではなく、地竜騎士として危険な前線に出ているのかは疑問である。

丘に立つ ファルカド

  • バハムートロア・男・人間・地竜騎士
視力のみならず洞察力にも優れる地竜騎士。
「悠久の轍」では探索部隊を率いてネクロポリス軍の伏兵部隊に急襲をかけ、これを撃破した。
が、これはザウラクの見た夢だったようだ。

掃除屋 アルディ

  • バハムートロア・男・人間・地竜騎士
「戦士は戦場で散るが本望」という苛烈な信念を貫く地竜騎士。
語尾に「~ネ」「~ヨ」が付くなど、何故かマンガに出てくる中国人のような喋り方をする。
迫りくる混沌の軍勢からヴェスト・ビエラの二人を逃がすために踏みとどまり、その後行方不明。