悠久の車輪@Wiki 背景世界設定 > キャラクター紹介 > シルヴァランド > ワーウルフ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター紹介 ワーウルフ

シナリオや小説に登場するワーウルフ族の人物について説明しています。

基本情報

主な戦闘スタイル…棍棒による打撃
所属人員の性別…男性のみ
代表者…詳細は不明だが部族長が存在する
シルヴァランドに住む亜人種。
戦闘時には眼が赤く輝くという性質を持つ。
また小説版の設定では呪牙(ダムファング)という能力を持っており、牙を介して相手に幻覚毒を送り込むことができるようだ。
女性もいるはずだがゲーム中には男性しか登場しない。


金色の尾(不屈の牙) グル

  • シルヴァランド・男・ワーウルフ・戦士(ホイールチルドレン)
リリィを守ることにその身を捧げるワーウルフの少年。
リリィとは幼いころからの友達だったが、彼女を守るためにジェダを妨害したことで「他人から嘘つきだと思われる」呪いをかけられてしまう。
だがリリィだけは彼の言葉を信じ、再びのジェダの侵攻から森を守ることに成功した。
その後月日は流れ、アルカディア軍の侵攻の際にはディディスカスの転移魔法により前線から逃れたリリィとポルタに合流し、リリィの護衛として車輪探しの旅に同行した。
車輪を携え帰還したリリィ一行が森の聖域を解放した際には世界樹から「折れない牙の車輪」を授かり、スケールギルド軍との戦いに臨んだ。
その後、リリィに就き従い戦火によって焼かれた国土の復興のために国内を回っていたグルだったが、王宮に戻った際にカサンドラに洗脳されたエルフたちの襲撃を受けあっさりと人質にされてしまう。
ロザリオによってなんとか窮地を逃れたグルはリリィに従いファラウォンの隠し砦に到達。
ここで「車輪とは何か」を問うルシフェルの襲撃を受け、これに対しグルは車輪を武器だと主張したがリリィにたしなめられていた。
この後リリィがジェダに王位を譲ってしまったためグルは獣人の里に里帰りすることになる。
先の件で力不足を実感したグルはジェダを倒す力を得るためにファラウォンに稽古をつけてもらっていた。
里を訪れたジェダに対しグルはファラウォンの制止を振り切り襲いかかったがあっさりあしらわれ、講和のために訪れたアルカディアの使節団と小競り合いを起こしリリィにたしなめられるなど、ジェダの真意を見抜けないが故に苦悩する日々を送ることになる。
そんなある夜、車輪を狙ってシルヴァランド王宮に現れたレッドアイに対しグルは「折れない牙の車輪」を発動させ戦うも圧倒的な力の差の前に敗北。すんでのところでジェダとリリィに助けられた。
その後再び女王となったリリィの平和主義に反発し彼女を弾劾しようとしていたオプスたちと諍いを起こしていたこともあったが、彼の楽観主義は茨の道を歩むリリィの支えとなっているようだ。
また、「折れない牙の車輪」の力を活かして修業を行った結果、並の獣人の限界をはるかに超えた力を手に入れた。
その力はすさまじく、ザンダーと力を合わせクロッカ率いる軍勢から混沌の病で倒れたリリィ・ルメックスを守りきった。

念気の老師 ファラウォン

  • シルヴァランド・男・ワーウルフ・戦士
CV:安斉一博
気功と呼ばれる力を極めたワーウルフ。年齢は200歳といわれるが最盛期の肉体を維持しており、200年の間無敗を誇っていた。
シルヴァランドでも屈指の高齢でありながら、今持ってなおもシルヴァランド最強の戦士であり、年若いワーウルフやワーパンサーの戦士が束になって掛かっても彼には及ばないようだ。
車輪持ちであるグルやザンダーですら、彼には勝てず彼の元で厳しい修行に明け暮れている。
また、かつて修行中のグーを片手であしらったこともある。
上記のグルやザンダーの他にも、オプス・リュエリアといった次世代のシルヴァランドを守る戦士たちの稽古にも携わっており、指導者としてもかなりの力を持っているようだ。
ジェダとカサンドラによって王宮を追われたリリィに協力し、ジェダが王位に就いた後は獣人の里の復興に尽力する傍らでグルの修行に付き合っていた。
またジェダの政策にも理解を示しており、二人で里の復興について話し合っていた。
その後ザンダーの面倒を見るようになり、ユーパトとともに彼のよき理解者となった。
アイリスたちが人質を取られ、ザンダーを襲撃した際には争いを止めさせ、混沌の軍勢から逃れるクロスと子供たちを救ったがガウラの前に敗北し、混沌の呪いを受けてしまう。
呪いを受けたファラウォンは紅き花園を襲撃。タンシーの腕をへし折り、コキア・オプスの両名を蹴散らしたが、ナンティの力により復活したリリィによって呪いを解かれた。

赤き目の コキア

  • シルヴァランド・男・ワーウルフ・戦士
深き森を守る戦士。アルカディアのシルヴァランド侵攻の際には師匠のタンシーと共にアルカディア軍を迎え撃った。
混沌の軍勢が紅き花園に押し寄せた際は敵に回ったファラウォンに立ち向かったが、師匠ともども蹴散らされていた。

「悠久の轍」によると少年時代はタンシーと諸国を武者修行の旅をして回っていたようで、アニスともその時に出会ったようだ。
またこの頃から退魔の赤き目の力は備わっていたようで、ドルビーが攻撃のために集中させていた闇夜の気を霧散させていた。

大牙の タンシー

  • シルヴァランド・男・ワーウルフ・戦士
ワーウルフの老戦士。コキアの師匠にあたる。
アルカディアのシルヴァランド侵攻の際には弟子と共にアルカディア軍を迎え撃った。
混沌の軍勢が紅き花園に押し寄せた際は敵に回ったファラウォンに立ち向かったが、腕をへし折られてしまった。
ちなみに威勢のいい台詞の多いゲーム中にと比べ、シナリオではいかにも老人といった喋り方をしている。

「悠久の轍」ではコキアを連れて武者修業の旅をしており、かのドルビーとも渡り合っている。

双尾の リード

  • シルヴァランド・男・ワーウルフ・戦士
二本の尾を持つワーウルフ。なぜか生まれつき茨の精霊の加護を受けている。
「世界樹の葉の車輪」を手に入れ祖国へと帰還したリリィ一行を気が合うアスターと共に迎えた。

鉤爪の(鋭爪の)オプス

  • シルヴァランド・男・ワーウルフ・戦士
ゼラと並び称されるシルヴァランド屈指のワーウルフの戦士。
カサンドラの謀略によって森が蹂躙された後、ファラウォンに師事し己を一から鍛えなおすことでそれまでファラウォン以外に扱える者のいなかった「気功」の力を体得する域に達しようとしているようだ。
自分が森を守れなかったことに対する怒りをリリィを弾劾することにぶつけていたが、グルとの喧嘩の末に弾劾を諦めたようだ。
混沌の呪いを受け、紅き花園に襲撃をかけてきた師と戦った際にはいとも簡単に蹴散らされていた。
またナスタの死によって孤児となったアスターの身柄を引き取っている模様。

剛力の ゼラ

  • シルヴァランド・男・ワーウルフ・戦士
シルヴァランド随一の怪力を誇るワーウルフの戦士。
混沌の影響を受けた獣人がシルヴァランドを脅かした際、ピラカと共にザンダーに加勢した。

小説版では侵攻してきたアルカディア軍に対するべく仲間たちとともに備えていたが、キャッツポーの勧めにより武装解除をしていた。
だがそこにカサンドラの仕掛けた爆飛槍を受けたアルカディア騎士団が突撃、武装解除していた彼の仲間たちはいとも簡単に殺されてしまった。
さらにカサンドラの仕掛けた地雷の爆発からキャッツポーをかばい彼自身も重傷を負ってしまうが、怒り狂ったゼラはそのまま突撃しその後生死不明。

ピラカに恋慕の情を抱いているが、当のピラカは「心に決めた相手がいる」らしい。
開発者インタビューによればピラカの心に決めた相手は「関連キャラクターを紐解けば分かる」そうなのでおそらく彼のことだと思われるが、ガーベラの可能性も捨てきれないため断言はできない。

強脚の ヒルガ

  • シルヴァランド・男・ワーウルフ・戦士
ワーパンサーの素早さに憧れ、驚異的な脚力を身につけたワーウルフ。
面倒を見ていた孤児を人質に取られやむを得ずザンダーを襲撃したが、ファラウォンによって止められた。
その後、人質を取り返すために奮戦し、深手を負ったものの子供たちの救出には成功したようだ。

鋼の鬛の ベンデ

  • シルヴァランド・男・ワーウルフ・戦士
超硬質・超重量の体毛に覆われたワーウルフ。己の毛の重量に耐え、一流の戦士に成長した。
面倒を見ていた孤児を人質に取られやむを得ずザンダーを襲撃したが、仲裁に入ったファラウォンによって倒された。

疵を持つ クロッカ

  • シルヴァランド/混沌・男・ワーウルフ・戦士
CV:ふくまつ進紗
混沌の影響をうけた獣人の一人。
ジンチとともに暗躍し、ザンダーを混沌に堕とそうと働きかけたり軍勢を率いてリリィを襲撃したりしたが、ザンダーの活躍によりいずれも失敗に終わっている。
復活したリリィを殺そうと混沌の軍勢を率い襲いかかったが、またもグルとザンダーの活躍によって阻まれた。

巻きつく爪の ビンガ

  • シルヴァランド/混沌・男・ワーウルフ・戦士
混沌の影響を受け、大樹をへし折るほどの力を得たワーウルフ。
クロスたちを追い詰めかけたが、駆け付けたファラウォンによって蹴散らされた。