悠久の車輪@Wiki 背景世界設定 > キャラクター紹介 > シルヴァランド > エルフ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター紹介 エルフ

シナリオや小説に登場するエルフ族の人物について説明しています。

基本情報

主な戦闘スタイル…弓を用いた遠距離攻撃
所属人員の性別…女性が比較的多いが男性もいる
代表者…リリィ(女王)・ジェダ(前女王)・ウィルシード(前々国王)
シルヴァランドに住む亜人種で、多くは神秘の森の管理を行っている。
非常に長命であり、第一次車輪大戦の時代から生きている者もいる。
他種族との混血(ハーフエルフ)も存在している。


茨の皇女 リリィ

  • シルヴァランド・女・エルフ・皇女→女王(ホイールチルドレン)
シルヴァランドを守るエルフ王家の皇女。
幼いころから友人のグルを始めとする周囲の人々の愛情を受けて育った優しい心の持ち主である。
アルカディアのシルヴァランド侵攻の際にポルタに助けられ、共に逃げることになる。
この際、スケールギルドと連合して森に攻め込んできたジェダに捕らえられるが、「ジェダの命令を一度だけ聞く呪い」をかけられるのと引き換えに解放され、ポルタ・グル・ルメックスらとともに国を救うために車輪探しの旅に赴くことになる。
グランガイアで巫女グラリスの協力を受け車輪の在り処を知ったリリィ一行はバハムートロアに到達。そこで竜騎士ロザリオと親交を結び、リリィ・ポルタ・ロザリオの三人はそれぞれアルカディアのバハムートロア侵攻を食い止めるべく行動を開始する。
リリィはとある遺跡でエルフ王家に伝わる「世界樹の葉の車輪」を発見。車輪を守護する高位エルフの幻影を破り車輪を得たリリィ一行は転移魔法により一瞬で祖国に帰還した。
リリィは抵抗活動を続けていたアイリス・ネメシアたちと合流し、「世界樹の葉の車輪」によって召喚されたユグドラシルとともにアルカディアの駐屯軍を撃破。深き森を解放し、アルカディア軍に殺された父王の後を継いで女王に即位した。
さらにリリィは怪物ザンダーを車輪の呪縛から解放し、森の聖域を解放。カルミアに「世界樹の葉の車輪」を託し、また自ら世界樹より「聖母の横笛の車輪」を授かった。
シルヴァランドの民はこの勢いに乗じてスケールギルド軍を追い払い、完全に祖国を解放することに成功した。
この後、リリィたちは戦火によって焼かれた国土の復興のために国内を回っていたが、王宮に帰還した際にカサンドラとジェダによって洗脳されたカルミアたちの襲撃を受け、グルを人質に取られたリリィはカサンドラによって洗脳されかけた。
が、間一髪のところでロザリオが現れ彼女たちを救出。その後ともに追手から逃れることになる。
この道中、ナスタを始めとする多くの仲間を失い、またロザリオも祖国の危機を知り帰還を余儀なくされるなど、様々な困難を乗り越えリリィはファラウォンの隠し砦に到達。
ここで「車輪とは何か」を問うルシフェルの襲撃を受け、これに対しリリィは車輪を平和のために使うことを決意した。
その後リリィは誰も傷つけずこの事態を終息させるためにある決意を胸にジェダの住む冬至の塔に向かうことを決意する。
その途中、洗脳されたドラセナとゲツエイの襲撃を受けるも、ザンダーの助けを得てついにジェダの下へ到達。王位を譲ることを条件に国の平和を求めた。
そこにカサンドラの洗脳を受けたカルミアが率いる大部隊が襲撃。リリィは「聖母の横笛の車輪」の力で洗脳を破り、その後シルヴァランドはジェダの統治の下で戦災からの復興を目指すことになる。
だがジェダはシルヴァランド王宮に現れたレッドアイを封印するために禁呪を用い落命。
今際の際にジェダはリリィにかつてかけた「ジェダの命令を一度だけ聞く呪い」を「自分の代わりに森を守れ」という内容で行使し、リリィは後事を任されることになる。
その後、混沌の力を封印するという過酷な道を選択し「聖母の横笛の車輪」の力を振うことを決意した。
その矢先にツインガルドの神々の車輪を持つチルドレンに襲いかかる病の影響を受け、悪夢にうなされることになってしまった。
だが、ナンティの幸運の力とディアレリアの作った白銀樹のお守りの力でなんとか復活、混沌の呪いを受けて紅き花園を襲撃するファラウォンを解呪することに成功した。

小説版ではアルカディア侵攻の際、皇女自らカサンドラの下に伝言のために赴いていた。
ちなみにこの際カサンドラは心中でリリィのことを田舎皇女と罵っていた。

絶望の魔女 ジェダ (付:食屍鬼)

  • シルヴァランド・女・エルフ・追放者→女王(故人?)
禁忌とされる「死と冬の秘術」の才を持ち生まれたがために森を追放されたエルフ。
第一次車輪大戦以前から一人でシルヴァランド(エルフ王族)と敵対しており、強大な魔力を持つ。
カサンドラへの義理立てのためにアルカディアに攻め込んだ際にはボーデの守る砦を一人で陥落させ、レッドアイと互角の戦いを繰り広げるなど、ホイールチルドレンでないにもかかわらずツインガルド屈指の実力の持ち主である。
カードテキストではシルヴァランドへの復讐を窺うと書かれているが、彼女の願いはシルヴァランドの滅亡などではなく他国からの侵攻に対してあまりにも無防備なエルフたちの体制を改革することにあったようだ。
リリィやグルが子供の頃にも森に侵攻しており、この際自分を邪魔したグルに「金色の尾が嘘つきの象徴とみなされる」という呪いをかけている。
また、レッドアイと同盟してスケールギルド軍にシルヴァランドを制圧させた際に捕らえたリリィに「一度だけなんでも言うことを聞く呪い」をかける、彼女の死後レッドアイの情報を知ろうとしたセレナードを妨害するなど、氷の魔術以外にも様々な呪術の扱いに長けているようだ。
その後、ジェダはカサンドラに協力しカルミアを洗脳。リリィの洗脳にこそ失敗したが、事実上シルヴァランドを統治し神秘の森に数百年来の冬が訪れることとなった。
これに対しリリィはジェダに王位を譲ることを決意、禅譲を受けたジェダは本格的に改革に着手。国の復興やアルカディア・スケールギルドとの和睦に尽力する一方で軍備の強化を図った。
これらの政策は一部からの反発もあったようだが、彼女の治世はファラウォンなども理解を示しておりおおむね善政と評されていたようだ。
同盟を求めてきたダルタニアには混沌を利用する者とは手を組めないとして同盟を拒否。
これによりジェダを脅威とみなしたダルタニアはパンドラを介してレッドアイをシルヴァランドに誘導。
車輪を狙ってシルヴァランド王宮の庭園に転移してきたレッドアイに対し、ジェダはホイールチルドレンであるリリィを下がらせ一対一の勝負を挑んだ。
戦いの最中、ジェダはグルに死と冬について問いかけ、命を賭けた秘術でレッドアイを「狭間の世界」と呼ばれる世界に封印した。
そしてリリィに「一度だけなんでも言うことを聞く呪い」を「自分の代わりに森を守れ」という内容で行使し後事を託して息絶えた。
…と思われたが「狭間の世界」にてローレライと手を組みレッドアイにカサンドラと手を組むよう説得している。

(ちなみにリリィたちが氷牢に捕らえられている場面やジェダが王位の譲渡を受ける場面で「食屍鬼」なる謎の生物が登場しているが、これに関しての説明は特にない。)

妖精王 ウィルシード

  • シルヴァランド・男・エルフ・国王(故人)
シルヴァランドの国王でリリィの父。
カサンドラに洗脳され、アルカディアの侵攻を招くことになった。
結果、元々病床に伏していたウィルシードは侵攻してきたアルカディア軍によって簡単に殺害されてしまい、他にも多くの命が失われた。

黄金樹の カルミア

  • シルヴァランド・女・エルフ・管理者(元ホイールチルドレン・故人)
黄金樹の管理人。シルヴァランドがアルカディア・スケールギルド両国の侵攻を受けた際に他の仲間が森を解放してくれることに賭けて己を鍵として聖域を封印した。
「世界樹の葉の車輪」を携え帰還したリリィたちによって解放され、「世界樹の葉の車輪」のホイールチルドレンとしてユグドラシルを操りスケールギルド軍のリヴァイアサンと戦った。
が、その後ジェダの協力を得たカサンドラによって洗脳され、リリィたちに襲いかかることになる。
軍勢を率いてジェダの住む冬至の塔に到達したリリィを包囲したが、リリィの「聖母の横笛の車輪」によって洗脳を打ち破られた。
その後、洗脳されていた間に自分が行った悪行の記憶を失ったカルミアは後悔を胸に生きていたが、後継であるエリスの心に触れ未来を紡ぐために生きることを決意したようだ。
そして、混沌の影響を受けて暴走したユグドラシルとゲツエイから黄金樹の聖域を守るため奮闘し、駆け付けたザンダーにエリスを任せてこときれた。

護りの木の ルメックス

  • シルヴァランド・男・エルフ・放浪者(ホイールチルドレン)
世界中を旅して見識を広めたエルフ。
リリィの車輪を探す旅に合流し、バハムートロアで一行が刺客に襲われた際は敵の剣さばきから刺客がアルカディア人であることを見抜いた。
その後車輪を携え帰還したリリィ一行が森の聖域を解放した際には世界樹から「太古の蟲の車輪」を授かり、インセクトプレデターを使役してスケールギルド軍のダライアスと戦った。
ジェダの死後、旅の経験を生かして諸国の偵察に赴き混沌の力の拡大を確認してきたようだ。
だが、ホイールチルドレンであるためにリリィと同じく病に倒れることになってしまう。

世界樹の苗木 エリス

  • シルヴァランド・女・エルフ・管理者(ホイールチルドレン)
カルミアから「世界樹の葉の車輪」を継承した幼きエルフ。
王族以上の魔力を誇るがうまく制御できていないようで、魔力に反応してやってきたインセクトプレデターに襲われた。が、カルミアに助けられている。
その後、混沌の影響が拡大したためドラセナとともに病に倒れることになる。
病状の悪化に伴いユグドラシルが暴走することになったが、ザンダーによってなんとか食い止められた。

紅き花園の(紅き戦場の) クフェア

  • シルヴァランド・男・エルフ・管理者
リュエリアたちとともに紅き花園に咲く「トーチ」という花を育てる心優しきエルフ。
イラストの背景に幼いエルフがいたり、関連キャラクターにも幼い少女がいたりと、子供好きな性格のようだ。
戦乱で花園が荒らされたことを受け前線に立つ決意を固めたが、その優しさ故に無為に命を絶つことはない。
イヴィーの提案を受けて紅き花園に結界を張り巡らし、対混沌の拠点とした。
ちなみに彼のイラストはカードに使用されている二種類以外に、公式ブログ「ツインガルド通信」の第14回にて二枚のラフ画が公開されている。

歌う花園の(踊る草原の) キャッツポー

  • シルヴァランド・女・エルフ・管理者
歌う花園を管理するエルフ。
アルカディア聖歌隊のアヴェルと歌っていた経験を買われ、アルカディアとの外交交渉の窓口となった。
だが彼女の平和への想いも虚しく、アルカディア・シルヴァランド間の戦争は始まってしまった。

小説では交渉に訪れたフランシャードと友情を結び、彼女の頼みを聞きいれて味方に武装解除を勧めた。
ちなみに人間の乳に興味があるようで、フランシャードにあんなことやこんなことをしていた。
そして聖剣と魔剣の外伝では同胞の乳を揉みまくり阿鼻叫喚の世界を作りあげ、後に紅き花園の惨劇と呼ばれる大事件を巻き起こした。

また、イラストを担当された田中松太郎氏のホームページ「FOMALHAUT」やpixivにてリメイク記念に描かれたキャッツポーのイラストが公開されている。(リメイク版のイラストは百瀬壽氏が担当)

神の原の オーレンダー

  • シルヴァランド・男・エルフ・管理者
神の原の管理者。
車輪を捜すために旅に出たリリィ一行に合流したようだ。

公式サイトで公開されているオリジナルコミック 「はじめての悠久の車輪」では、シュコダと一緒に最終コマにこっそり出演している。

古木の(大樹の) イヴィー

  • シルヴァランド・男・エルフ・魔法使い
天賦の才に恵まれたエルフの魔法使い。シルヴァランドでは珍しい眼鏡をかけたエルフである。また、軍略の天才と称されることもある。
自信過剰な言動がみられがちだが責任感は強く、ザンダーが侵攻してきた際にはカルミアが結界を張るための時間を稼ぐため戦った。
その後数々の戦乱を生き延び、古代のエルフの知識を得て神秘の森の復興に力を注いでいる。
混沌の勢力の拡大を察知したイヴィーはクフェア・リュエリアらと紅き花園に結界を展開、対混沌の拠点とした。
ファラウォンが混沌の呪いを受けたことで一時は結界が破られそうになったイヴィーは、ナンティをリリィの下に派遣しその幸運の力でリリィを復活させる賭けに出る。
結果、ナンティの幸運の力と白銀樹のお守りの効果でリリィは復活、彼女によってファラウォンの呪いを解かれたことで結界は守られた。

大密林の ドラセナ

  • シルヴァランド・女・エルフ・管理人(ホイールチルドレン?)
若くして卓越した「成長の魔法」の力を操るエルフ。
カサンドラの「契約の刻印の車輪」の力により洗脳され、ゲツエイを率いてジェダの住む冬至の塔へ向かうリリィ一行の行く手を阻んだ。
が、リリィを助けるために現れたザンダーの触手によって気絶するまで絞め上げられた。
命に別状はないようだ。
その後、エリスとともに病に倒れてしまった。
この際ゲツエイが暴走する描写があることなどから、シナリオ内で言及はされていないがゲツエイを操る車輪のホイールチルドレンではないかと思われる。

西草原の ネメシア

  • シルヴァランド・女・エルフ・管理者
西の大草原を管理するエルフ。スケールギルド軍がシルヴァランドに進攻してきた際、子供たちを保護し仲間と共に抵抗を続けていた。
後に面倒を見ていた孤児を人質に取られ、アイリスらとともにやむを得ずザンダーを襲撃したが、ファラウォンによって止められた

広き森の ガーベラ

  • シルヴァランド・女・エルフ
広き森に住む、活発な性格のエルフ。
車輪探索の旅に出たリリィが戻ってきた際、ユーチャリスと一緒にアルカディアとスケールギルドから自国を解放する戦いに参加した。
アイリスの村が混沌の軍勢に襲われた際はユーパトたちとともに出撃、クロスを混沌の軍勢から守った。

かなりののんべえなのか関連が飲み仲間だらけ、女だらけとネタに事欠かない。
なお、開発者インタビューによれば彼女と性格が正反対のユーチャリスと出会ったきっかけはガーベラのからみ酒らしい。
酔い潰れたところを偶然居合わせたユーチャリスに介護されて以来仲良くなったのだとか。

深き森の ディディスカス

  • シルヴァランド・女・エルフ・管理者(故人)
深き森の管理者。カサンドラに洗脳された。
深き森はアルカディアとの国境近くに位置するようで、彼女は部隊を率いてアルカディア軍に対したがあえなく敗北した。
彼女はリリィ、そしてカサンドラを逃がすために命を懸けて転移魔法を行使。カサンドラをバハムートロアへ、リリィを黄金樹の森へと転送した。

小説でもカサンドラの車輪によって洗脳されたが、こちらではアルカディア軍の戦いの中で戦死している。

黄金の原の セチア

  • シルヴァランド・女・エルフ・管理者
暗い場所を好む控え目な性格のエルフ。
小説版のキャッツポーの台詞の中で王族と親しい人物として名前を挙げられている。 

静まる林の マトリカ

  • シルヴァランド・女・エルフ・管理者
精霊たちと会話できる盲目のエルフ。
目が不自由な分他の感覚が鋭く、リリィがカサンドラに支配された森の民から追われることになった際には追手の存在をいち早く感知した。
小説版ではキャッツポーの台詞の中で王族と親しい人物として名前を挙げられている。

紅き花園の リュエリア

  • シルヴァランド・男・エルフ・管理者
クフェアとともに紅き花園を守るエルフ。心優しい性格で、グランガイアのコリマとも交流がある。
ファラウォンから教えを受けており、仲間や植物を傷つける者には弓を引くことを躊躇しない。
イヴィーの提案を受けて紅き花園に結界を張り巡らし、対混沌の拠点とした。

白銀樹の管理人 ディアレリア

  • シルヴァランド・女・エルフ・管理者
白銀樹を管理するエルフ。「黄金樹」を管理するカルミアと対の関係としてデザインされたらしい。
混沌の軍勢から子供たちを逃がすためにアイリスたちとともに踏みとどまり、その後行方不明。

なお、イラストを担当した文倉十氏によると「薄幸属性しか有り得ない!」とのこと。

土護りの パフィオ

  • シルヴァランド・男・エルフ・管理者
荒れ果てたシルヴァランドの国土を枯れ果てた木々から種子を生み出す力で復興させようとする優しいエルフ。
ローモンドとは旧友同士であり、付き合いの広さがうかがえる。
アイリスの村が混沌の軍勢に襲われた際はユーパトたちとともに出撃、クロスを混沌の軍勢から守った。

大森林の カトレヤ

  • シルヴァランド・女・エルフ・管理者
植物の病を治すことのできるエルフ。カルミアの弟子でもある。
触診を得意とし、木々に触れることで森の異変を察知する。
混沌の軍勢から子供たちを逃すために戦い、その後行方不明。

祈りの原の カメリア

  • シルヴァランド・女・エルフ・管理者
古い伝承に伝わる祈りの原を守るエルフ。
装備がふんどし、クロアに奴隷にされそうになっているなど何かと付けてエロい。
ちなみにイラストを担当されたTANA氏のブログによると、彼女のラフ案は
A案)ごつい鎧を纏って大きな弓を持った巨乳の守護兵士
B案)素早く木々を移動する爆乳くのいち風守護兵士
C案)軽やかに木々を飛び回る貧乳の小人風守護兵士団
の三つがあったそうだが、結局C案になったそうだ。

後ろのモブは「リアちゃんズ」左から一号、二号、三号。
入団資格はAカップ以下だそうだ。