悠久の車輪@Wiki 背景世界設定 > キャラクター紹介 > ネクロポリス > 執事


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター紹介 執事

シナリオや小説に登場するネクロポリスの執事(バトラー)について説明しています。

基本情報

主な戦闘スタイル…不死者の身体能力を活かし、紳士の格闘技であるボクシングで戦う
所属人員の性別…男性のみ
代表者…それぞれが主に仕えているため代表者なし
ネクロポリスのロードに仕える使用人。基本的にメイドより使用人としての格は上。
職務に忠実だが、だからといって必ずしも主人に忠実であるとは限らない。


白夜の紳士(最古の執事) ドルビー

  • ネクロポリス・男・不死者・執事
ダルタニアに仕える現役最年長の執事。アルカードに次ぐ高齢である。
不死者は歳を重ねるほど力を増すため彼の力は相当なもので、ドラゴンゾンビを一太刀で切り捨てる剣技の持ち主。
ダルタニア邸が最強メイド軍団に襲われた際、追撃するシャローン率いる最強メイド軍団を相手に一人で戦ったが、その後行方不明になっていた。
しかしダルタニアがカルマに苦戦しているところにローズマリーとともに颯爽と登場。カルマを軽くあしらい討ち取った。
カルマを贄に復活したアルカードに片手足を吹き飛ばされたが、アルカード戦後には回復し職務に復帰したようだ。
オリーヴがダルタニア邸を襲撃した際には病床の主を守るためこれを迎え撃ったが、イランが止めに入ったため決着はついていない。
その後、ネクロポリスの大多数がグラード側についたことをジギタリス・タンジー・エキナシアの下に伝え、またダルタニア邸を襲撃した混沌の軍勢とも戦っている。
この戦いの最中、ダルタニアが混沌を克服し復活した際には普段の主をおちょくる態度とはうって変わってかしづいていた。
ネクロポリスの支配者を決める最終戦争の際には、ダルタニアに付き従いイランと交戦し、これを撃破。この後恐らくダルタニアと共に混沌の王との最終決戦に出向いているものと考えられる。
混沌の戦役後には社交界から逃げ回るダルタニアに対し貴族の嗜みを教えている。

小説でもシャローン軍団全員を一人で相手にしていたが、こちらではダルタニア邸が爆破炎上しており、再登場を臭わせる書かれかたをしている。

「悠久の轍」ではネクロポリスに武者修業にやってきたタンシーと交戦していたが、決着はついていない。

深淵の使者 カルマ

  • ネクロポリス・男・不死者・執事(故人?)
CV:佐藤雄大
ドルビーに代わりダルタニアに仕える執事…というのはあくまで表の顔。その正体はアルカードに絶対の忠誠を誓う執事である。
自身が主の器となることを願っていたが、それが叶わぬことと知ってからは、ダルタニアを器としたい主の意を汲んでダルタニアを狙っていた。
たった一人でバハムートロア軍の一部隊を壊滅させる実力の持ち主で、また敵を宝石に変えて魔力を吸収する能力を持つ。
不死者や竜の力を吸収した彼の力は凄まじくドラゴンゾンビの牙の一撃にも無傷で剣の一撃で大地を砕くほどだったが、剣技に勝るドルビーによって心臓を貫かれた。
カルマは絶命寸前に自らを生贄にしてアルカードを不完全ながらも復活させた。

寛容な コンフリー

  • ネクロポリス・男・不死者・執事
ジギタリスに仕える初老の執事。
裏表の激しい人物に見えるが主には忠実で、重傷を負いながらもジギタリスの灰をネクロポリスに持ち帰った。
主がアルカディア騎士団に討たれた後はバイカルの下に身を寄せていたようだ。
ロキの存在をあまり快く思っていない。
ルバナム一家がジギタリス邸を襲撃した際にはワイングラスを磨きながらロベージに斬りつけ、昔の血が騒ぎ出したと述べていた。
対ルバナム戦後で重傷を負うも生存。主人の使者としてアルカディアに通信用の水晶球を渡した。

厳格な コルツフット

  • ネクロポリス・男・不死者・執事
カミラと共にタンジーに仕える執事。鉄の忠誠心を持つ。
主がダルタニアに討たれたため、後にタンジーが蘇生するまでダルタニアの配下となる。
その間、ダルタニアから旧タンジー領の管理を命じられていた。
カミラとのコンビネーションは抜群で、歩いている最中のタンジーを夜会服から部屋着に着替えさせるほど。
戦闘能力も高いようで、混沌の軍勢がタンジー邸を襲撃した際には主とカミラの三人で千人の敵を向こうに回し、312人を倒して撤退させる活躍を見せた。

統括する ボリジ

  • ネクロポリス・男・不死者・執事
執務の傍らで新人執事の教育も行っている古参の執事。
元はエキナシアの執事であったが主人がダルタニアに敗北したため、一時期はダルタニアの配下となっていた。
この間、ダルタニアから旧エキナシア領の管理を命じられている。
復活したエキナシアに抱きつかれ目を白黒させていた際にはコリアンダーから「役得の少ない人」と言われていた。
エキナシア邸を囲むバイカルのキマイラゾンビ軍団にケッパーたちとともに立ち向かっていた。
対ルバナム一家ではルバナムの動きを抑えて最強メイド軍団と共にこれを討ち取った。

小説版ではダルタニアに随いアルカディアに赴いていた際に反乱軍の襲撃を受けたが、メイドたちとともに返り討ちにしている。
この際、メイドたちに揚げ足を取られたり、ダルタニアに言うことを聞いてもらえなかったりと、なかなかにもどかしい思いをしている。
特にとあるメイドの「ボリジ様なら(キンタ○を)三つも四つも付けてそうだけど」という発言には本気でへこんでいた様子。

寛大な サイプレス

  • ネクロポリス・男・不死者・執事
バイカルに仕える老執事。ボリュームのある頭髪が特徴的。
一見寛大だが、部下に対する「おしおき」が好きという一面も持ち合わせる。
オリーヴがバイカル邸を襲撃した際に吸血され窮地に陥ったが、オリーヴがバイカルの魔力を嗅ぎつけてそちらに向かったため、一命は取り留めた様子。
なお、チャイブのイラストを見る限り彼のアフロはカツラのようだ。

遂行する ティート

  • ネクロポリス・男・不死者・執事
ランキスにヘッドハンティングされた執事。任務の遂行に絶対の自信を持つ。
主の命に従い、進攻してきたカサンドラ支配下のバハムートロア軍を迎え撃った。
その際カルマによって宝石に変えられたようだが、カルマが倒された時に復活した模様。

なお、ラフ画の段階ではロングの黒髪のデザインも存在していた模様。

忠告する パラキス

  • ネクロポリス・男・不死者・執事
ベンダーに仕える執事。蝙蝠と交信する能力を用いて情報収集を行い、主人に的確な忠告を行う。
なお開発者インタビューによると、パラキスのイラストに描かれている男性は彼の忠告を無視したためベンダーに討ち取られたロードらしい。

教育する ロベージ

  • ネクロポリス・男・不死者・執事
ルバナムに仕える冷徹な執事で、メイドの統括も任されている。
主に従いヴィスティスたちを襲撃したが、ルバナムとジギタリスの間の話し合いによって撤退した。
また、ミルラとトロネラが「漆黒の鎧の車輪」を回収したという報告を受けたのも彼。
他にもスケールギルドの孤島でワーオクトパスの隠者を殺し、車輪捜索にきたワーシャーク部隊と戦うなどルバナムに従い各地で暗躍している。
ジギタリス邸襲撃の際はコンフリーと戦っている。
その後エキナシアたちと交戦するもシャローンに敗北する。

設定上では右手の一角獣を模したリングは毒針になっており、戦闘時にはイラストのように赤に染まるようだ。

誘い出す イラン

  • ネクロポリス・男・不死者・執事(故人)
グラードに仕える執事で、ドルビーに並ぶベテラン。
ただ、どちらかと言えば仕えるというより裏から操るという表現が適当だろうか。
操りの力を有するためか「傀儡師(パペットマスター)」という二つ名も持っており、その力はドルビーも危険視するほど。
300年前の第一次車輪大戦以来、主と共に灰になっていたがロキにより復活した。
現教主のダルタニアを倒すべく、オリーヴにロードを吸血させ意識を失ったロードを魔術で操ろうと画策している。
その後ネクロポリスの支配者を決める最終戦争に主グラードと共に参戦するも敗北。ドルビーに首を落とされ、主と共に灰と化した。