悠久の車輪@Wiki カード詳細 > グランガイア > gr041~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トップページへ戻る

巨人山脈グランガイア カード詳細 gr041~




gr041 孤高の獣騎兵隊 ビンガー【U】


レアリティ U 所属国家 グランガイア キャラクター紹介
キャラクター名 孤高の獣騎兵隊 ビンガー 混沌の魔力により異常に発達した知能でかつてない騎兵をデザインした天才パイロット。しかし、操縦系統が複雑な上に量産が難しいこともあり、彼の乗機は量産に至らなかった。そのためか、作戦時においても単独行動をとることが多く、神出鬼没な兵法は敵に恐れられている。

「ピコーンときた!」
ユニットタイプ シーカー
LV 2 HP 830
COST 2 ATK 46
アビリティ 孤軍奮闘 AP 2 アビリティ内容
範囲 自身 一定時間の間、このユニットの攻撃力を上げる。味方召喚士のMPが2未満の場合、上げる数値を増やす。
INT 4
スキル 士気旺盛 スキル内容
残り時間が一定以上の場合、このユニットの攻撃力を上げる。
関連キャラクター 【こそこそしやがって】駆ける豹騎兵隊セルヴァ 召喚獣カスタマイズ
【のろのろしやがって】鈍重ゴブリングラド このユニットを配置した場合、召喚獣の攻撃力を上げる。
Illustration 木下勇樹


カード評価/補足
見た目や台詞は色物ながらも、非常に実用的な能力を持った2/2シ-カー。
2/2版アスターと言えばその強さの程が解るであろう。
アビリティのATK上昇は通常時10、条件を満たすと30。
アビリティを使えば、同じLvのシーカーには体力差が無い限りは殆ど負けることは無い。
ちなみにアビリティの条件『MPが2未満の場合』は実は相当ゆるい条件で、割と適当に打っていても満たしていることが多いので、あまり気にせずガシガシ打っていこう。

スキルは残り時間200cまでATK+4。
4th排出開始直後(ver.2.17)ではなぜか士気旺盛でATK50になっているのも関わらずシャイターンのアビリティの対象になっていた。
ver.2.19でめでたく対象から外れるようになったので単なるバグだったようだ。

撤退時の奇声がチャームポイント。
「私は、天ッ才ー!!」



gr042 すーぱー ちびぴゅーた【SR】


レアリティ SR 所属国家 グランガイア キャラクター紹介
キャラクター名 すーぱー ちびぴゅーた 機械神グラン・ピュータのバックアップユニット。本体が混沌の貴公子らによって破壊されたため、過去から現在に至る膨大なデータを握る唯一無二の存在となった。混沌の貴公子に対抗するため、自らの体を改造。戦局に合わせたオプションパーツの選択が可能になった。

「あーらよっと!」
ユニットタイプ シーカー
LV 4 HP 1268
COST 4 ATK 52
アビリティ バージョンアップ AP 3 アビリティ内容
範囲 自身前方円 範囲内の敵ユニットにダメージを与える。このアビリティの使用回数に応じて与えるダメージを増やす。
INT 7
スキル クロックアップ スキル内容
味方ユニットの数が一定以下の場合、このユニットのAP獲得速度が速くなる。
関連キャラクター 【天敵】理を操る巫女タジーヌ 召喚獣カスタマイズ
【相性最悪】砂塵の舞姫ヴェスト このユニットを配置した場合、召喚獣の攻撃力を上げ、召喚獣が召喚士に与えるダメージを増やす。
Illustration 百瀬寿


カード評価/補足
ついにちびぴゅーたがパワーアップして帰ってきた!
ATKは52と4Lvシーカーとしては最低クラスで一部の3Lvシーカーにタイマンで落とされる可能性もあるほどなので、アビリティとスキルに頼った運用が主になるだろう。
アビリティは使う度にダメージが上がっていく。
アビリティのおおよその威力
1発目 ・・・ 約150
2発目 ・・・ 約300(+150)
3発目 ・・・ 約450(+150)
4発目 ・・・ 約750(+300)
5発目 ・・・ 約1350(+600)
6発目 ・・・ 1500以上

APをどれだけ加速してやれるかが鍵になる。
スキルはそんなアビリティに対応してかAP獲得速度を上昇させるもの。味方ユニットが2体以下の時、AP獲得速度が倍になる。
カードイラストではちびぴゅーたのバックに大きくタジーヌが描かれている。こっちの方がメインだともっぱらの評判。
この大きさの対比でちびぴゅーたがおもちゃにしか見えない・・・。



gr043 鈍重ゴブリン グラド【R】


レアリティ R 所属国家 グランガイア キャラクター紹介
キャラクター名 鈍重ゴブリン グラド 怪力を誇るゴブリンの戦士。グランガイアに伝染病が流行った際も、その鋼の肉体は病魔に屈しなかった。そんな彼を単なる鈍感と揶揄する者もいるが、混沌の魔力の影響を受けたゴブリン達にも劣らない戦闘力は軍の中核として期待されている。

「でへ、いぐどぉ」
ユニットタイプ キーパー
LV 3 HP 1099
COST 3 ATK 65
アビリティ 圧倒する怪力 AP 2 アビリティ内容
範囲 自身 このアビリティは1MP使用する。一定時間の間、このユニットの攻撃力を上げる。
INT 4
スキル 逆境の力 スキル内容
このユニットのHPが一定以下の場合、このユニットの攻撃力を上げる。
関連キャラクター 【カッコイイ】孤高の獣騎兵隊ビンガー 召喚獣カスタマイズ
【忠誠】轟く巫女グラリス このユニットを配置した場合、召喚獣の攻撃力を上げる。
Illustration 山宗


カード評価/補足
アビリティはAP2の上さらにMPを1消費するもののATK+35。
スキルの逆境の力は残りHP400程度でATK+18。

両方発動でATKが118まで上昇する!!単純な殴り合いではほぼ最強クラスだろう。
とは言え移動速度は上昇しないのでマスターの射撃には弱い。高ATKばかりを恃みにせずしっかりと他のカードで援護してあげよう。
爆発的なATKを持つ割に本人のLvが低いお陰で様々なデッキに組み込みやすいのが一番の利点。
そのため『バランスデッキだと思っていたら新グラドに開幕乙られた』なんてことにもなるかもしれないので見かけた場合は注意しよう。



gr044 氷拳ゴブリン ヘームス【C】


レアリティ C 所属国家 グランガイア キャラクター紹介
キャラクター名 氷拳ゴブリン ヘームス 炎を操る術を身につけたゴブリンを言う種族の中にあって、氷を操る魔力が発現した突然変異のゴブリン。自らの意思でコントロールできないその魔力は、みるみる拳を氷塊へと変えていく。彼はその恐怖を振り払うために拳を振るい、呪われた氷を砕き続けている。

「こっち来な、ぶん殴ってやるぜ」
ユニットタイプ キーパー
LV 1 HP 929
COST 4 ATK 57
アビリティ 機械巨人の召喚 AP 2 アビリティ内容
範囲 自分中心円 範囲内の味方グランガイアのエレメンタルに以下の能力を与える。「周囲の味方ユニットの攻撃力を上げる。一定時間ごとに上げる数値を増やす。」
INT 5
スキル 混沌の狂気 スキル内容
このユニットが復活した時、一定時間の間、味方グランガイアユニットの攻撃力を上げる。
関連キャラクター 【拳の癒し手】火の粉と戯れる巫女アネト 召喚獣カスタマイズ
【検査ばかりされる】すーぱーちびぴゅーた このユニットを配置した場合、召喚獣の攻撃力を下げる。
Illustration hippo


カード評価/補足
エンチャントは複数設置することで効果を重複させられる。数個配置したまましばらく放置すると上昇値はどんどん増し、
マスター複数体に守らせることで鉄壁の要塞になる。効果範囲もそこそこ広い。
ちなみに上昇値は初めの15カウントにつき1。40カウント目で即エンチャントすれば、中盤に差し掛かる頃には+10近くにまで成長する。
ここまでくると要塞としては十分すぎる性能となるが、4thEXより、一撃死や全体強化などのアビリティが多数追加されているので
ただ守っているだけの運用ではあっさりと崩されてしまうこともあるので注意。
1レベルながら2コストキーパーを上回る戦闘力を誇るので、落とされないよう立ち回るのも難しくはない。
ただし、一度落とされるとリカバリが恐ろしく大変な点、要塞化に時間がかかる点に充分注意が必要。
開幕で要塞化に失敗したり、折角の要塞を壊された場合、一気にデッキのお荷物になる。

とりあえずエリスカミラデッキのパーツとしてはかなり優秀。エリス付近に2~3個ほどエンチャントしておけば、
直接戦闘で落ちる心配は殆ど無くなるし、ヘームス自身もかなり無茶ができる。エンチャント完了後は特攻隊としても
使用できるのは、対戦相手にとってかなりの脅威となるだろう。

スキルは盤面全体のグランガイア所属を持つの味方ユニットのatk+7が15c続く。
ver.2.21より前では+5だったので一応強化されたが、復活コストの関係上これを目当てにするような運用をすることはないだろう。



gr045 雷雲を操る巫女 タウルス【C】


レアリティ C 所属国家 グランガイア キャラクター紹介
キャラクター名 雷雲を操る巫女 タウルス 自然現象の研究を行っているゴブリンの巫女。神の意志を読み解くため、機械仕掛けの演算機を組み上げ、天候の変化を統計学と魔力流動の結果から予測する画期的な方法を編み出した。現在では魔力の集中がみられる場所でならば、天候を自在に操ることが可能となっている。

「大したことない敵ね」
ユニットタイプ マスター
LV 3 HP 1025
COST 3 ATK 38
アビリティ 雷光の導き AP 3 アビリティ内容
範囲 自身前方円 一定時間の間、範囲内の敵ユニットの中からランダムに1体を選び、そのユニットが向いていた方向に強制移動させる。このアビリティは天候が雨の時のみ使用できる。
INT 5
スキル 巨人の遺伝子 スキル内容
エリアにいるグランガイアのユニットの数に応じてこのユニットの攻撃力を上げる。
関連キャラクター 【離れていてほしい】不幸を招く獣騎兵隊イラス 召喚獣カスタマイズ
【儀式に興味】王宮書記官クリン このユニットを配置した場合、召喚獣の攻撃力を上げる。
Illustration 春乃壱


カード評価/補足
アビリティの効果時間は約30C。アビリティのかかった相手は強制的に前進をつづけ、
壁にぶつかった場合は反射する。だいたいプルナのアビの敵掛けみたいな感じである。
スキルの上昇値はタウルス以外のグランガイアユニット1体につきATK+1。
敵ユニットも含まれるため、プラセ同様赤単同士の対決ではかなりの戦力になるだろう。
強力なアビリティを持ちながらも、天候の縛りで目立つ事はなかったが、
5thEXにて雨を降らすエシネアが追加、より実戦的なデッキの構築が可能になった。