学校PCの規制解除URL


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。






まず、PacketiX.NET ASP 型 VPN 実験サービス Web サイトにアクセスし下の方にスクロールしていくとVPN クライアントソフトウェアのインストールを行うという項目があるのでクリック。

仮想HUB名の入力画面に飛ぶので「仮想 HUB 名:」の横にPUBLICと入力しOKをクリック。

画面が切り替わりタブの下に「このサイトには、次のActiveX・・・ここをクリックしてください」というコントロールが表示されるのでクリックしてActiveX コントロールのインストールを行います。

そうするとブラウザのセキュリティの警告が表示されるのでインストールをクリックで表示される「VPN接続の開始」をクリックで自動的にソフトのインストールが始まります。

インストール後、最初にユーザーのログイン画面が出るのでユーザー名の所にPUBLICと入力しOKをクリック。

後はASP型VPN - PUBLICへのVPN接続のプロパティを開き、経由するプロキシサーバーの設定の項目のプロキシの種類を「HTTPプロキシサーバー経由接続」に変更し、プロキシサーバーの接続設定でホスト名(192.162.0.1などのHTTPアドレス)、ユーザー名、パスワード(ブラウザなどでログインする場合にいるユーザー名、パスワード)
を入力しOKをクリックします。
※ユーザー名、パスワードは無ければ空白のままでOK

最後にユーザー認証の認証の種類を「匿名認証」にすれば設定完了です。

あとはログイン画面でユーザー名にPUBLICを入力し接続が完了した後、ブラウザでアクセス不可だったWebサイトを開く事が出来たら無事終了です。

お疲れ様でした!










ブラウザのLAN設定はプロキシサーバではなく自動構成にチェックを入れる事をお忘れなく!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。