※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

慶應義塾大学SFCの丹治研究室 について紹介するサイトです。 

EV-SEC LAB. News

 

■SFC合同研究説明会の模様

どの研究会のブースも熱気に包まれていました。

我々のブースに来ていただいた皆さんありがとうございました。

是非一緒に活動しましょう。

研究会の模様はこちら。

■土湯温泉合宿 

平成24年4月1日~4月5日まで、福島県福島市近郊の土湯温泉郷にて地域づくり合宿を開催しました。

テーマは、原子力発電事故後の風評被害に苦しむ観光地を再生するために、全体として近隣の日帰り観光の促進に焦点を当て以下4点を提案してきました。

①発電事業と観光振興、②「水」とまちづくり、③坂のあるまちづくり、④芸術とまちづくり・ものづくり

現地および提案会の模様はこちら

■群馬県中ノ条町訪問 

被災地でのアートワークプロジェクトのため、中ノ条ビエンナーレで有名な群馬県中ノ条町を訪問してきました。町長のリーダーシップと情熱的な作家さんのタッグが印象的な街でした。

現地ヒアリングの様子はこちら

■福島県南相馬市太田地区復興協議会 

古谷先生、植原先生とともに南相馬市太田地区復興協議会に休耕田での再生可能エネルギーについて提言をしにいってきました。メガソーラーのような方式だけでなく、現地の産業としてコミュニティに根付くものをともに作っていきたいとの考えにご賛同いただけたようです。

現地ヒアリングの様子はこちら

■会津・喜多方地方訪問 

観光地として有名な会津・喜多方方面を訪問してきました。

現地ヒアリングの様子はこちら

■2011年秋学期研究会合宿京都

和歌山大学システム工学部講師山本先生をお招きして、同志社大学寒梅館にて研究会の最終発表会を行いました。発表会の様子はこちら

■被災地現地調査2

福島県福島市、南相馬市にて、被災地復興のための再生可能エネルギーの導入普及に関するヒアリング調査、ならびに防災意識の高まりによる自立発電システムへの支払い意思額調査を行いました。こちら

■被災地現地調査1

2011年5月初旬、SFCの先生方とともに福島県福島市、南相馬市の被災状況に関するヒアリング調査を行いました。こちら

■宮古島エコアイランド構想調査・提案

沖縄県宮古島を訪問し、再生可能エネルギーの導入・普及調査、バイオ燃料の導入と農業振興、環境保全と農業振興等のテーマについて調査を行いました。こちら

■ECOMOD 2010 Turkey

応用一般均衡分析等のマクロ経済モデルを扱う国際的なグループ(ECOMOD)の会合に参加してきました。

こちら

Copyright (C) 2012 Environment and Security Lab. All Rights Reserved.