※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目次

CM

全編英語、右端に縦書き字幕。
7/10現在2種類。
フリスクとマジックビーンズのCMがセットで流される。

放映パターンは
Aパターン(戸田と同じ)のセットリスストではフリスク1→マジックビーンズ1
Bパターン(郡山と同じ)のセットリストではマジックビーンズ2→フリスク2

フリスク1

外国人の女の子とクマがテーブルで食事をしている。女の子は食べ終えるとクラシックをヘッドホンで聴きだす。フリスクを食べると曲が突然READY STEADY GOのイントロに。女の子はノリノリ。フリスクが切れるとクラシックに戻る(繰り返し)クマがヘッドホンのコードに目をやると、その先のプラグはレコードプレーヤーに刺さっていなかった

マジックビーンズ1

フリスクと同様、女の子とクマが登場。女の子が「大きくなあれ」とマジックビーンズに水をやっているとクマの下半身が大きくなり机が持ち上がる(モザイクあり)。女の子「そこじゃなーい!」
※市原公演のみ?クマの身体が全体的に大きくなるオチに変更

マジックビーンズ2

女の子がマジックビーンズを育てているが、なかなか芽が出ない。そこで女の子はひらめき、READY STEADY GOを流す。するとたちまちマジックビーンスが成長して女の子は歓喜するが、それは彼女の夢の中だった。目が覚めるとクマにマジックビーンズを缶ごと食べられていて、女の子は激怒してクマをボコボコに。

フリスク2

クマが部屋に居ると背後の窓の外にラルクのメンバーが通り過ぎる(アー写)。クマが振り返るとすでにそこには誰も居ない。何度やってもメンバーを見る事ができない。クマがおもむろにフリスクを食べると今度はメンバーと目を合わす事ができた
※最後のオチに使われる写真はメンバーの誰かの古い写真