下級生・瑞穂陵辱1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

椅子を引く音が一斉に鳴る―――――。

白衣を身に纏った女教師が普段と変わらない挨拶を終えると、六時
限のぶりの自由を満喫すべく、生徒達が慌しく動き出す。
急いで教室を飛び出すものや、友達の席に向かいおしゃべりをする
もの、はたまた部活の準備をするもの、それぞれが自由気ままな放
課後を謳歌するため、能動的に活動開始する。

これが進学校ならば、一直線に予備校に向かったり、机から教科書
など引っ張り出し、おもむろに予習なり復習を行う事だろうに。
流石は自由な校風が売りの卯月学園と言った所だろうか。

その週末特有のざわつきに包まれた教室のほぼ中央――――。
結城瑞穂は放課後の予定へ向けテキパキと帰り仕度を行っていた。

濃い赤を基調とし、青くて大きな腰のリボンが特徴的な卯月学
園の制服。
その冬服を優等生らしくキチッと着こなし、腰の辺りまである絹の
様な黒髪と白いヘアバンドが、育ちの良さと清楚さを引き立たせる。
ベストの下、白いシャツに包まれた胸部からは女性として十分な膨
らみが伺え、スカートから伸びる両脚も白くてスラリと長い。
瑞穂がそう望んで生まれて来た分けではないだろうが、結果的に高
いレベルで均整の取れたプロポーションは、若い張りに満ちた身体
を数字以上にグラマーに見せる。

顔立ちの方も、クリクリッとした瞳に濃い睫毛、すっとした鼻立ち、
そしてきめ細やかな肌と、どれをとっても文句の付けようがなく、
今をときめくトップアイドルと見比べても遜色がない。
恐らく10人の男性が彼女を見たら、10人が物凄く可愛いと評す
るだろう。
紛れも無く美少女と呼べる……結城瑞穂はそれだけの外見的要因を
備えていた。

実際、瑞穂は近年稀に見る美少女揃いの、現・卯月学園切ってのア
イドル的存在だし、
街に出れば芸能界絡みのスカウトに声を掛けらる、なんて事はいつ
もの事だ。

部活に出れば出たで、テニスコートのフェンスに男子生徒が群がる
様に取り付き、ミニスカートから伸びる生脚、突き出されたスコー
トのお尻などをいやらしい視線で観賞する。
もう、当たり前の様に繰り返される日常の一部だ。

「忘れ物は……ないわね……」

「瑞穂っ」

瑞穂が帰り仕度を終え席を立とうとした時、
親しげな口調で名を呼ばれる。 


「今日は部活休みだろ。これから俺と……」

最も眺めが良く、最も教壇から遠くの席に座っていた健太郎が、
クラスメイトの視線を気にする風も無く近づいて、話を続ける。

ぼさぼさの髪に、だらしなく着込んだブレザータイプの制服。
身長は高めで、ゴツくはないが運動は得意そうだ。
顔は美形とまでは言わないが、ワイルドでどこか野性味に溢れてい
る、それは何も顔付きだけでは無く全身から感じられるのだが。

「健太郎くん、ごめんなさい。今日はテニス部の先輩と打ち合わせ
があって、これから、隣町に行かないといけないの」

瑞穂が頬を軽く朱に染め、残念そうに謝る。
もし、他人がこのやり取り見れば、それだけで二人の間柄が恋人関
係でないまでも、一般的な友人レベルを超えている事を感じる取る
だろう。
それぐらい穏やかな空間が二人の間に生じる。 

え、先輩? と少し考えていた健太郎が、
「ああ、卒業した奴か……」と、手をポンと叩く。

「そうよ、2つ上の部長で高田さんって人なんだけど、
今度、恒例のOBとのテニス大会があるから、その打ち合わせで呼
ばれてるの」

愛くるしい笑顔で話す少女の口から高田と言う名を聞き、健太郎の
目が少しばかり険しくなる。

「おい、おい、大丈夫かよ。高田って言ったら地元の大学に行っ
た今でも、後輩に色々とちょっかいを出してるって、あんまりいい
噂を聞かないぜ」

「あら、健太郎くん、わたしの事を心配してくれるの? ふふふ、
でも、大丈夫よ。ああ見えて先輩、本当はすごく優しいんだから」

「バカ、それは瑞穂が可愛いから、色目を使ってるんだけじゃねえ
のか」

「ありがとう、心配してくれるのは嬉しいけど、仮にも部長だった
人よ、そんな悪い人じゃないわ」

朱色だった頬を今度は軽く膨らませ、
例え大好きな健太郎くんでも尊敬する先輩の事を悪く言うのは許さ
ないわよと、瑞穂は抗議する。

「瑞穂は男を信用しすぎだよ、少しは警戒した方が……」

「あ、ごめんなさい、そろそろ急がないと。また、今度誘ってね。
じゃあね、健太郎くん」

時計に目をやり、瑞穂は小さいぬいぐるみの付いた学生鞄を抱える
と、キラキラと光を反射するロングヘアと短いスカートを風になび
かせ、急ぎ足で教室を出て行く。

健太郎はその美しい後姿を黙って見送るしかなかった……。

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。