※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある小さな洞穴の中。
そこにバルトモンは寝かされていた。
そこが何処かは分からない。
彼は、生き残ったのだ。

デジタルバスター外伝 バルトモンの章 後編

バルト「…ここは」
???「目が覚めたか」
バルトモンは目を覚ます。
そこには、仮面を付けた天使のようなものがいた。
バルト「あの…あなたは?」
ジェミニ「自己紹介が遅れたね、私はジェミニモン…スターレジェンズの一人だよ」
ジェミニモン。常に仮面をつけている天使型デジモン。必殺技はアナザーディメンション。
バルト「はぁ…どうもです」
彼は死んだと思っていた。
しかし、彼は生きている。
生きていた喜びと死にかけた悔しさ。
彼の心は複雑な心境であった。
ジェミニ「しかし…君の右腕、相当なものだね」
彼は改めて気づく。彼の機械の右腕は粉々に砕け散っていたのだ。
当然、今の彼には戦う術はない。今後一人では死が待っているだけだ。
ジェミニ「…いい技師を紹介しよう、もしかしたら直るかもしれないよ」
彼に断る理由などない。
彼は二つ返事でついていくことにした。

ライブラ「う~む…確かにすごいな…」
ジェミニモンに連れられてやってきたのはとある民家であった。
そこにいた技師、ライブラモンはジェミニモンと同じくスターレジェンズの一人である。
そして今、彼の腕を見ていた。
バルト「な、直りますか…」
ライブラ「直す、というより作るといった方が適切かもしれないな…ジェミニモン、手伝ってくれ」
ジェミニ「わかった…」

ライブラモンの作業は困難を極めた。
なぜなら彼の腕は粉々に砕けている。そこにさまざまな配線やパーツをつけていかなければならないからだ。
作業は1日中続いた。
そうして、やっとのことで腕がほとんど元通りになりかけてきた。
当然全く同じとは行かず、その形状は違っていたが。
ライブラ「今現在使えるウェポンは2つ。君の話だと3つ使えたようだがそのすべてが駄目になってるからな…実質新しい腕と考えてくれ」
バルト「はぁ…」
その時、彼の耳には何者かの足音が聞こえた。
バルト「これは…失礼します!」
ライブラ「ま、まて!まだ最終調整が…」

外に出るとそこには機械の体をしたものが銃口を構えている。
アサルト「ここにバルトモンがいることはわかっている…出て来い!」
アサルトモン。プロテクトスーツで戦闘力を高め、様々な重火器をで武装したサイボーグ型デジモン。必殺技はジャスティスマサカー。
バルト「僕はここにいる!」
バルトモンが民家から飛び出す。
彼はここまでつけられて来たのだ。
アサルト「やはりいたか…バルトモン」
バルト「お前は…心があるのか?!」
アサルト「私をそこらの人形と一緒にするな!私はお前を倒し、マスターに認めてもらう!」
アサルトモンは腕の銃口を構える。
バルト「…そのマスターという奴が僕を狙っていたのか…なら、そいつの情報を教えてもらう!」
バルトモンは腕を構える。しかし、彼はまだその腕の使い方を知らない。
ライブラ「その腕が使えるウェポンは2つ、バスターモードとクリティカルモードの二つだ!」
ライブラモンが民家の側で叫ぶ。
バルト「ありがとうございます!アームチェンジ、バスターモード!」
バルトモンの右手が腕の中に収納される。
バルト「イプシロンバスター、発射!」
バルトモンの右腕から弾丸が発射される。
その弾はアサルトモンの左肩を貫く。
アサルト「グアッ…」
バルト「アームチェンジ、クリティカルモード!」
腕から手が再び現れ、その腕に光が収束していく。
アサルト「させるか!ジャスティスマサカー」
体中の重火器を一斉に発射させる。
だが、バルトモンには通用しなかった。
バルト「さっきの左肩の傷のせいで狙いが定まらないようだな…」
バルトモンは銃弾の雨をかいくぐり、アサルトモンの懐に潜り込む。
バルト「答えろ、マスターとは誰のことだ?」
アサルト「ま、マスターはマスターだ!私はマスターのためなら死を選ぶ!これでお前も終わりだ!自爆して…」
アサルトモンの体が光っていく…だが。
バルト「そんなことさせると思うか?」
アサルト「なっ…」
バルト「…オーパーツ・ビックバン!」
バルトモンの右腕に収束していた光が弾ける。
そして、アサルトモンの体を粉々に砕き、消滅させた。
バルト「…お前は、人形ですらなかったのか…」
ジェミニ「…バルトモン、か…」
ジェミニモンの表情は仮面で読み取ることはできなかった。

ライブラ「お前の右腕は封印しといたほうがよさそうだな…」
バルト「確かに…今までと比べて威力が段違いです…でもこれを使わなければ僕は…」
ジェミニ「それをどうにかするのは君しだいだよ…それに、一生使うなというわけではないし」
ライブラ「お前が本当にその力を使いたいと思うときが来たなら、その封印を解くがいい…」
バルト「…わかりました」
こうして、彼の右腕には封印が施された。
彼の力を使うときが来るまで…その封印が解かれることは無い。
そしてその封印は近いうちに解かれることとなる。
タウラス「ライブラモン、邪魔するぜ」
そこに、獣人がやってくる。
ライブラ「例の場所がわかったのか?」
タウラス「あぁ、ばっちりだ」
彼等は作戦会議を始める。
おそらく、タウラスモンが敵の重要なポイントを突き止めたのであろう。
バルト「あの…」
ジェミニ「どうした?」
バルト「その作戦、僕も参加させてください!」

彼は知らない…そこで何を知るかを。
そこで、何が起こるかを…

外伝 バルトモンの章 完