※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Nブレイ「さぁ立て浅野龍!そしてお前の真の力を見せてみろ!」
ガト「龍…」
Nブレイ「やっとその気になったか…」
ショット「あぁ…やってやる、やってやるよ!」

第74話 信念

前回のあらすじ
Nブレイモンと対峙した龍は一人で戦うことにした。
お互い一歩も譲らない攻防であったがNブレイモンは龍に『殺気』が無いことを見抜く。
一度は倒れた龍だったが信念の元再び立ち上がった。

Nブレイ「ふ…立ち上がるたびに強くなるとは、まるで不死鳥だな」
ショット「うるせぇ…てめぇはただ戦いたいだけだろが…」
Nブレイ「その通りだ。では…参る!」
一気に詰め寄り、その大きな剣を振り下ろす。
ショットモンは後ろにとびそれをかわす。
そしてNブレイモン目掛けて銃弾を撃ちこんだ。
Nブレイ「グッ…なるほど、覚悟はできたようだな」
ショット「黙れよ…てめぇ!」
ショットモンは再びNブレイモンを打つ。
Nブレイ「だが俺は負けるわけには…いかん!」
Nブレイモンは銃弾を避けずにショットモンへ詰め寄る。
そしてショットモンをなぎ払った。
ショット「ガハッ…」
Nブレイ「これこそが…信念の力!信念のためなら俺は死をも恐れない!」
ショット「…ふざけんな…」
ショットモンは再び立ち上がる。その目に闘志を宿して。
ショット「戦いたいだの死を恐れないだの…ふざけんじゃねぇよ…」
Nブレイ「何が言いたい、貴様に俺を倒すだけの信念があるというのか!」
ショット「てめぇが何を言おうが…結局それは誰かが傷つくんだ…だったら!」
ショットモンの腕の銃が形を変えていく。
それはまさに戦いを決心した証。
ショット「てめぇはここで俺が倒す!」
Nブレイ「面白い!ならばお前の信念…見せてみろ!」
Nブレイモンの剣が再び光り輝く。
ショット「『ブラスターショット』!」
Nブレイ「『ヘブンズソード』!」
腕の銃から放たれた弾と光る剣から放たれた残撃。
二つの波動が放たれぶつかり合う。
その波動は相殺された。
Nブレイ「クッ…だが…」
ショット「ウオオオッ!」
Nブレイ「なっ…」
ショットモンは波動が相殺され視界が悪くなった隙にNブレイモンへ駆け寄っていた。
ショット「これで終わりだ!『スナイパーショット』!」
Nブレイ「グアアアアアッ!」
体に零距離で銃弾が打ち込まれ、Nブレイモンはその場に倒れた。
ショット「はぁ…はぁ…」
ガト「龍!」
Nブレイ「お前の勝ちだ…さぁ、止めをさせ」
Nブレイモンは立ち上がる気力も無いのか、仰向けに倒れながら話す。
ショット「…ふざけんじゃねぇ!」
Nブレイ「なっ…」
ショット「俺はもうこんな誰かが傷つくような戦いはごめんだ!」
Nブレイ「ふ、ふざけているのはお前だ!貴様は…」
ショット「生きていればやり直せるだろが!何でもかんでも死にたがるんじゃねぇ!」
Nブレイ「なら貴様は何のために戦う!」
ショット「決まってる!こんな戦い終わらせるためだ!こんな誰が勝ってもハッピーエンドにならない戦いなんて…終わらせてやる!」
ガト「龍…」
それは、龍が決心したこと。やっと見つけた、戦う理由。
Nブレイ「そのような矛盾した信念に…俺は負けたか…」
ショット「たとえ矛盾してたとしても、俺は戦いを止めたい。俺が戦うことで誰かが傷つかずにすむんだったら俺は戦う!それが俺の信念だ!」
Nブレイ「フフフ…ハハハハハハハハ!」
Nブレイモンは突如大声で笑い出した。
ガト「お、おい大丈夫か?」
Nブレイ「面白い!ならば先へと進むがいい!その信念でカオスモン様を倒せると思うならな!」
ショット「あぁ…そうさせてもらう、行くぞガトモン!」
ガト「お、おう!」
2人は奥へと向かおうとした。
Nブレイ「…浅野龍よ」
ショット「何だよ」
Nブレイ「この戦いを引き起こしたのはカオスモン様ではない。それでも…お前は戦うのか?」
ショット「…もしそうだとしたならば戦わずにすむかもしれない。俺は好き好んで戦うわけじゃないからな」
Nブレイ「そうか…だが、今のカオスモン様は不安定な状態にある。戦いは覚悟しておいたほうがいいだろう」
ショット「あぁ…だが、俺は殺さない。絶対に」
そういって、ショットモンとガトモンは部屋を後にした。
Nブレイ「フゥ…カオスモン様、俺は…貴方の役に立てましたか?」

オピュクス「こいつら、全然減らない…」
ヴァング「弱音を吐くな、隙を見せたらやられるぞ!」
2人は押し寄せてくる兵士達と戦っていた。
彼等は皆ミラージュモンによって操られていた。
オピュクス「だがこのままでは…」
『ハイドロショット!』
兵士の一部が水の銃弾によって倒れた。
オピュクス「この攻撃は…」
ヴァング「貴様等…よく無事だったな」
ハイドロ「助けてもらって礼もいえないの?」
セイレー「大丈夫?」
ヴァング「あぁ…だが、この疲労ではカオスモンの所へは行けん。行っても足手まといになるだけだ」
セイレー「それはこっちも同じ…龍君たちは大丈夫かな?」
ヴァング「信じるしかあるまい、それが俺達に出来ることだ」
ハイドロ「とにかくこいつ等を早くぶっ飛ばさなきゃ!」
オピュクス「行くぞ!」

スラッシュ「一丁あがり!」
城の外ではスラッシュモンたちが兵士と戦っていた。
フラム「はぁ…はぁ…」
Cタイガ「大丈夫か、少女よ」
フラム「えぇ…なんとか」
ストーグ「無理するなよ、お前等は戦いなれてないんだからな」
ネズッチュ「そういうあんたはどうだっチュか?」
ストーグ「うるせぇぞチビネズミ!」
スレイブ「ケンカしてる余裕あったらがんばってほしいダギャ!」
ハーピ「皆さん落ち着いてください!」
モノクロ「つ、次が着ますよ!」
スラッシュ「とにかくやるぞ!」
ワイバー「…バルトモン、どうした?」
バルト「あぁ、あいつらが気になってな」
ワイバー「龍たちか…大丈夫だろ、あいつらなら」
バルト「…そうだな」

ガト「おい、何だこの兵士の数!」
ショット「俺が知るか!とにかく走れ!」
奥へと進んだ龍達だったが大勢の兵士に追われていた。
ショット「こうなったら…ガトモン、あれやるぞ!」
ガト「お、おう!」
ショットモン!
ガトモン!
『バスターエヴォリューション!』
ブラスト「ブラストモン!」
ブラストモンは兵士にその銃口を向ける。
ブラスト「悪いが通してもらうぜ!」

カオス「…Nブレイモンが敗れたか…これで私の側には誰もいなくなった」
そして城の最も奥。そこには混沌の魔人がいた。
そして、そこに響く足音。
カオス「…なるほど、先に辿り着いたのはお前か」
ロウハ「お前が…カオスモンか」
カオス「いかにも…我は混沌の魔人カオスモン、光を消し去り闇を封ずるモノ」

第75話 完
次回 混沌