※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドーケ「無駄だ、心を閉ざしたものに声など…」
セイレー「ちょっと…黙って…」
ドーケ「どういうことだ…閉じた心が…再び開かれるだと…」
セイレー「貴方なんかに…私の心は…負けない!」

第70話 心撃

前回のあらすじ
ドーケモンと対峙した春名に襲い掛かったのは強烈な精神攻撃だった。
心を閉ざし、ドーケモンに操られてしまった春名だったが、戦いを決意し心を取り戻した。

ドーケ「クッ…この強烈な意思…流石ここまで来たということか」
ハイドロ「春名、大丈夫?」
セイレー「大丈夫…私はもう…負けないから…」
ドーケ「ならばお前の強さ…見せてもらう!」
ドーケモンは飛び上がるとトランプを投げつける。
ハイドロモンは水の壁を作り出しそれを受け止めた。
ハイドロ「春名を傷つけさせはしない!」
セイレー「ハイドロモン…」
ハイドロ「春名には私がいる…だから安心して!」
セイレー「…ありがとう、2人で頑張ろう!」
ハイドロ「うん!」
ドーケ「ならばこの攻撃…受けてみよ!『トランプブーメラン』!」
トランプが左右に別れ、2人に襲い掛かる。
セイレー「…ハイドロモン、防御をお願い」
ハイドロ「わかった!」
ハイドロモンは周囲に水の壁を発生させる。
その中でセイレーモンは腕をドーケモンへと向けた。
セイレー「あなたなんかに負けない…『ローレライソング』!」
ドーケモンへ向け、強烈な音波が発せられる。
ドーケ「グゥ!」
ドーケモンはその場に落ちた。
セイレー「はぁ…はぁ…」
ドーケ「グフッ…流石だ…わが術を破っただけのことはある…」
セイレー「答えて…あなたはいったい何なの?」
ハイドロ「春名?」
セイレー「研究資料を運び出したって…あなたは一体何を企んでるの?」
ドーケ「それを教えるにはまだ早いな…予定より早いが、そろそろ退くとしよう」
ハイドロ「退くって何処に!ここが本拠地なんじゃないの!」
ドーケ「無論、カオスモンから退くのだよ。さらばだ、もう二度と会わないことを祈る」
そういい残し、ドーケモンは姿を消した。
ハイドロ「…何だったの、あいつ」
セイレー「さぁ…」
ハイドロ「…ちょ、ちょっと春名、大丈夫?!」
セイレーモンはその場に座り込んでしまった。
セイレー「大丈夫…ちょっと疲れちゃっただけだから…」
ハイドロ「でも…」
セイレー「…確かに、こんなじゃカオスモンの所に辿り着いても足手まといになるだけ…」
ハイドロ「もう、春名は充分戦ったよ…」
セイレー「ありがとう…とにかく、他の人と合流できればいいんだけど…」

オピュクス「…剛輔?」
剛輔とオピュクスモンは奥を目指し、進んでいた。
ヴァング「妙だな…この辺りには敵がまるでいない…」
オピュクス「確かに…他の場所には兵が控えてたのに…ここにはそのような気配がまるで無い…」
ヴァング「…いや、一人だけいるな」
オピュクス「どういうことだ?私は何も感じないが?」
ヴァング「…出て来い、『ミラージュモン』」
ミラージュ「…ばれてましたか」
壁から突然ミラージュモンが現れる。
ヴァング「このようなことをするのはお前ぐらいだ…」
ミラージュ「おやおや…随分と私を気にしてくれているようで…」
ヴァング「お前には聞きたいことがある…それに、お前と決着を付けねばな。俺はそのためにここまで来た」
ミラージュ「そうですか…ならば、相手になりましょう」

第70話 完
次回 剛輔