※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カプリコ「俺にとってそれは単なる枷でしかない…」
レオモン「グルルルルル…」
スネイク「どういうことだレオモン!お前が裏切るなどと…」
ロンド「さてと…こっちは大量の兵、そっちは疲労が溜まった数人、どっちが有利かなぁ」

第58話 撤退

前回のあらすじ
無事に合流することが出来た龍たちに突如援軍が襲い掛かる。
その援軍の中にはスターレジェンズであったカプリコモン、そしてレオモンの姿があった。

スネイク「レオモン、答えろ!何故お前がそちら側にいる!」
ロンド「あ、無駄だから。それただの獣だし」
レオ「グルル…」
龍「レオモン…」
ナイフ「師匠…あなたは…」
カプリコ「お前も割り切れ、今の俺はお前の敵なんだ」
ワイバー「お、おいどうすんだよ!これじゃあ…」
バルト「うるさい!少し黙ってろ!」
バルトモンに一喝されたワイバーモンはすぐに静かになる。
そう、騒いでいる問題では無いのだ。
だが、それ以前にバルトモンは焦っていた。
カプリコ「さて…どうする?このまま死を選ぶか…それと抵抗して微かな希望を掴むか」
ロンド「何言ってんだよ、この軍勢だよ?こいつ等に希望なんて全く無いね」
春名「折角助けられたのに…」
ガンム「チッ…これじゃあ…」
誡「…じゃあ諦めて死ぬの?」
ナイフ「か、誡殿…」
誡「僕は嫌だよ?死にたくなんて無いからね…」
剛輔「死ぬ気など無い…まだやらなければならないことがある」
スネイク「剛輔…確かに、そうだな」
アクア「ここまで来て何も出来ないわけないよ、私達なら…できる」
春名「そうだね…諦めてられないよね」
ガンム「ったくホントに…バカだな」
龍「お前だってやる気なクセに…じゃ、行くか!」

一方、プリズムキャッスル付近の森の中。
ライブラ「…どうやら状況は劣勢のようだな」
アリエス「えぇ…ですが、彼はそれも想定内だったようです」
ライブラ「確かに…お前を呼びつけるくらいだからな…」
アリエス「さて、それでは私は彼等を迎えに行きましょう…最終決戦も近いことですし」
ライブラ「頼むぞ…未来を担うものたちのために」

ガト「オラオラオラオラ!」
ショット「チッ!次!」
多勢に無勢…まさに一方的な戦いであった。
ヤイバ「さすがに…多いね」
ソード「だが…止まるわけには行かない!」
敵を倒しても倒しても次がどんどん押し寄せてくる。
セイレー「あぁっ!」
ハイドロ「春名!このっ!」
必死に戦うも疲労はどんどん溜まっていく。
オピュクス「クソッ!」
ヴァング「怯むな!やられるぞ!」
精神力も体力も限界に達していた。
ワイバー「俺だって!俺だって!」
バルト「クッ…このままでは…」
ロンド「…良くやるねぇ…感心しちゃうよ」
カプリコ「ここまで戦い抜いたものたちだ…そう簡単にはいかないだろう」
ロンド「そっか…じゃ、そろそろ僕達も参加しようか」
レオ「グルルルルルルル…」
必死に戦うものたちに歩み寄る強敵。
ソード「師匠!」
カプリコ「強くなったな…だが、今のお前では俺には勝てん!」
ソードモンの剣を払い詰め寄る。
ソードモンはそれを跳んで距離をとった。
オピュクス「レオモン!目を覚ませ!」
レオ「ガアアアアアアッ!」
レオモンはまさに獣のごとく飛びつく。
オピュクスモンは腕の爪で受け止めた。
ロンド「全くまじめになっちゃって…疲れない?」
ガト「うるせぇ!こっちは負けられねぇんだよ!」
皆が傷つき、そして疲労していく。
このままではやられるのも時間の問題であった。
ショット「なぁ剛輔…そういえばここから脱出するあてがあるとか言ってたよな」
ヴァング「あぁ…そろそろだ」
その言葉と共に一人の獣人が現れる。
アリエス「皆さん、お待たせしました!」
セイレー「アリエスモン?!」
ハイドロ「何でここに…」
アリエス「説明は後です!早く私の近くに!」
ワイバー「近くにってどうすんだよ!」
バルト「とにかく行くぞ!」
彼等はアリエスモンの近くに寄った。
ロンド「何アレ?何するつもりかな?」
カプリコ「させるか!」
アリエス「それでは…跳びますよ!」
突如、彼等の体が消えていく。
ほんの数秒の間に彼等はいなくなってしまった。
カプリコ「チッ…逃げられたか…」
ロンド「へぇ、すごいねぇ…じゃ、戻ろっか!もうへとへとだし」
カプリコ「…あぁ」

アリエス「はぁ…はぁ…さすがにこの人数は疲れました…」
剛輔「助かった…礼を言う」
アリエスモンが跳んだ先…そこはライブラモンの家だった。
龍「まさかまたここに来ることになるとはな…」
ライブラ「お前達…無事で何よりだ」
春名「あ、どうも…」
バルト「…で、これからどうするんだ?」
ライブラ「…カオスモンの居場所が発覚した。心身を休めた後、最終決戦に挑む」
誡「そうか…もう、そこまで来たんだ…」
ナイフ「誡殿…」
ライブラ「その前に、お前達に渡しておきたいものがある」
ライブラモンはある機械を四人に差し出した。
剛輔「…これは?」
ライブラ「私が開発したD・フォン用のグレードアップパーツだ…」
龍「グレードアップ?どうなるんだ?」
ライブラ「D・フォンとは本来DWとお前達の世界をつなぐためのもの。そしてこれを使えば…お前達の世界とDWを行き来することが出来る。」
龍「え…」
誡「…そっか」
剛輔「これを使えば…」
春名「私達…帰れるの?」
ライブラ「もし戦いたくないのであれば帰るといい…明日、決断を聞こう。それまでゆっくりと考えることだ」

第58話 完
次回 決断