※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ワイバー「駄目だ!今行ってもあの速さじゃ追いつかない!」
バルト「畜生…誡…」
クロー「見つけたぞ…浅野龍!」
ショット「また会えたな…誡!」

第47話 解放

前回のあらすじ
龍と別行動をとりプリズムキャッスルを目指していたバルトモンとワイバーモンはクローモンと遭遇する。
龍がいないことに気づいたクローモンは二人の攻撃を振り切った。

ショット「やっと…やっと会えたな…」
クロー「あぁ…この日を待ちわびていた」
互いに会うことを望んでいた二人。しかしその目的は大きく違った。
ショット「…正直、お前が何でそっちにいるのかは知らない…だが、だからこそ俺はお前を止める!」
クロー「止める?何を言っている!僕は君を殺す!ただそれだけだ!」
クローモンはすぐさま近づき、その爪を振り下ろした。
ショットモンはすぐさま腕の銃で防ぐ。
ショット「クッ…」
クロー「お前の力は遠距離で発揮される…接近すれば撃てまい!」
ショット「畜生…なめるな!」
腕の銃を振られ、クローモンは跳びあがる。
そこへすぐさま銃を構えたショットモンが発砲する。
クロー「チッ…」
ショット「空中にいる間は激しい動きはできない!そこを付けば…」
クロー「甘い!」
クローモンはその銃弾を弾く。
クローモンが切り裂こうとすればショットモンはそれを受け止める。
ショットモンが撃てばクローモンはそれを弾く。
互いに有利な距離は違えど勝負は殆ど互角。
そして決め手が無いままどんどん互いの疲労は溜まっていく。
ショット「何でお前が俺を憎んでるかは知らない!だが憎しみからは何も生まれない!」

『大丈夫!俺を信じな!』

クロー「うるさい!お前といると不快だ!さっさと殺す!」
ショット「誡!お前の本当の気持ちを思い出せ!」

『誡とまた一緒になれて良かったよ!』

クロー「黙れ!僕は誡じゃない!僕はクローモンだ!」
ショット「お前がどう思っててもお前は誡だ!俺にはわかる!」

『大切な仲間だからな』

クロー「黙れ!黙れ!黙れ!僕は『水野誡』じゃない!僕は!僕は!」
ショット「誡…お前…」
クロー「僕はクローモン!お前を殺すために戦う!」
ショット「誡!」
クロー「僕は憎い!お前が!僕を苦しめるお前が憎い!だから戦う!僕はそれだけだ!」
ショット「違う!そんなの逃げてるだけだ!」
クロー「ふざけるな!僕は違う!僕は『水野誡』じゃない!僕は逃げてはいない!」
ショット「誡…だったら目を覚ませ!」
クロー「うるさい!」
クローモンはショットモンの銃を弾くとそのままショットモンを押し倒す。
そしてその爪をショットモンの喉に突き立てた。
ショット「クッ…」
クロー「クソッ…クソッ…なんでだよ…」
だがその爪は動かない…いや、動かせない。
クロー「何で…何で動かない!」
力を込めようとしても動かない。
クロー「何で…何で…こんなに憎いのに…」
ショットモンの顔に雫が落ちる。
その雫は…クローモンの目から落ちていた。
クロー「どうして…どうしてこんなに悲しい…どうしてこんなにも苦しい…」
ショット「誡…」
クロー「どうして…あ…ガァァァッ!」
突如、クローモンは頭を抱えて苦しみだした。
ショット「誡!」
クロー「コロセ…駄目だ…僕は…コロセ…違う…僕は…龍…コロセ…」
ショット「チッ…」
クローモンが苦しんでいる間にショットモンは銃を構える。
ショット「ちょっと痛いだろうけど…我慢してくれよな…」
クロー「あ、が…」
ショットモンは引き金を引く。
その弾はクローモンを貫く。
クローモンはその場に倒れた。
そしてその体は消えていき、そこには一人の少年…『水野誡』が残った。
ショット「…やっと…やっと助けられたな…誡」

第47話 完
次回 優越