※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

剛輔「はぁ…はぁ…」
深い森の中、剛輔は1人倒れていた。
剛輔「はぁ…畜生…あいつを…倒さなくては…」
剛輔の意識はそこで途切れた。

第27話 作品

前回のあらすじ
剛輔を追っていた龍達はレオモンと遭遇する。
しかし、そこに理性を失ったタラチュラモンが襲いかかった。
タラチュラモンを消滅させてしまった龍達は強くなる事を願った。

剛輔「…ん」
???「目が覚めましたか」
剛輔が目を覚ますとそこは家の中であった。
剛輔「…おまえは…バルゴモン…」
バルゴ「貴方が倒れていて…心配しましたよ」
バルゴモン。体中から聖なるオーラを発する天女型デジモン。必殺技はセイントオーム。
剛輔「そうか…」
バルゴ「ところで彼は?今は1人なのですか?」
剛輔「そ、それは…」
ハーピ「おや、目を覚ましましたか」
ハーピモン。美しい翼の腕と女性のような上半身を持つ幻獣型デジモン。必殺技はウィンドシーカー。
バルゴ「えぇ、すいません、この部屋を使わせてもらって…」
ハーピ「良いんですよ、今ここが平和なのは貴方のおかげですから…それでは」
ハーピモンは部屋を出ていった。
剛輔「…ずっとここにいるのか?」
バルゴ「えぇ、ここにはいろいろと恩が有りますから…それにスターレジェンズは人々を護るのが本来の使命ですから」
剛輔「そうか…」
バルゴ「さて、まだ寝ててくださいね…傷が癒えていませんから」
剛輔「…残念だがゆっくりと寝ている暇はない…」
バルゴ「…例の目的の為ですか?」
剛輔「あぁ…おれは必ずあいつを…スラッシュモンを倒さなくては…」
バルゴ「…わかりました、でも一晩くらいは泊まって下さい」
剛輔「だが…」
バルゴ「お願いします」
剛輔「…わかった」

夜、剛輔はバルゴモン、ハーピモンと共に食事をとっていた。
剛輔「…のどかな所なんだな、ここは」
バルゴ「えぇ、特に争いごとも無く平和な場所ですね」
ハーピ「これも全部バルゴモンさんのおかげですよ」
バルゴ「いえ、私は別に何もしていませんよ」
剛輔「そうでもない、現に俺も少し心が和んでいる…こんな気分は久しぶりだ」
バルゴ「剛輔さんまでそんな…」
その時…ドゴーン!
剛輔「な、何だ?!」
バルゴ「外です!」

剛輔達が外に出ると辺りは焼け野原となっていた。
ハーピ「酷い…」
剛輔「誰だ…出て来い!」
???「ふん…やはりここに居たか…蛇神剛輔」
バルゴ「誰です、貴方は…」
シレイ「これはこれはスターレジェンズのバルゴモンではないか…我輩はシレイモン、しがない研究者だよ」
シレイモン。闇の力で操る力を持つ幽霊型デジモン。必殺技はシャドーアロー。
剛輔「その研究者が何故このような事を…」
シレイ「ふん…今回は私の作品第3号『デンスモン』のテストで来たのだ」
デンス「ハカイ…ユカイ…」
デンスモン。悪により造られた亜戦士型デジモン。必殺技はネオ・ダークネス。
剛輔「クッ…こうなれば…」
バルゴ「剛輔さん、下がっていてください」
剛輔「しかし…」
バルゴ「貴方の力は貴方自身を滅ぼす恐れのある諸刃の剣です…ここは私に任せてください」
ハーピ「私も及ばずながら助力します」
シレイ「スターレジェンズとの戦闘データが取れるとは…運が良いものだ」
バルゴ「その研究、ここで終わりになるかもしれませんよ?」
シレイ「ご冗談を…ヤレ」
デンス「イエッサー」
デンスモンはゆっくりとバルゴモンに迫っていく。
バルゴ「私はそう簡単にはやられませんよ…」
デンス「…イタイ…イタクナイ…」
バルゴモンは気の力で攻撃するもデンスモンはダメージを受けている様子ではない。
剛輔「クッ…こいつ、効いているのか?」
シレイ「ふん…こいつに生半端な攻撃は効かんよ…」
ハーピ「クッ…ウィンドシーカー!」
真空の刃がデンスモンに向かうがまったく効いていない。
デンス「ヒッサツワザ…メイチュウ…ハンゲキ…ネオ・ダークネス」
ハーピ「アァッ!!」
バルゴ「ハーピモン!」
ハーピモンはデンスモンの放った光球を受けて倒れてしまった。
シレイ「ふん…ちょうどいい研究材料が見つかった…デンスモン、捕獲しろ」
デンス「イエッサー」
剛輔「このままじゃ…」
???「いかに硬い体を持っていてもそこには必ず弱点が存在する…そこを突けば!」
デンス「グゥゥ…」
突如飛んできた水弾によりデンスモンにダメージを与えた。
シレイ「これは…デンスモン、引くぞ…」
デンス「イエッサー」
シレイモンとデンスモンは去っていった。
ハーピ「た、助かったんですか?」
剛輔「あぁ…だがこの攻撃は…」
アクエリ「大丈夫か、君達」
アクエリモン。体内にポンプを持つマシーン型デジモン。必殺技はオーロラサンダーエクスキューション。
バルゴ「アクエリモン…」
剛輔「アクエリモン…お前まで」
アクエリ「…剛輔、君か」
ハーピ「助かりました…ありがとうございます!」

翌日…
アクエリ「本当に行くのか…」
剛輔「あぁ…傷も癒えた事だしここで長居している暇は無い」
バルゴ「貴方に平穏が訪れる事を祈ります」
ハーピ「気をつけてくださいね…」
剛輔「アクエリモン…お前はどうするんだ?」
アクエリ「しばらくここに残ろうと思う…ハーピモンを守らなくてはならないからな」
剛輔「そうか…じゃあな」
剛輔は1人去っていった。

そのころ、何処かにある研究室で…
シレイ「まさかスターレジェンズが2体も現れるとは…」
???「ざまぁねぇな、おっさん」
シレイ「だ、誰だ!」
???「まぁまぁそう慌てるなって…アンタに頼みがあってな…」
シレイ「ふん…賞金稼ぎが何のようだ…」
リフレク「アンタに俺を改造して欲しいんだよ」
そこには復讐に燃える瞳があった。

第27話 完
次回 招待