※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

剛輔「貴様…さっきから見てるだけだったな…」
アリエス「えぇ…ところで」
アクア「?なあに?」
アリエス「皆さんの秘密、知りたくありませんか?」

第21話 使命

前回のあらすじ
龍の携帯を探すため再び海岸へと訪れた龍達。そこでスターレジェンズの一人、アリエスモンと出会う。
そしてスレイブモンに襲われた龍達は偶然にも誡達と再開、スレイプモンを倒した。

龍「秘密?」
誡「何なの、それ」
春名「知りたい知りたい!」
剛輔「フン!」
アリエス「あなた方が伝説の4人の勇者だということは知ってますね?」
ガンム「あぁ、龍達はそのために人間界とか言うところから飛ばされてきたんだよな」
龍「おう、そうだぞ」
誡「たしか携帯が届いてそれから…」
春名「あ、私もそうだった」
そういうと3人は携帯を取り出す。
龍「剛輔、お前は?」
誡「たしか貴方も携帯を持ってたよね」
剛輔「…これがただの携帯と思ってるのか?」
誡「それはないね、少なくともナイフモン達を進化させることができる」
龍「デジタルアーマーってやつも出せたし…」
ナイフ「それで、それだけでは?」
スネイク「そんな事なら剛輔も必死に探したりはしない!」
龍「確かに探してたとき熱心だったな…」
アリエス「その携帯の名は『D・フォン』です」
アクア「…安直なネーミングね」
ガンム「…だな」
アリエス「…続けても良いですか?」
誡「…どうぞ」
アリエス「そのD・フォンは人間界とDWを繋ぐ為の物です。そしてあなた方はこの混乱を止めるために選ばれたのです」
誡「…何故?」
ナイフ「誡殿…」
誡「何故、僕達が選ばれたの?」
アリエス「それは…」
誡「僕達はそれぞれここに来る前は普通に暮らしてたんだ…他の人達と同じように」
アリエス「…解りません」
春名「な…無責任!」
アリエス「私が選んだわけではないんです!貴方達を選んだのは…」
???「おっとそこまでだぜ…」
ナイフ「曲者!」
アクア「誰よ!」
リフレク「俺はリフレクモン、しがない賞金稼ぎさ」
リフレクモン。巨大な針をもつ昆虫型デジモン。必殺技はリフレクトスピアー。
剛輔「賞金稼ぎがなぜこんな所に!」
リフレク「あんた等は裏じゃ結構な賞金が掛かってんだぜ!今回で最後の一人の外見も分かったしな!」
剛輔「チッ…もう顔が割れたか…」
龍「何で俺達まで?」
リフレク「あんだけ目立った行動してんだから当然だろう!見たぜ、ディードラモン達との戦闘…」
誡「…まさか、彼等も!」
リフレク「あぁ、俺と同業者さ!ただ向こうは依頼があってのことだったらしいがな…」
アリエス「…皆さん」
誡「何?」
アリエス「…ほとんど知らない私がとよかく言うのもなんですけど…お願いします、私達に力を貸してください。」
龍「…何を今更」
誡「何が何だかわからないけど…いまさら黙って見てられないよ」
春名「それに何もしないって嫌だから…」
剛輔「…やるからには気を抜くなよ…」
龍「わかってるって」
ガンム「そう言うこった」
ナイフ「我々はやり遂げますよ」
アクア「さてと、それじゃあまずは目の前の敵をどうにかしなくちゃね」
スネイク「…行くぞ!」
アリエス「…皆さん…」
リフレク「何つべこべ言ってんだ!あんた等を倒して俺が賞金を手に入れるんだ!」
龍「させるかよ!」

第21話 完
次回 猛攻