※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スネイク「どうした?」
龍「…てめぇ…」
剛輔「貴様は…潰す!」
ミラージュ「このミラージュモンの幻想…思い知るが良い。」

第15話 武装

前回のあらすじ
龍は突然ただの岩がクワガ-モンに見え、春名達とはぐれてしまう
そして偶然剛輔達と会ったが、剛輔と共にミラージュモンの幻想にとらわれてしまった。

龍「お前もずいぶん汚いことするな!」
龍の目の前に映ったのはトラップマスタースパイダモンだった。
剛輔「貴様…今度こそ逃がさん!」
そして剛輔の前に見えたのはミラージュモンであった。
スネイク「剛輔、どうした!奴はここにはいない!」
剛輔「…貴様!」
龍「こん畜生!」
二人は殴り合った。二人には目の前にいるのが敵だと思っているのだ。
スネイク「そんな…判断力まで鈍っているのか…」
剛輔「貴様に俺の事を知る権利は無い!」
龍「さっさと諦めたらどうだ!」
スネイク「クッ…一体どうした!」

ミラージュ「おやおや、二人とも好戦的のようですね…」
ミラージュモンは一人その様子を眺めていた。
ミラージュ「さて、そのまま同士討ちなど…ん?」

龍「オラオラ!」
剛輔「あいつの居場所を知っているのか!」
スネイク「…?!何か来る!」
スナイ「ヒャッヒャッヒャ!身包み置いてけ!」
スナイモン。巨大な鎌を持つ昆虫型デジモン。必殺技はシャドルシックル。
スネイク「ここらで暴れている山賊の一味か!」
スナイ「ヒャッヒャッヒャ!これでも食らえ!」
スナイモンは剛輔にむけて刃物を振り落とした。
スネイク「剛輔!」
剛輔「…ハッ!スネイクモン?!」
スネイクモンは剛輔をかばい切られていた。
剛輔「ク…」
龍「この野郎!」
剛輔「お前は黙ってろ!」
剛輔は龍を殴り飛ばした。
龍「イテッ!何だよ一体!…ん?」
そのとき、携帯から音が鳴った。
龍「何だ…デジタルアーマー?」
剛輔「何!龍、それをダウンロードしろ!」
龍「え?」
剛輔「えじゃない!早く!」
龍「分かったよ…」
龍は携帯のボタンを押した。
龍「デジタルアーマーダウンロード!」
そのとき、光が龍を包んだ。そして…
ショット「ショットモン!」
ショットモン。右手にスナイパーライフルを持っている戦士型デジモン。必殺技はスナイパーショット。
ショット「え…これって…」
スナイ「ヒャッヒャッヒャ!それがどうした!シャドウシックル!」
ショット「ウワァ!こん畜生!」
ショットモンの弾丸はスナイモンを貫き、スナイモンはその場に倒れた。
ショット「何だよ…この力…しかもあいつも貫通したのに生きてるし…」

剛輔「で…何でついてくる!」
龍「だって一人じゃ迷っちまうしお前についてけば皆に会えるかも知れないからさ!」
剛輔「貴様…」
スネイク「剛輔、ほっとけ…」
龍「それに何となくお前のこと知りたくてさ!」
剛輔「…勝手にしろ!」
龍「おう!」

ミラージュ「チッ…思わぬところで邪魔が入りましたね…」
???「苦戦しているようだな…」
ミラージュ「おや、君ですか。どうしました?」
???「いや、君の策略で戦力ダウンした彼らを貰う許可をもらおうと思ってな…」
ミラージュ「いいですよ。彼らは私の眼中にはないのでね…」
???「良かった…今回はそれだけだ…」
ミラージュ「それでは彼らを頼みましたよ…ドーケモン」

第15話 完
次回 道化