※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モノクロ「どうもすいません…」
龍「いいってことよ!」
モノクロ「御礼と言ってはなんですけど…今夜ご馳走しましょう」
春名「やったー!」

第13話 休息

前回のあらすじ
打ち合うものも、お互いに決定打を浴びせられなかったキッドモンとディードラモン。
しかし、龍の行動によってディードラモンは怒り、乱射を始めた。
そして龍の機転によって勝利を収めたのであった。

夜…
龍「ムシャムシャ…ほれ、ふへえは!」
誡「食べるかしゃべるかどっちかにしなよ…」
春名「おいしー!」
ガンム「これもこれも…アチィ!」
アクア「バッカみたい!落ち着いて食べないからよ!」
ガンム「畜生…」
アクア「さて…冷たい!」
ガンム「アホか!落ち着いて食わないからだよ!」
アクア「何よ!」
ガンム「何だよ!」
ナイフ「二人とも…食事中ぐらい静かにせい!」
モノクロ「まぁまぁ…どうぞごゆっくり…」

龍「はぁ…極楽極楽…」
ガンム「良いフロだな…」
誡「二人とも親父臭い…」
ナイフ「同感…」
龍「…おい」
ガンム「何?」
龍「よく見ると隙間空いてるんだけどさ…」
ガンム「覗きか?止めとけ止めとけ、覗いてでも見たい奴なんていないだろ」
龍「それでもやりたいのが男って者だ!」
ガンム「はいはい…じゃ、一人でやってらっしゃい」
龍「おう…どれどれ…」
龍は隙間を覗いてみるが湯気でよく見えない。
龍「み…見えねぇ…こうなったら上だ!」

そのころ春名とアクアモンは…
アクア「あつ…」
春名「アクアモンはお湯より水のほうが好きだもんね」
アクア「み…水風呂ない?」
春名「向こうにあったと思ったけど…」
アクア「ホント!じゃ、向こう行ってくる!」
そう言うとアクアモンは水風呂の方へと行ってしまった。
春名「全く…ハッ、殺気!」
それはちょうど龍が隙間を覗きこんだときだった。
春名「…誰かいる…そこ!」
春名は桶を投げつける。だがその先には…
龍「イテッ!」
ガンム「おい、龍!」
誡「大丈夫?」
春名「…結果オーライ♪」

???「まさかこの私を見抜くとは…彼女も侮れんな…」
そこには覗きではない別の者が居た。

朝…
龍「じゃあ俺達はいくぜ」
モノクロ「どうもありがとうございました…」
誡「じゃ、これで」
そう言うと龍達はモノクロモンの村を後にした。

龍「いてててて…」
春名「まだ痛む?」
誡「自業自得だね…」
ナイフ「同意…」
龍「まあなんにしても誡とまた一緒になれて良かったよ!」
誡「そのことだけど…僕達は別行動をとろうと思うんだ…」
ガンム「な…なんでだよ!」
誡「僕達はまだまだ知らない事が多すぎる…だから僕は知りたい、ここで僕達は何をすべきかを…」
龍「…分かった、何時か…また会おうな!」
誡「うん!」
そうして龍とガンムモンと春名とアクアモン、そして誡とナイフモンはそれぞれ別の道を進んだ。

第13話 完
次回 幻想