※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボーグ「メン、メン、メーン!」
ブレード「クッ…」
ボーグ「フハハハハ!さっきの威勢はどうした!」
ブレード「ヌゥ…」

第11話 奥義

前回のあらすじ
運命的に再会を果たした龍と誡。だがその喜びを分かち合うヒマもなく戦いは続く
スパイダモンと戦っていた春名とアクアモンは卑劣な作戦によって窮地に追いやられてしまう
しかし、互いの信じる心によってスパイダモンを倒したのであった

ボーグ「フハハハハ!どうした、これで終わりか!」
誡「ブレードモン!」
ブレード「クッ…負けるわけにはいかぬ!テイ、テイ、テーイ!」
ボーグ「まだ甘いな!」
ブレード「グアァァァ!」
そう言うとボーグモンはブレードモンの太刀を受け流し背後から一撃を加えた。
誡「ブレードモン、どうしたの!いつもの君なら…」
ブレード「クソ…畜生!テイ、タァ、トゥ!」
ブレードモンは立て続けに刀を振り下ろすもボーグモンはそれをすべて避ける。
ボーグ「フハハハハ!お前は所詮その程度なのか?!」
ブレード「クゥ…」
誡「ブレードモン!」
ブレード「か…誡殿…」
誡「ブレードモン、落ち着いて!君はどうしたの!」
ブレード「わ…私は…」
誡「…僕の心配をしてるの?」
ブレード「い…いえ…」
誡「たとえどんな事も考えていたとしても僕はあなたのあしかせにはなりたくない…だから君は君の戦いをして!」
ブレード「私の…戦い…」

一昔前
ナイフ「師匠、今日はどんなご用時で?」
師匠「うむ、ナイフモンよ。お前はなぜ戦う?」
ナイフ「なぜ?」
師匠「ふ、まだ答えを出さずとも良い。だが、その答えが出た場合、それを貫かなければならん」
ナイフ「はい…」
師匠「そのためにお前に奥義を授ける。今から授ける奥義はその自分の戦いのためだけに使うのだ」
ナイフ「はい!」

ブレード「私の…戦いは…」
ボーグ「どうした、来ないならこちらから行くぞ!秘儀・笹鞘割!」
そう言うとボーグモンはブレードモンに向かってきた。
ブレード「私の戦いは…大切なものを守るための戦い!」
ブレードモンはしゃがみボーグモンの太刀をかわした。
ブレード「受けてみよ、奥義・風刃切り!」
ボーグ「な…見事…」
そう言うとボーグモンはその場に倒れた。
誡「ブレードモン!」
ブレード「誡殿…私は龍殿達と再会した事で誡殿の事を案じ、酷く動揺していました…しかし、誡殿はあのときとは違う…」
誡「ブレードモン…」

龍「良し、行くぞキッドモン!」
キッド「おうよ!」
ディードラ「その威勢が何時まで続けられるかな!ディーレーザー!」
キッド「うるせぇよ!ブレイブリボルバー!」

第11話 完
次回 決着