※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あらすじ
デビドラモンと戦いを繰り広げるキュウビモン。
しかし、キュウビモンはデビドラモンの「レッドアイ」で、身動きがとれなくなり、
「クリムゾンネイル」をもろに受け、倒れる。
デビドラモンの一方的な攻撃に思わず叫ぶえりか。
しかし、キュウビモンは幻術を使い幻覚を見せていた。
そして新必殺技「双頭孤炎龍」でデビドラモンを撃破することに成功した。

ドンッ!!ドバーーーーン!!
シーサモンVSランクスモン
激闘を繰り広げる。
シュッ!タッ!!
煙から現れるシーサモン。
「シーサモン!!」「・・・・はあ、はあ」

21th moment ~予兆~

「シーサモン、大丈夫か?」
「ああ・・・・なんとか。海人、こいつ強い・・・!!」
シュウ・・・・ 「グルルル・・・」
煙の中からランクスモンが現れる。
「ティーダ・イヤ!!」
シーサモン、太陽光の矢をランクスモンに降らす。
ゴーーーー!!バアーーーーン!!
が、ランクスモンは「サーマルメイン」で爆発を起こし、矢をすべて消しさった。
「うがああああっっ!!」
さらにシーサモンはその爆風に巻き込まれてふきとぶ。
ドーーーン!!・・・・建物が崩れた。
「シーサモン!!」
「くう・・・・・・」
「シーサモン、今日も空は晴れている・・・あれを!」
「ああ!!」
海人にそう言われると・・・
「は~あ!!」
と、シーサモンの周りを聖なる光が包む。
そしてその光が収束し、刃状に形成されていく。
「太陽剣(コロナブレード)!!」
そしてできた剣を口でくわえる。
「・・・・・・!!」
「さあ、シーサモン、反撃だ!!」

「な、なんじゃこりゃ・・・・!!」
表通りにでたとき、龍也は我が目を疑った。
大量のデジモンがコザの街を我がもの顔で暴れまわっているのだ。彼はその騒動が起こってたことを知らなかたった。
「おいおい、まじかよ。紗愛すずあちゃんへの記憶消去の意味ねえよ・・・。しかも人が集まるからたくさんの人が目撃してるし。」
「どうすんの龍也~?」
「と、とりあえずこの騒動を鎮めないことには・・・」
「どうやって?」
「倒すんだよ!いくぞ!!」

そのころえりかとレナモンは・・・
「何してんだよ英二!!」
「なんだよ、オマエこそどこ行ってたんだよ勝!」
「オレ・・・探したんだぞ!?」「は?オレもだよ。てか、道迷ってんじゃねえよ。」
「オマエだろ、迷ってたの!」「オレはあっちだって言ったのによ・・・」
「あ、あの・・・・」
「あ、君は隣のクラスの転校生じゃん、肝試しにもひとりでいたし。てか龍也とも知りいなんだよな・・・。」
えりかを発見(?)し、勝が言った。
「すずあちゃんにも言ったけど、あの子かんちがいするからなあ。」
「すずあ・・・・?」
「ああ、うちの部のマネージャー。まあ、気にしないで。」
「そんなことより大変なんだよ!」
「どうした?」
「へんな生物が街で大量発生してんだよ!」
「はあ!?」
勝のその言葉に、一番驚いたのはえりかであった
「えりか・・・」
「きつね!?」レナモンを見た勝が驚く。
「デジモンがこんなにも・・・!!」
えりかはデジヴァイスを見て驚いた。
      • だが、さらに驚くべきことがあった。
「えりか、あれ・・・」
「・・・・・・!!」
えりかは言葉を失った。
      • 空にヒビが入っているかのようだった。いや、割れていた。
どうやら中心部の上空のようだが・・・
「何かが・・・起こる?」
「・・・行くわよ、レナモン。」
言葉を失っていたえりかだが、すぐに気をとりなおし・・・。
「・・・・あんたたちも、帰りなさい。ここは危険なの。そして、見たことは忘れること!いいわね!?」
そして、えりかとレナモンは走り去っていった。
「・・・・・・」取り残される二人・・・。

「メタルキャノン!!」「ぎゃあ!」ドルモンの吐いた鉄球がギザモンに命中する。
「うりゃあ!」龍也は蹴りでデジモンたちと戦う・・・。
しかし数が多く・・・
「きりがないな・・・・進化だ!!」と、龍也。
「でも龍也、ここじゃあ・・・」「く・・・・・」
「・・・!!龍也、あれ!」「・・・・・!!」
ドルモンが見たほうを見る。龍也も、えりか達が見たような空を見たのだった。
「なんだよ、あれ・・・・」「僕、嫌な予感がする・・・。」
「とりあえず・・・言ってみよう、何かわかるかもしれない・・・」

ドン!!バアーーーン!!!
街中を疾走しながら、武器を持ったシーサモンとランクスモンが激闘を繰り広げる。
ザッ!シュンッ!!
        • 突然、シーサモンに突進してきた。
「ワイルド・ネイル・ラッシュ」。ランクスモンの連続したツメ攻撃。
ザザザザザザザ!!
「はっ!はっ!はっ!はっ!」
しかしその攻撃をコロナブレードですべてはじき返す。
何度も何度もそれが繰り返される。
ギャイイイイイン!!!
大きな音を立て、お互いが間合いをとる。
「・・・・・・・・・」
しばらく沈黙が続いたが・・・。
ズバアアアン! 「ぎゃあああああ!!!」
ランクスモンの前両足のツメが割れ、悲鳴を上げる。

ボーーーーーン!!
と、怒りによってランクスモンの炎がさらに大きく燃え盛る。
「うっ・・・・やべえ・・・勝てるか?シーサモン。」
「わからない。いちかばちか・・・・やってみる!!」

シュッ!ダッッッッ!!!
シーサモンは、ランクスモンに向かってダッシュ!!
そしてシーサモンに飛び掛る・・・!!
「ガアアアア!!」 ズドーーーーーン!!
と、「サーマルメイン」で大爆発を起こすランクスモン。
しかし、シーサモンは熱と爆風を吹き飛ばし・・・。
ズバアアアアーーーーーン!!
コロナブレードでランクスモンを真っ二つに!!
「・・・・・・・よっしゃ!!」
ランクスモンは消滅した。

「海人・・・・あれ。」「なんだあれ・・・」
海人たちも割れた空を見た。
「龍也がいる・・・コザの中心地か・・・。」
「行こう!!」
        • と!!
蛾の姿をしたフライモン、小悪魔型のイビルモンが立ちふさがる。
「ナイトメアショック!!」必殺技の超音波。
「デッドリースティング!!」フライモンの毒針を飛ばす必殺技。
不意打ちに、苦戦するシーサモン。
「くう・・・はっ!!」
ズバッ!ズバッ!
しかしコロナブレードで2体を撃破する。
しかし・・・・!!
「ナイトメアショック~~!!!」「うがあ・・・・・!」
イビルモン、フライモンの大群が・・・。
「(多い・・・・・!!)」と、海人。
バアンッ!!
「・・・・・・・!!」
 銃声だ。音のした先には・・・・軍服に身を包んだ兵士が複数立っていた。
「ま、まさか・・・・」

「・・・・・・・・!!」
龍也たちのいる中心街にも・・・
無論、驚く一般人。だが彼らはき然として立っていた。
「アメリカ人!?くっそ・・・・もしや!」

                    • “米軍”!?

21th  movement end To be continue