※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006年夏、沖縄・・・・・
龍也たち、宜野湾東中学のサッカー部は、強豪・美南中学と練習試合をすることになる。
2年生の県外でも有名な選手・・・なんと彼は、以前龍也が出会った、ラブラモンをパートナーにしたテイマー・海人だった。
そしてついに試合開始!!
しかし前半開始5分で海人にゴールを決められ、前半終了には、4点のリードを許してしまう・・・。
そのとき、海人は何かを感じていた。そしてデジモンたちも。

     12th moment   ~異変~

バッシュ~~ン!!
後半キックオフ!!
「海人!!とれ・・・・・!!」
「はい!!!」
龍也たちチームのキックオフによりとんできたボールを受け止めようとする海人。
「あっ・・・・・」
胸で受け止めようとするが、うまくいかずボールをこぼしてしまう。
ボールはタッチラインを割った(外に出た)。

「どうした海人?前半の切れが無いぞ!?」
「すいません・・・・・」
海人は先輩に言われ、謝る。
「余裕じらーか?やー!」(余裕かましてんのか?おまえ!)
それを見て、龍也が言った。
「君は・・・・感じないのか?」
「・・・・は?何を・・・」

「なんだあいつら・・・・」「けんかか?」

「だからなんだって。・・・・・・・!!」
「・・・・・・だろ?」
「あれは・・・・霧?」
と、上空にうっすらと霧が出てきているのに気がついた。
しかも、運動場だけをおおうように・・・。
だが、本当に微量の霧なので、彼ら以外誰も気づいていないらしく、試合は続行される。

しかし数分後、その霧は次第に濃くなっていき、その異常に誰もが気づき始める。
「なんだあの霧・・・・」「今日は天気予報に霧だなんていってなかったのに・・・」
見物人やチームメイトが口々に言う・・・・。

「ほら・・・・やっぱし変だ。」と、海人。
「ああ・・・おかしい。」
その疑問は確信に変わっていた。
            • と!!

ゴオオオオオオオオオ
「・・・・・・!!!!“あの”感覚だ!!」龍也が言う。
そう、ドルモンと始めて出会った日・・・サイクロモンが現れた時の感覚である。
「・・・・・デジモンだ!!!」
そう海人が言ったとき、二人は同時に携帯電話(監督・コーチに預けている)が入っているかごに向かって走り出す!!
「海人!!」「龍也!!どうしたんだいきなり!!」

「逃げてええええ~~~!!」
そう海人が叫んだとき、ノイズが走った!!
      • と思うと、上空から何かが現れた!!

大きな翼を広げ、少し細身の竜のようなデジモンだ。
ゴオオオオオン!!!
と、さらに地中から、両肩から巨大な角を生やしたデジモンが現れた。

その瞬間、悲鳴やら絶叫やらが運動場を飛び交った!!
        • 驚くのも無理は無い。突然、怪物が現れたのだから。

「チェンジ!!」
それと同時に、二人は手をかざして言った!!
      • と、それぞれの携帯電話が、彼らの手元に飛んできた!!
すると、手の中でそれはデジヴァイスに変わっていった。
「ドルモン!リアライズ!!」「ラブラモン!リアライズ!!」
キュイイイイイン!!!
「ドルモン!!」「ラブラモン!!」
ドルモンとラブラモンがデジヴァイスのディスプレイから現れた。
「ようやく僕らの出番だぜ・・・」「海人!君は僕が守る!!」
「あいつら・・・」「ああ・・・・。」

ワイバーモン
大きな翼を持った、翼竜型デジモン。成熟期。
必殺技は、翼を大きく振り、空気の矢を相手にぶつける「エア・プロージョン」!!

タスクモン
両肩から巨大な角を生やした恐竜型デジモン。同じく成熟期。
必殺技は突進の勢いを加えた重いパンチを繰り出す「パンツァーナックル」!!

「うわああああああ!!!」
出現したデジモンとドルモン・ラブラモンを見た一人の男性が恐怖に震え、おおあせりで電話を取り出す。
「110番、110番・・・・!!!」
警察に電話をかけようと・・・・・しかし、画面には「圏外」の二文字が!!
そう、外の世界から“遮断”されたのだ!!

「あいつら、なんかおかしい・・・」海人のパートナー・ラブラモンが言った。
「んな・・・・・!!」と龍也。
「もうすでに “拡張(エクステンド)”してる・・・・!!」海人だ。

デジモンたちはすでに元の姿でなく、拡張を終えていたのだ。
「まさか・・・・龍也!!」
「ああ、進化だな!!」
ドルモンに言われ、デジヴァイスを持ち替える。
「僕たちも!!」「ああ!!」海人も自分のデジヴァイスを持ち替えた。

「BLOODY EVOLUTION!!」
龍也、以前と同じように、デジヴァイスから出た刃で手のひらを切りつけ、デジヴァイスを持った手を振り上げる。
「ドルモン進化!!・・・・・・ジオドルガモン!!」
「BLOODY EVOLUTION!!」
「ラブラモン進化!!・・・・・・シーサモン!!」
海人も。
シュウウウウウ
「シーサモン、タスクモンを頼む。龍也、ジオドルガモン、きみたちはワイバーモンを!!」
「ああ!わかってら!!空中戦だな!!ジオドルガモン、やつの相手をしてやろうぜ!!」
「オッケイ!!龍也~!!」
「行くぞシーサモン!!」
「ああ!!わかった海人!!」

戦いが始まった・・・・・!!!
そのころ・・・・

「宜野湾市・宜野湾東中学校上空に、巨大な霧が出現!!そのなかに“デジモン反応”を確認!!そして2体のデジモンの進化も確認!!テイマーも居合わせている模様!!」
女性の声が、誰かにそれを告げる。

「ああ、わかった!!調査を開始する!!」
ピッ!(携帯電話を切る音)
「・・・・・ついに動き出したか・・・・・!!」
黒い高級車に乗ったサングラスに黒スーツのあの男だ。

12th moment end
~To be continue~