※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

明日は、俺の所属しているサッカー部の練習試合だ。
そして今はそのミーティング・・・。

「明日の練習試合は、強豪・美南中とだ。あっちがここに来るから、歓迎してやれ。まあ、相手が相手だ、お前たちにはそれほど期待してない。まあ、(失点が)3点ぐらいで抑えるんだな、無理なオフェンスはすんな。ディフェンスだけに集中しろ。はははは」
「(そ・・・それでも監督か・・・?)」
「(監督が言うせりふじゃないよな・・・)」
「(監督がこんなだから弱いんじゃねえか、ここ・・・)」ブツブツブツブツ
複数の部員が心の中で口々に言う・・・
「あ、そうそう。うちの部にマネージャーが入ったぞ。」
「へえ~、どんな子だろ。」と龍也。
「こんにちは!!龍也君!!」
そこには・・・紗愛(すずあ)がいた。
「って、え~!!」驚きを隠せない龍也。
「俺たちが誘ったんだよ。」
「まあ、どうしてもっていうから。」
友人の英二と、少しぽっちゃりしたチームメイトが龍也に言った。
「っは~~~!?」
「2年4組の大城 紗愛(すずあ)だ。」監督兼コーチが紹介する。
「どうせ、家に帰っても、手伝いさせられるだけだもん・・・。だから、マネージャーになることにした。みなさん、よろしくね!!」
「ほんとはうれしいんでしょ?龍也。」
デジヴァイスの中にいるドルモンが話しかける。
「おい!バカ、今話しかけんなよ。」小声で注意する。
「は~い(笑)」
「ふう・・・。先が思いやられる・・・。」

そして翌日・・・・。

「ついに今日か・・・。」龍也が言った。
「俺たちの世代は、練習試合でも当たったことがない・・・。」と、英二。
「それに、すごい選手がいるんだ。」「えっと・・・誰?」
勝がそういうと、龍也は知らないという顔をしている。
「オマエ、知らないのか?」「・・・・うん。」
「2年にして、強豪・美南中のエース。」英二が言った。
「お、来たぜ!!」

      • ついに対面!!
「おまえは・・・・。」「君は・・・。」
なんと・・・それは龍也が出会った、ラブラモンをパートナーにする、海人だったのだ。
「お、オマエ・・・。サッカー部だったのか、知らんかった・・・。」
「へえ、僕もだよ・・・。」

「宮里 海人(みやざと かいと)。
美南中学校2年、サッカー部。県外でも有名なプレイヤー。
中学卒業後、プロ入りの呼び声も高い。
学業の成績も優秀。まさに天才少年。イケメン。逸材、天からの贈り物・・・。
去年の新人大会で有名になる。白いハンカチを持っていたので後に、ハンカチ皇子(おうじ)と呼ばれ・・・」
「だあ~~!!読むな!!べたぼめ!?しかもなんか被ってるし!!」
少しぽっちゃりとした友人、勝(まさる)が言うのをさえぎる龍也。
「はあ・・・どうりで聞いたことがあると思ったら・・・。」
「まあ、よろしくね。」海人が握手をしようと手を伸ばす。
「・・・・・おう!!」
それに答え、龍也も手をさしだし握手する。
海人は笑顔で接する。それに対し龍也も笑顔をみせる。
「お、仲良くなってんじゃねえか・・・」
グググググググ・・・
友人の英二がそう思ったのもつかの間、海人の手を強く握る龍也。
「ふふふふ」キランッッ!!
「んん・・・・・!(笑)」
「力勝負では負けてないつもりなのか・・・・」と、勝。
「龍也・・・・」「海人・・・・」
と、両者のパートナーデジモン、ドルモンとラブラモン。

そして試合開始・・・・・
審判のコイントス。龍也たち宜野湾東中の先攻(?)
そしてキックオフ!!
「よっしゃあ!!勝~~~つ!!」

シュッ!!パッ!
「行くぜ・・・!!」
キックオフから数分後、ボールをパスしてもらった龍也は敵陣へ突っ込んでいく。
「龍也パス!!」
しかしチームメイトの声を聞かず、突っ走る。
「強豪?たいしたことねえじゃん!!・・・!!」
と、海人が目の前に立ちはだかる。
「(こいつを抜いて決めたらかっこいいだろうな・・・)」「!!」
          • 抜いた!!
「もらった~~!!!」
バアアアアン!!ガシッ!!
シュート・・・!!しかしキーパーに止められた。
「うげっ!!」

バシュンッッッ!!
キーパーの大きなキックで、相手のボール!!
華麗なパス回しで、どんどん攻めていく。龍也たちはボールにさわれない・・・。

「海人!!」パッ!!「(ありがとう先輩・・・・!!)」
海人にボールが回った・・・!!
「おおおおおお・・・・!!」
どよめきが起こる。

「・・・美南中はそれぞれの選手が海人ほどずばぬけているわけでもない。
しかし・・・ワンマンチームではない。それぞれが信頼しあっている。強い信頼関係で結ばれている。だからこそ彼らは強い!!」
美南中のコーチは自信満々で言った!
シューーート!!!
「よっしゃあ~!!」

試合開始からわずか5分、海人のシュートにより1点を先制する美南中。
まわりから、歓声が飛び交う。
「まあ、あんなミーハーなやつ・・・・あの子がみてるわけねえだろ」と、龍也。
「・・・・・(かっこいい・・・)」ポッ
「って、見とれちゃってるし!!」
少~し気になってる人(龍也談)・・・紗愛は海人をみてるようだ。
もちろん、試合を観戦している女子も。
「ゆるさねえ・・・・いろんな意味で・・・」
龍也は海人にライバル心を燃やしていた・・・。
「僕、なんか悪いことした・・・?」「まあ・・・あいつのことだから・・・」
そんなことなど知らない海人。

その後、龍也たち宜野湾東中は、何度かチャンスを作ろうとする。
しかし、決定打はでないまま、次々と追加点を許してしまう・・・。
前半終了・・・・。スコアは4-0 無論、美南中の大量リードだ。

「はあ、はあ、はあ・・・強え・・・。」
龍也は、海人へのライバル心など忘れ、レベルの違いを感じる。

「・・・・・・・・・!」
が、とうの海人は、試合のことなどほとんど忘れていた。
不穏な雰囲気の空・・・。彼は、何かが起こることを感じ取っていた。
そう、ドルモンやラブラモン・・・デジモンたちも。

11th moment end
To be continue