※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「グルオオオオオオア!!」「グラアアアアアア!!」
鳴り響く2体のデジモンの咆哮(ほうこう)。
黒い恐竜のような姿をしたデジモン・・・・ダークティラノモンだ。

「げっ!!一気に2体かよ・・・。」龍也は言った。
「うん・・・・・・とりあえず進化しよう!!」と、ドルモン。
「・・・・・・・ああ!!」

龍也は、デジヴァイスを取り出した!!
そして、えりかがやっていたことを思い出す。

「BLOODY EVORUTION!!」
まず、デジヴァイスを持った右手を大きく振り上げる!!
と、デジヴァイスの先端から刃物が飛び出る。
そして左手と同時にひきつけ、左の手のひらを切りつけて振り上げた。
切った手のひらから血がにじむ・・・。
刃物についた血がデジヴァイスに染みこむ。
キュイイーーーン!!!
そして、ディスプレイから光を放つ・・・・!!
「ドルモン進化!!ジオドルガモン!!!」

ジオドルガモンに進化し、構える。
2体のダークティラノモンが襲い掛かる!!
ドバアーーーン!!!
2体の、腕を使った攻撃!!
それを飛んでよけるジオドルガモン。
「パワーメタル!!」
ジオドルガモン、左側ののダークティラノモンへ鉄球を放つ!!
「グルウアッ!」
それが命中!!
フオオンッッ!!バンッ!!
「ぐあっ!!」
と、もう一方のダークティラノモンの尻尾攻撃が命中。とばされる!!
「ジオドルガモン!!」「大丈夫!!」
空中で受身を取り体勢を立て直す。

2体のダークティラノモンのコンビネーション攻撃に少々苦労しながらも、それをかわしたり受けたり、攻撃したりして、2体相手に互角の戦いを繰り広げる!!
「これじゃあきりがない・・・・」
ジオドルガモンが言った。
「ジオドルガモン!!もぐりこめ!!」「無茶言うなよ!!」
「いいから!!」「あ・・・ああ!!」
龍也にそういわれ、思いっきり翼を広げ彼らのふところへ飛び込む!!
いきなりの敵の行動に驚き、2体とも味方の反対方向へ跳んでよける。
「こっちだやってみろ!!」
その間を動きまわり、挑発する。
「グルルアアアア!!」ボオオウンッッッ!!
一方のダークティラノモンが大量の炎を吐き出す必殺技、ファイアーブラストをジオドルガモンへ放つ!!
バアアアアアアアアン!!!
直撃!!・・・・・が、そこに倒れていたのはジオドルガモンではなく、もう一方のダークティラノモンだった。
寸前、ジオドルガモンは空中へよけていて、味方のダークティラノモンに当たってしまったのだ!!
何が起こったのかわからず、立ち尽くす・・・・。
「ああ・・・!!ティラノサウルスはもともと動くものを狙う!!」と龍也。
「彼らは闇に染まっている・・・。だからあんまりかしこくない。普通のティラノモンはかしこいんだよ。」
「そ、そうなのか?」「うん!!」
「それと・・・、やつらはコンビこそ強いが、お互いの信頼関係はうすい。その証拠に・・・気遣いあっている様子がみられなかった・・・。」
「いや・・・ただ単にかしこくはないから僕の後ろにいる味方の姿に気づかなかっただけなんだけどね。」
龍也に聞こえないようにジオドルガモンは(しめくくりに)言った。

「グルルルアアア!!」ボオウッッッッッッ!!
と、残りの一体のダークティラノモンのファイアーブラスト!!
「ジオドルガモン!!翼をおもいっきり振れ!!」
「はっ・・・・・!!」ブウンッ!!
鋼の翼で風を起こし、ファイアーブラストをかき消してしまった!!
「・・・・・っへ!」
「グルルルアアア!!」ボオウッッッッッッ!!
もう一度ダークティラノモンは必殺技を放つ!!
「バーストメタル!!!」
ジオドルガモンも高熱で溶け出した大量の鉄を放つ必殺技をくりだす!!
しかしジオドルガモンの技が勝(まさ)っていた!!
バーストメタルはファイアーブラストの熱でさらに高熱に、そして大きくなり、ダークティラノモンを包む!!
「グウウオオオオアア!!!」
残りの1体も撃破!!
「やったか・・・!!」

「グウウオオオオオ!!!」
「くそっ!!肥大化しやがった!!」と、龍也。
倒した2体とも、パワーアップして復活してしまった!!
「グウウオオオオオ!!」「グウウオオオオオ!!」
「2体はきついよ・・・・っ!」
さらに凶暴化したダークティラノモンたち!!
「ぐあっっっ!!」
2体あわせての尻尾攻撃!!
形勢が逆転してしまう・・・。

「う・・・・」
と、そのとき・・・・!!
「・・・・よし!いくんだっ!!」
何者かの声がした!!
フウンッッッッ!!
バアーーーーーン!!!
と思えば、何かが龍也の横を通り過ぎ、その中の1体を消滅させてしまった・・・!!
「んな・・・・!!」
パアアアア・・・・・
そこには、獅子のようなデジモンがいた。
  • ・・・それは沖縄の家の守り神・・・・“シーサー”の姿をしていた。

その出来事に、誰もが驚く・・・・
「君!!はやく指示を出すんだ!!」さっきの声だ。
「あ・・・・ああ!ジオドルガモン!!」
「あ、ああ!わかってる!!ハッ!!」
空中へ飛ぶ!そして!!
「バーストメタル!!」
もう一度!!丸焦げだ・・・。だが消えていない。
「まだまだいくぜっ!!」
再び空中へ上昇し、高速回転しながら急降下そして!!
「ホーンインパルス!!」
そしてダークティラノモンを貫いた・・・・!!
相手は消滅し、彼らだけが残った・・・。

彼らの前に現れた少年とデジモン!!3人目のテイマー登場か?

To be continue !!