※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あらすじ
龍也とドルモンの前に現れた少女・金城愛莉佳(きんじょうえりか)はそのパートナーデジモン、レナモンをキュウビモンに進化させ、パワーアップしたゴリモンを撃破した。
ドルモンを進化させた機械の名称が「デジヴァイス」だということ、そして進化の仕方を教えてもらう龍也だが・・・・!!

「・・・・勝負しなさい・・・。」
えりかは冷たく言い放つ。
「・・・・・なんでだよ・・・!!」
驚きを隠せない龍也。
「彼も・・・戦いを望むはずよ、それがデジモンの“本能”だもの。」
「ちが・・・・・おまえは、どうなんだよ、ドルモン?」
「それは・・・・・」ドルモンは答えない。
「こうすれば、どうかしら?レナモン!!」
「はっ!!」「え!?」
ドンッ!バァーン!!「うわっ!!」
レナモンの蹴りがドルモンに入った!!
「うっ・・・」ブルンブルン
「来ないなら、こっちからいくぞ!!」
再び、レナモンはドルモンにかかる!!
「・・・・・・・!!」バアアンッッ!!
ドルモンはレナモンのキックを防いだ!!
ザザッ!!
「龍也!!」「おいっ・・・!」「やる気みたいね、彼も。」

ドルモンとレナモンは戦いを始める!!

バッ!バッ!ドッ!シュンッ!!バッ!バッ!
レナモンは得意の体術でドルモンを翻弄する。
ドルモンはその攻撃を防ぎ、避けたりしながらすきをねらう。
レナモンがおしているようだが・・・・
「はっ!はっ!はあっっ!!」
「ぐあ!ぐあ!ぐうあっ!!」
ドッ!ドッ!ダッッッ!!
レナモンのキック!1発、2発、3発目でドルモンを空中へ打ち上げる。
「はっ!」追い打ちをかけるようにジャンプし、ドルモンに攻撃を当てる。
「ぐあっ!くっ・・・!!」
空中コンボ!!
腕を組んで振り上げ、フィニッシュ!!・・・・だが
フウンッ!!バッ!!
「んなっ・・・うが!!」
ドルモンが尻尾でたたきつける!!
レナモン、地面へ落ちていった!!
シュンッ!バッ!!
だがレナモンは受身をとり、ジャンプして後退。
「メタルキャノン!!」
着地したドルモンがそのままレナモンに向かっていきメタルキャノンを放つ。
「んなっ・・・・ぐうああああ!!!」
それが命中し、レナモンは宙に浮いた。
「ダッシュメタル!!」
ダッシュし、レナモンにメタルキャノンを放った!!
「ぬっ・・・・!はっ!!」
フウウウウンッッッ!!
腕をクロスさせ、腕を振る!!なんと衝撃波が起こり、メタルキャノンをかき消したのだ。
「・・・・・・・!!」着地したレナモン。そして2体は再び対峙する。

そのころ、龍也とえりかは・・・
「なんで・・・・俺たちが戦わないといけないんだ・・・!?」
「言ったでしょ?それが彼らの本能だからよ。」「な・・・!!」
「デジモンは・・・相手のデジモンを倒すことで、“存在の証明”を感じることができる!!私たち人間も、他人を超えることで自分の価値を見出せるの!!」
「そんなら!それなら・・・戦争をするのも人間の本能だっていうのかよ・・・!!そんなはずねえだろ!!?」

「次で・・・・決める!!」レナモンが構える。
「・・・・!!」ドルモンも同じだ。
フウウウンッッッ!!
動いたと思うと、ドルモンの真横に来た!!
「!!」バアンッッ!!
強烈な回し蹴り!!ドルモンはその攻撃を防いだが、ガードが崩れてしまう。
「はあっ!!孤連脚(これんきゃく)!!!」ダダダダダダダダ!!!
「うわわわわわわわ!!!」
凄い速さで連続の上段蹴り!!
バンッ!!「うわあっ!!」
レナモンのアッパーが炸裂し、空中に打ち上げられるドルモン!!
「はっ!!」
ジャンプし、空中に浮いたドルモンのそのまた上へ移動。そして・・・!!
「コヨウセツ!!」
ズサササササ!!!
「ぐああああ~~!!!」
どんっっっっ!!
ドルモンは地面に叩きつけられた。
「ドルモン!!!」龍也だ。
「あの距離からあの技を食らったなら、終わりね・・・」
勝利を確信するえりか。
ドルモンは気絶しているようだが・・・
着地したレナモンが倒れているドルモンに近づく・・・そのとき!!
バッ!!!
「ドルモン!!」「!!!!!」
一瞬の出来事だった。ドルモンがすばやく起き上がり、レナモンを今までとは違う凶暴そうな目で見た。
その気迫におされ、レナモンは後ろへ一回転ジャンプし身を引こうとしたが・・・!!
バシッ!!
レナモンは尻尾をつかまれた!!
「グルウウウアアアッッ!!」
そしてドルモンはレナモンを叩きつける!!
「ぐはっ・・・!!」
「ルウウウアアアッ!!」
何度も何度も地面に叩きつける・・・・
「レナモン!!!!?」
予想外だったらしく、取り乱すえりか。
複数回たたきつけ、レナモンを見る。
と、そこにはレナモンではなくその形をしたぬいぐるみしかなかった。
そのぬいぐるみの尻尾をつかんでいたのだ。
「・・・・・・!!?」その出来事に戸惑う龍也。
「やったわ!!」一方、ガッツポーズを決めるえりか。
シューーーーーーーーー!!
何者かがすばやくドルモンの背後から近づく・・・・・・・レナモンだ!!
キックのかまえをする・・・。
「!!!!!」
しかし感覚が研ぎ澄まされているため、ドルモンはすぐにレナモンのほうを向く!!
「・・・・・・んなっ!!」
ドバーーーーーン!!!
ドルモンのメタルキャノンが直撃!!
「ぐううあああっ!!」吹き飛ぶレナモン!!そして地面に倒れこむ・・・。
「レナモン・・・・・!!」
「ぐ・・・あ・・ああ・・・」
「ぐるうううあああああ!!」
ドルモンが雄たけびをあげる!!彼でないかのように。
「ドルモン!!どうしたんだよおまえ!!なあ!おいっ!!」
龍也が何度も呼ぶが、聞こえていないようだ。
敵(レナモン)しか見えていないのだ。そして標的に近づいていく。
「レナモン!!逃げて!!!」
しかし身動きが取れない。
そのうちにもドルモンが接近。つめを立て、今にも息の根を止めんと腕を振りかざす。
そして・・・・・!!
「!!!」「!!!!!!」
「やめろおおおおおおおおおお!!!!!」
叫ぶ龍也。あたりが静けさに包まれる・・・・。

その一部始終を遠くから見ているものがいた。
黒い高級車が停めてある。その車の窓が開いた。
黒いサングラスをかけ、黒いスーツを着た男が二人乗っていた。
「彼らが・・・・・」
窓の外の龍也たちを見て助手席の男が言った。

7th moment end To be continue