※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『エンド・ワルツ!!』
クレニアムモンは魔槍クラウ・ソラスからサイクロンを放った。
『シャドーウィング!!』
ガルダモンは鳥の形をした炎を放った。
その炎の鳥はサイクロンに突っ込んでいくと炸裂して、エンド・ワルツを消し去った。

Evolve59『迷える大輔
生まれ変わる心』

『アルフォースセイバー!!』
アルフォースブイドラモンの右手に聖剣が現れた。
『ホーンバスター!!』
アルフォースブイドラモンがアトラーカブテリモンに切りかかろうと前に出たとき、アトラーカブテリモンが角を突き出して突進してきた。
角はアルフォースブイドラモンの鳩尾に丁度入った。
「ガハッ!!」
アルフォースブイドラモンはそのまま後ろに飛ばされ蹲った。
「アルフォースブイドラモン!!」
大輔がアルフォースブイドラモンに駆け寄ってきた。
「大丈夫だ…」
『ホーンバスター!!』
今度は角からエネルギー波を放った。
「大輔!!」
アルフォースブイドラモンは大輔を庇った。
「アルフォース…ブイドラモン…」
「大丈夫か?大輔」
「あ、あぁ…」
アルフォースブイドラモンは立ち上がろうとしたとき、大輔がアルフォースブイドラモンを呼び止めた。
「アルフォースブイドラモン、俺は…今までの俺は間違ってたのか?」
暫く二人の間に沈黙が続いた。
「…大輔は今まで自分の力に自惚れていただけなのかもしれない…」
「お、俺は自分に自惚れてなんか…」
「自分の心って言うのは…自分の本当の姿って言うのは…自分じゃ見えないものなんだ…」
アルフォースブイドラモンはそれだけ大輔に言うと再びアトラーカブテリモンに立ち向かった。
『シャイニングVフォース!!』
『ライトニングチャージ!!』
アトラーカブテリモンは角を避雷針の代わりにして雷を呼んだ。
そして、雷を自分の周りに落とした。
壁の代わりに使ったつもりだろうがアルフォースブイドラモンの攻撃はその雷の影響を全く受けず、アトラーカブテリモンに直撃した。
「グワアァッ!!」
「アトラーカブテリモン!!」
「仲間を想う気持ちは我々ロイヤルナイツ以上…。強さの秘訣は『仲間』か…『エンド・ワルツ!!』」
「ウアァァァァァッ!!」
ガルダモンは吹っ飛ばされた。
『ホーンバスター!!』
「ウアァァァッ!!」
エネルギー波はアルフォースブイドラモンに直撃してしまった。
「クッ!…ダメージがあるのか分からない…」
『カードスキャン!―デジメンタルと未来の神髄!』
アルフォースブイドラモンはフューチャーモードになった。
「大輔!!」
「サンキュー!アルフォースブイドラモン!おかげで目が覚めた!」
「姿が…変わったやて!?」
『シャイニングVフォース!!』
「まさか…ワレの力が…ここまでなんて…」
アルフォースブイドラモンの攻撃でアトラーカブテリモンは一瞬にして消え去った。
「アトラーカブテリモン!!!」
「御前もこれで終わりだ!!『エンド・ワルツ!!』」
「グアァァァァァァァァァ…YMIRは…不滅…」
ガルダモンも竜巻に飲まれて終わった。
「アルフォースブイドラモン、クレニアムモン、有難う」
「仲間が誤った道へ進もうものなら止めるのが仲間だ。私は当然のことをしたまでだ」
クレニアムモンは照れくさそうながらも想ったことを素直に言った。