※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

優希>で…どうすればいいんだろ…私。
Bテイルモン>うーん…分からない。
優希>はぁ…こっちから声掛けるのもな…。しばらくじっとしていようかな…。
Bテイルモン>もし声掛けてきたのがナンパ目的のチャラ男だったら私が潰してもいい?
優希>だ…駄目よそんな…、暴力は。
Bテイルモン>む…でも何か危険だったら言ってよ?
優希>はいはい…。

忠志>よし、今日から学校生活が始まるぞ!
ワーム>忠志、がんばろうね。
忠志>うん、男女のバランスもあってるのは正直意外だったけどこれなら楽しくやれそうだよね。
ワーム>…そういう裏事情をさらっと言わないでよ…

荻野>……
トコモン>お腹空いた~おぎゅの~
荻野>五月蝿いよ…

桃里>…………
ピコ>…………
桃里>あの…
ピコ>駄目だ。
桃里>まだ何も言って無いのに。

達也>(椅子にふんぞり返ってる)ふぅ~うかってり~!
ギルモン>達也~蝶ちょだよ!遊んできていい?
達也>あまり遠くに行くなよ。
ギルモン>わかった~

玲次>………………。
ガブモン>うわぁ、いろんな人がいるなぁ…。
玲次>……………。
ガブモン>ねぇ、玲次?
玲次>…………。ガブモン>……あ、音楽聴いてるのか。…しばらくは何も反応しそうにないなぁ…。

萌子>ぬおおおおお!! 入学式終了!! (大声で叫ぶ)
キャンド>恥ずかしいから止めてよ、萌子…
萌子>ぬ?何を恥ずかしがるのだ?青春は謳歌をするものだぞ!!
キャンド>分かったから、叫ばないでよ… 他の人に迷惑になっちゃうし…
ガブモン>ねぇ玲次、誰にも声かけなくていいの?友達できないよ?
玲次>………うざ……。
ガブモン>今のはきっとあそこで叫んでる女の子(萌子)に言ったんだよな…。僕に言ったんじゃないよな…。
萌子> ぬ?(玲次に近づいて)初めまして、鎖火萌子だ これから共に良い学園生活を送ろうではないか!!(手を差し出して握手を求める)
キャンド>なんで選挙活動みたいなことを… その人に迷惑掛けちゃってるかもしれないよ…
萌子>何を言っているのだ!!何事も積極的に行かなくては!!
玲次> …………(気づいてない)
ガブモン>ご、ゴメンこいつ玲次って言うんだけどいつもこうで…悪気はないんだ!ほら、玲次!(ヘッドホンを外す)
玲次>あ……。……(ガブモンを睨む)
ガブモン>・ ・ ・ ・ ・ ・(嫌な汗)
=ただいまガブモンフルボッコ中につき少々お待ちください=
ガブモン>………ぐふっ。
玲次>…これに懲りたらもうあんなマネはやめるんだな。……(萌子に気づく)ん? …誰だ?

忠志> 結構個性的なメンバーが集まってるよね。
ワーム>うん、急に叫びだす人とか音楽聞いてて無口な人とか。
忠志>皆仲良くなれるといいんだけどな…よし。
ワーム>どうしたの?
忠志>いや、何でも…
ワーム>?変な忠志…
忠志>しかし皆本当に個性的だねぇ。さっきも何だかじゃれあってる人たちがいたし。
ワーム>忠志…あれはじゃれあってるとか言わない…あれはそんなにほのぼのとしたことじゃない…

薫平>今回もリミット付だな。
虫>ん。まぁそういう話でもないから普通だろ。

隼人>(泣いてる)また遅刻だあああぁぁぁぁぁ!!
ファルコ>ったく。何回も寝坊しやがって。
隼人>ファルコモンが目覚まし時計を壊すからだろおおおぉぉぉ!!

達也>Zzz~Zzz~。
ギルモン>ぶ~う!ガブッ(頭にかぶりつく)
達也>痛ったぁぁ~!何すんだよ!
ギルモン>友達作らないの?
達也>……分かったよ。(席を立って忠志のところに行く)え~っと、初めまして。達也っていいます。よろしく!
忠志> あぁ、僕は忠志、こっちはワームモンね。
ワーム>よろしく~

萌子>おお~、見事なまでの力業だ 改めて自己紹介するぞ、鎖火萌子と言うものだ。これからの学園生活を共に良く過ごそうな!! っで、コイツが…あれ?
キャンド>ガタガタ…ブルブル…(ガブモンがボコボコにされるのを見て怯える)
萌子>何を隠れているのだ?(キャンドモンを掴む)お前も挨拶をしないか、ほら
キャンド>ビクビク…よ、よろしく…
玲次>……ああ、よろしく。
ガブモン>…………(先ほどからピクリとも動かない)
萌子>うむ、よろしくな!! (ガッチリと玲次と握手(とは言っても殆ど無理矢理)する)…っで、そこの横たわってる奴は…(ガブモンの事)放っておいてもいいのか?
キャンド>…生きてるかなぁ…
玲次>ああ、一応生きている。……というか痛いんだが。
ガブモン>!!(一瞬ビクンと動く)
萌子>おお、悪いな。つい力んで握ってしまったな(手を離す)
キャンド>…うわ!!(ガブモンがいきなり動いたので驚く)
萌子>…なぁ、ロウソク?(※注:萌子はデジモンを呼ぶとき、名前で呼ばずに見た目の姿で呼ぶ)いちいち驚くことないだろ?
キャンド>びっくりするもん~…第一、僕はキャンドモンだって何回も…
萌子>だって、この呼び方の方が覚えやすい
キャンド>…はぁ…


隼人>(ファルコモンに足に掴まって飛んでいる)はぁ…校長先生に謝らなくちゃ…。
ファルコ>ヤベェ…。
隼人>?
ファルコ>朝食食べてねぇから…腹が…減って…(落下)
隼人>うわああああぁぁぁぁぁぁ!!
桃里> ガラスフラグです…ね。
ピコ>遂に来たか…(ニヤリ)

藍璃>綺麗なとこだな~
レナモン>はしゃぎすぎるなよ
藍璃>うるせぇ

優希>みんな楽しそうでいいなぁ…
Bテイルモン>話しかければ?万が一のことがあったら私がなんとかするから!
優希>ん…もう少し様子見てみる。
Bテイルモン>あーもー、優希のチキン!!

優希>そういえば担任の先生って誰なんだろうね…
Bテイルモン>まあ私は女教師の方がいいな。
優希>へ?
Bテイルモン>先生が生徒である優希に恋をし、そこからなんちゃらかんちゃら…ってパターンがあるから…
優希>もう!考えすぎもほどほどにして!!(そっぽを向く)
Bテイルモン>あ…ごめ…ん。
バンチョー>ワシが学園長のバンチョーレオモンであるっ!
忠志>うわ!いきなり出てきた!
ワーム>担任の先生の紹介とかかな?
バンチョー>それでは担任の紹介である!
担任>えっと…私が担任です。よ、よろしく…
ワーム>どうしたんだろう?何だか緊張してるみたいだけど…
忠志>そう?結構いい先生かもしれないね。
ワーム>…忠志、それは鈍いというよりも鈍感だよ…
萌子> おぉ…、なんと男気溢れる校長なんだ…(感動してる)
キャンド>…なんで感動してるの?てか、なんで見えてるの?
達也> バンチョー…憧れる…。
ギルモン>達也?
達也>なんかやってけそうなきがする!
玲次> …むさっ苦しい校長だな。
ガブモン>ひどっ!
優希> 思ったより普通だね、担任の先生。
Bテイルモン>まあこれで安心ね。校長は同じネコ科としてあんま好まないけど。
優希>なんか熱いよね…校長。
虫>…番長以下略がどうしたか?
薫平>やっぱりあの手の漢とは拳を交えてみたく…
虫>リミットかかってるったのは誰だよ、まったく…
玲次>それにしても、むさ苦しい校長だな。
ガブモン>いいよ別に2回も言わないで! 可哀想だよ!

荻野>(外に出る)(萌子を発見する)君は名前は…?僕は荻野浩一だよ…これが、Myパートナーのトコモンだ
萌子>ぬ?(荻野に気付く)ふむ、荻野か…私は鎖火萌子だ、よろしくな
キャンド>…ツッコミ全部無視…
萌子>あと…(トコモンを指差して)マシュマロ
トコモン> マシュマロじゃないもん!トコモンだもん!
荻野>…落ち着きなよ用はマシュマロの如くに柔らかいし、色もそういう感じだし
キャンド>トコモンだって!!
萌子>むぅ…うるさいぞ、ロウソク
キャンド>…
荻野>(…くっ、心臓が)…よろしく、鎖火さん
玲次>…ふぅ。それにしても変な奴らが多いな、この学校は…(←変な奴)
ガブモン>……はっ!…なんだか今死んだおじいちゃんと小一時間ほど話をしていた気が…っていうかあのキャンドモンはどうして僕を恐れるような目で見ているんだろう…。
萌子>おう!! 改めてよろしくな!! 荻野!! (荻野の様子に気付いてない)
キャンド>…(この人…様子おかしいけど大丈夫かなぁ…)

萌子>それと…(ガブモンの方を向いて)気にするな、コイツは怖がりで気弱だから周りの雰囲気に緊張してるだけだ
キャンド>あまり言わないでよ~…あと、予想通りガブモンが臨死体験してたし!!
萌子>まぁ仲良くしてやってくれ、毛皮(ガブモンの事)
キャンド>酷いから変えて!! そのネーミング!!
萌子>じゃあ、角
キャンド>考えるなら真面目に考えて!!
萌子>むぅ~……
玲次>毛皮だとさ。
ガブモン>いやいやいやいやいや!!
玲次>ああ、そうか角になったか。
ガブモン>それも嫌だよ!何なのあの人!?
玲次>変わった女だな。
ガブモン>変わってるとかいうレベルじゃないよ!?
荻野 >はは!確かにあだ名つけるのうまいんだね、君は
一樹>今回も派手に乱入 
荻野>(例のボッシュー)…
萌子>うむ、そう言われると嬉しいぞ
キャンド>荻野だっけ…?あんまり萌子をおだてないで…
萌子>よしよし、大好評だな♪
キャンド>全く逆だよ!?なに「♪」まで付けて満足そうな顔をしてるの!?
萌子>むぅ~…いちいち五月縄いぞ、漏息
キャンド>字が違うし、気色悪いよ!! 何なの「漏れる息」って!?

桃里> あの…
ピコ>駄目だ!
桃里>ずっとここで立ってるの疲れたから教室に行きたいんだけどぉ。
ピコ>なんだ、そんな事か。先に行っててくれ。俺には殺らなきゃ行けない事がある。
桃里>じゃあ先に行ってるけど、程ほどにしないと駄目だよ。

達也>…!(藍璃に気が付く)ズキュン!!
ギルモン>達也…?
達也>(心の中)かっかわいい!!…これが一目ぼれって奴か…いや、まさかありえないか…でもなんだこの気持ちは…。
ギルモン>達也、大丈夫?
ワーム> 何かが始まった予感!
忠志>何かって何が?
ワーム>忠志はいいよ、鈍感だから。
薫平>心を打たれたときはストライク!と叫びましょう。
虫>某D灰男だな。
薫平>ま、きにしたら負けだろ。

担任>えーみなさーん…私が担任です…
ツカイ>(後ろから登場)おい、もう少ししゃきっとしたらどうだ。
担任>そ、そんなこと言われても…
ツカイ>いいからハジケればいいんだよ!『YAHHA!』ってな!
担任>はう~そんなこと出来ません~
ワーム>…こっちはこっちで大変そう…

優希> はぁ…どうしよう…あっ!(ペンを薫平の机の下に落とす)あ…すみません、それ取って……もらえますか?
Bテイルモン>あ…(よりによって初会話の相手が男ぉ!?)
薫平>んー、はい。(手渡す)そういえばさー…
虫>いやこれはフラグ立ってるから有効利用しろよ。
薫平>…お前の突っ込みも進化してきたな。なんつーか…間違った方向に。
優希>あぁ…ありがとうございます(すっげぇ明るい笑顔で手を握る)柿中優希です、よろしくお願いします♪
Bテイルモン>優希には悪気はないんだろうけど…あの男…どう反応するかな?
虫>(このフラグ…どう利用する、津村薫平!!)
薫平>(とりあえず…お前は間違った方向に進んでるぞ、虫!!)ども。オレは正義の味方おめn…
虫>やめい。
薫平>なんでこういうときだけまともなんだよ。まぁ冗談はおいといて、オレは津村薫平。えーと…特技とかは…まぁ今回の話では必要ないスキルばっかり持ってるからとくに気にしない方向で。
優希>そうなんですか…とにかくよろしくお願いします、これからお友達…ですね♪(再び微笑む)
Bテイルモン>まあ仲良さそうである意味安心ね…。

忠志>さてどうしようか?皆楽しそうだけど。
ワーム>そんなこと言わないで!ほら今のところフリーっぽい彼女にアタックだよ!
忠志>アタックって…どうするの?
ワーム>だから自己紹介!ちょうどよさそうだし!
忠志>まぁいいけど…(桃里のところへ)あ、始めまして。僕忠志って言うんだ。で、こっちが…
ワーム>パートナーのワームモン!忠志と仲良くしてね!
忠志>ま、まぁよろしく…
桃里>あら、始めまして。私は桃里といいます。パートナーはピコちゃんなんですけど、今はお友達の所に行って遊んでいますの。
忠志>うん、よろしく。
ワーム>よし、お邪魔虫がいない今がチャンスだ!そのまま仲良くなって…
忠志>お邪魔虫って…自分自身が虫なのに…
ワーム>そういう意味じゃなくて!とにかくアタックアタック!
桃里>ワムちゃんは元気ですね。ピコちゃんと仲良くなれそう。
忠志>うん、そうだね。
ワーム>そうそう、そうやって会話を弾ませて最終的には…
忠志>そろそろ何言ってるのかわからなくなってきたよ?
桃里>最終的・・・・?何の話ですか?
ワーム>い、いや何でもないよ!
忠志>別にいいけどね…
ワーム>まぁとにかく僕のことは気にしないでお二人で仲良くして…
忠志>まるでおばさんみたいだね…
桃里>あ!…や、あれ?えっと、何でも無いにょ!と、ところで担任の先生、優しそうなお方ですよね。
忠志>そうだね(わかってない)
ワーム>忠志の鈍さにもあきれたもんだけど…これで相手は忠志を意識し始めた。これであとは…

萌子>そういえば、玲次はどんな音楽を聞いているのだ?(キャンドモンを無視)
キャンド>…なんかくじけそうだよ…心が…
玲次 >場合によって聞いているのは違う。ロックも聴くしバラードも聴けば民謡も聴く。
ガブモン>へぇ。今はどんなの聞いてるの?
玲次>色々だ。
ガブモン>ちょっと聴かしてよ!(今聴いてるという時点で問題だけどとりあえずヘッドホンを借りる)
音楽>チャラララララララーラ♪(序奏)死ね 死ね 死ね死ね死ね死ね死んじまえ~♪
ガブモン>・ ・ ・ ・ ・ ・。
玲次>ああ、そういえば兄貴が悪戯で入れた死ね死ね団のテーマが入ってるんだ。
ガブモン>…それを聞いて安心したよ。
萌子>おお、懐かしいな曲だな
キャンド>……懐かしい?

Bテイルモン>そういえばこの学校って寮制…なんだよね?って誰に聞いてるんだろ…。
担任>あ、そうです…その辺も含めてこれから説明を…
ツカイ>だからもっと叫べっつーの!
担任>と、とりあえずここは男子と女子で別々の寮に入ってもらいます。女子寮の寮長は私で…
バンチョー>ワシが男子寮寮長のバンチョーレオモンであるっ!
担任>…男子寮の寮長は校長先生です…
優希>そうなんだ…女の子のみんなとも仲良くできたらいいなぁ…。
Bテイルモン>たとえばどんなことがしたいの?優希は…。
Bテイルモン>一緒にご飯食べたり、一緒にお散歩したり…時々お風呂で背中流し合ったり…
Bテイルモン>ふぅん…まあ男と別々で色々な意味で安全だわ…。
玲次>アレが…(バンチョーレオモンを冷めた目で見る)
ガブモン>ヒドッ!?
萌子>良いではないか、あんなにたくましい人が寮長なのだから
キャンド>けど、僕はちょっとあの校長が怖いよ…
萌子>そうか?臆病になりすぎだと思うが… 

萌子>へぇ、兄がいたのか どんな兄なのだ?
キャンド>(案外似てなかったりして…)
玲次>…それで、兄貴か?
俺は双子なんだ。だから顔は瓜二つだな。
ガブモン>…顔だけじゃなく性格までほぼ同じだけど。
玲次>いや、違うところもあるぞ。
ガブモン>…例えば?
玲次>俺はカレーは中辛派だがあいつは辛口派だ。大きな違いではこんなところだな。
ガブモン>それが大きな違い!?
萌子>ほう、玲次の兄は辛口派か 私と一緒だな
キャンド>……微妙に食い付く所が違うような…けど、そんなにそっくりなら一度見てみたいな…
ガブモン>まあ、他にも違いはあるよね。玲次の方がしっかりしたな感じで、あっちは少し茶目っ気があるというか。
玲次>…茶目っ気、と言うと例えば……こっそり玲次と入れ替わったりとかか?
ガブモン>そうそう……って……まさか………。
龍司>どうも、玲次の兄の御戸 龍司です。
ガブモン>何時の間に!?
龍司>ついさっき。
ガブモン>なんという早業…ていうか、何のためにここに?
玲次>入れ替わるためだろう。
龍司>ああ。
ガブモン>それだけのために!?それに玲次も何時の間に!?
玲次>今。
ガブモン>………。…それにしても、並ぶとどっちがどっちかわかんないな…。
龍司>それじゃあ、俺は俺の学校に行ってくる。
玲次>ああ、またな。
ガブモン>学校サボッてたんかい!?
萌子>おお!!見事な入れ替わり…
キャンド>(けど、入れ替わりにを協力してる玲次も結構茶目っけに感じる…)と言うよりわざわざ学校をサボって…
萌子>いい兄じゃないか
キャンド>そうかなぁ…
萌子>因みに私は三人姉妹の真ん中だ、姉も妹も私とは全く違う性格と容姿だけどな
キャンド>喋り方は少しお姉さんに近いけどね 。

ピコ>……いつまで待たせるつもりだ!こっちの準備はできている。入ってきたところを確実にしとめる!ふん!折角相手してやろうと思ったのに…。
ファルコ>(ピコデビモンに激突)ゴファッ!
隼人>(ファルコモンに激突)痛っ!。(ピコデビモンに気付く)ああっ!大丈夫ですかっ!?
ピコ>油断している所を狙うとは卑怯だぞ…。やっぱりガラス割りやがって!お前は俺様に暴行を働きガラスを割った罪で死刑だ!
ファルコ>油断する方が悪いんだよバーカ!死ね!手裏裏…
隼人>(ファルコモンの上に椅子などを置く)ピコデビモンさん!速く麻酔を!

優希>でもみんなきれいな人多いなぁ…。なんか女の子ながら惚れ惚れしちゃう…
Bテイルモン>はっ!危険な路線に走りかけてる!)大丈夫大丈夫、優希もきれいだから!それに相手は女の子よ!?
優希>~♪
Bテイルモン>……なんか頬微妙に赤らめてるよ…大丈夫かな…。
薫平>さて、と…
虫>攻めるも乙女、受けるも乙女。
薫平>「はやて」か。突然何言い出すかと思えば…ていうかオレに突っ込みをさせないでくれ。マジで。
虫>ちなみに攻めの反対語は守りだぞ。よいこは間違えて使わないように気をつけろ!

ツカイ>おう何だかそこらじゅうからいい気がプンプンだぜ!
担任>ちょっと謹んでよ…

玲次>三人か…。他はどんななんだ?
ガブモン>三姉妹といえば玲次たちも上にお姉さんいるよね。
玲次>ああ。仕事で国内にいないことが多いけどな。
ガブモン>今、どうしてるんだろね。
玲次>前に話してた仕事の話から察するに、今ごろサバンナでライオンの群れとでも格闘してるんじゃないか?
ガブモン>いや、ハイエナかもよ?
萌子>ふむ、機会があればいずれ紹介するぞ
キャンド>…お姉さんはいったい何の職業なの?ライオンやハイエナと一戦交えるような職業って…しかも女の人が…
萌子>ふむ、私も一戦交え…
キャンド>絶対無理だから!!!!(高速ツッコミ)
玲次>ん?私立探偵だがそれがどうかしたか?
ガブモン>私立探偵ってそーゆーもんじゃないの?
萌子>なるほど、探偵だったか納得だ
キャンド>イヤイヤイヤ!!探偵って言うのは、浮気調査や裁判の証拠を集めたり…
萌子>ふーん(興味無し)

優希>でも…これから何するのかな?
Bテイルモン>普通の学校だったらもう下校…っていう流れだけどね。
優希>あ、お母さんにお土産持たされてるんだった、あとで寮に行ったときに配ろう…。
担任>では今日はここまで…皆さん寮に案内しますので…女子は私に、男子はツカイモンについていってください。
バンチョー>さて…ではワシは…
担任>あ、校長どちらまで…
バンチョー>何、愚か者の所へだ。(隼人たちの所へ)
忠志>校長先生どうしたんだろう…
ワーム>さぁ?とにかく行こうか。
桃里>それじゃあ忠志君、また明日。
萌子>ぬ?もう移動か…それじゃあな、玲次、角恐竜(無論ガブモンの事)
玲次>ああ、またな。
ガブモン>探偵ってあーゆう仕事じゃなかったのか…。それにしても、寮かぁ…。どんなとこだろ?
玲次>俺が思うに、あまり期待しないほうがいい。

バンチョー>見つけたぞ…遅刻者よ…(とてつもないオーラを発しながら仁王立ち)
隼人>こ…校長…先生…す…すみませんでしたっ!すぐに教室に行こうと思ったのですがファルコモンが…
ファルコ>言い訳は良くないぞ。
隼人>お前に言われたくない。
ピコ>こいつガラスも割りましたよー。センセー、是非ともこいつを死刑に!
バンチョー>何…貴様、覚悟は…
教頭>まぁまぁ校長、落ち着いてください。
バンチョー>ヌ、教頭…
教頭>彼等には私から言っておきますから。ささ、寮で皆さんを待っていてください。
バンチョー>ヌゥ…では頼むぞ。(立ち去る)
教頭>さてと…高見隼人君だったね。遅刻はともかく、ガラスを割ったのはいけないねぇ…さぁて、どうしようかなぁ…(ニヤニヤ)
ツカイ>この気は…教頭か!今日も黒オーラ全開だぜ!
ピコ>そうだ!奴を死刑に!ファルコモンを今すぐ死刑に!今を逃しては後は無い!今すぐ!さぁ!さぁ!
教頭>隼人君たちへの罰は後にするとして…ピコデビモン君、君ももう少し言葉遣いをどうかしたほうがいいかもしれないね…フフフ…

優希>寮か…(萌子発見)あ、女子だから同じ寮ですね、柿中優希です。どうぞよろしく…あ、挨拶の品があるんで寮に行ったら持って行きますね(柔らかぁく微笑む)
Bテイルモン>Bテイルモンです…よろしく。(がっ!このパターンの優希の笑顔…過去に女を惚れさせ一瞬やばい状態に追い込まれてしまったパターンの微笑み…この女…大丈夫か!?)
萌子>ぬ?(優希に気付く)初めまして、鎖火萌子だ。これからの学園生活、よろしくな!!(満面の笑顔で握手をする)うむ、優希と言うのかとても可愛らしいな
キャンド>(か… かわいい…)
萌子>…ロウソク?
キャンド>ポケ~…(上の空)
萌子>?変なの?まぁ…改めて、学園生活をお互い良いものにしような!!(明るい笑顔)黒猫ちゃんもよろしくな!!(Bテイルモンの事)

忠志>どうでもいいけどさ…何だか僕たちの関係ないところで進行してる気が…
ワーム>大丈夫、そのうち僕たちが主役になれるさ!