※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第9話「バッドテイマーズ、ふたたび」

~あらすじ~ デジモン戦士団は、つめたい心を持ったデジモンのグループだった。メタルガルルモンの1言・・・。
「じゃまをするようなら、おまえたちを殺す!」
この言葉に少しおびえながらも、次の目的地、ダイヤモンドシティをめざすのだった。
グルルルルル・・・
「はらへったー!」
「そんなに元気のいい音をだせるのなら、まだ大丈夫だな!」
「ガオモンの言うとうりだな!ハハハハハ!」
「そ、そんなに笑うなよ!」
今、3匹は、山の周りにある、深い森にいた。
「なあ、休憩しようぜ!なあ!」
「しょうがない!休んでやろう!」

―10分後―
「じゃあ、そろそろ行くか!」
そのとたん、ギガドラモンが3匹めがけてつっこんできた。
「あのギガドラモン・・・。まさか!」
『そうさ!ボクだよ!バッドテイマーズさ!』
「やはりそうか・・・!!!」
知らない人、わすれた人もいると思うので、説明しておきます。
ギガドラモンは、第2話で登場した、バッドテイマーズのシンボルデジモン。もちろん、DH体。
バッドテイマーズは敵。テイマーの中の悪いやつが集まった組織。こいつらを倒すために、3匹は、たびをしている。
「覚えていてくれたようだね!」
「あったりめーだろー!」
「今日こそジャスティモン様のかたき、うつ!」
「やれるもんならやってみろ!」
「プチファイアー!」
プチファイアーは、かるがるとよけられてしまった。
「この!ローリングアッパー!」
これもよけられ、ガオモンは、ギガドラモンに、地面にはじきとばされてしまった。
「痛ってーーー!!!」
「大丈夫か?ガオモン。」
「はい!ぜんぜんだいじょっ・・・レオルモンさん!後ろ!」
「すきやり!ガトリングパンチ!」
「レ、レオルモンさ~ん!」
「うがっっっっ・・・。」
バタン!
レオルモンは、きぜつしてしまった。
「くっ、レオルモンさんがたおれるなんて・・・。」
「ど、どうすればいいんだ・・・。」
ガブモン、ガオモン、レオルモン、大ピンチ!
第9話「バッドテイマーズ、ふたたび」 完