※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

謎の招待状をもらって、屋敷へ招かれた翔太
そこでいきなりバトルをさせられてしまう・・・・・
翔太や恵、大はバトルに勝利することが出来るのか・・・・・!?

The 27th 「 ~トランプの館~ VSメアリー 」

「では、決闘バトルを始めてください!」
執事の人が大きな声で言った
「私の名前はメアリーよ!じゃ、はじめるわよ!」
「うん・・・・!!」

「―BATTLE START―」
「なんかよく分からないけど頑張ってね、ギルモン!」
「うがあ!!」
ギルモン
成長期 AT6 DT8
「コテンパンにしちゃいなさい、フローラモン!」
「おほほ!私に任せなさ~い!」
フローラモン
成長期 AT4 DT7

『決闘ラウンド』
恵や大もほぼ同時にバトルを始めた
「(恵や大君は絶対勝てると思うから、僕も頑張らなくちゃ!)」
「(5日前、木村友樹様のブログに書いてあったおもしろい少年は、この子かもしれないわね・・・・!)」
そう、メアリーはこの前翔太と恵を軽く倒した、木村友樹の熱烈なファンなのだ・・・・!!
「それじゃ、僕のターン!」
『進化プログラムカード「進化チップA」』
『進化プログラムカード「進化チップB」』
「これで、ギルモンをメガログラウモンに進化させるよ!」
「ギルモン進化!!」
するとギルモンの体から赤い光が発せられ、足や腕や尻尾が徐々に大きくなっていく
そして、腕のブレードを一振りして赤い竜が現れた!
「グラウモン進化!!」
またグラウモンの体が大きくなっていき、胴体、腕、頭の順に金属が装備されていく
そして、腕の機械のブレードで真空刃をおこして、どうどうと姿をあらわした!
『メガログラウモン!!』
メガログラウモン
完全体 AT36 DT46
「俺が全てぶっ飛ばしてやるぜ!」
メガログラウモンは、周りの人全てに聞こえるぐらい大きな声で言った
「(あいかわらず、翔太君のメガログラウモンは元気ね~!私も頑張らなくちゃ!)」
恵は心の中でメガログラウモンを見て思った
「それじゃ、こっちも進化よ!」
「早くして、メアリー!!」
『進化プログラムカード「進化チップA」』
『進化プログラムカード「進化チップB」』
「フローラモン進化!!」
するとフローラモンが突然つぼみに包まれはじめた、
そして、つぼみから花が咲き、花の中から緑の体にボクシンググローブをつけたサボテンが現れた!
「トゲモン進化!!」
すると、トゲモンの体がツルのようになって、トゲモンの体が見えないぐらいに包み込んだ
そして、ツルの先から花が咲き、グルッと一回転して顔が花のデジモンがあらわれた!
『ブロッサモン!!』
ブロッサモン
完全体 AT32 DT43
「おほほ~ほ!私がいればあんたなんて・・・・キャッ!」
ブロッサモンは華麗にステップをしようとしたら、足がもつれて転んでしまった!
「うう・・・・・」
「あっ、大丈夫ですか?」
翔太が声をかけた
『あんたのせいよおおおおぉぉぉぉぉ!!!!』
「(なんですとおおおぉぉぉ!!!!)」
「(めちゃくちゃだな、あいつら・・・・・)」
今度は大が心の中で思った
「ゆ・・・許さない!!メアリーあいつらに黄泉の国へのチケットをおおおお!!!」
「おっ、落ち着いてブロッサモン!ごめんなさいね、良くあることなの、」
「こんなことが、よくあるって・・・・メアリーさんは大変だね~、」
「・・・・・ってこんなこと言ってる場合じゃなかった!」
「翔太~早く~!」
「ごめんごめん!」
『プログラムカード「ワンドロー」』
「フォルダからカードを一枚引いて、手札に加える!」
サッ!
翔太はなれた手つきで、カードを引いた!
「(よし・・・!)」
「私のターンね!」
「☆※$#&%◎〒~!!!!!」
ブロッサモンは言葉にならない叫びを上げている
『プログラムカード「強請使用」』
「自分の手札を一枚選択、そのカードを相手に無理やり使わせることが出来る!」
「私が選ぶのは『ブロッサモン用プログラムカード「スパイラルフラワー」』」
「このカードの効果は、自分の手札を2枚捨てて相手のATとDTを3ずつ下げる!」
「ちょっと待てい!」
「スパイラルフラワーはブロッサモン専用カード!僕のメガログラウモンには使えない!」
「そ・こ・で・ね!『プログラムカード「サドニーチェンジ」』」
「カードが使われたとき、そのカードの種類を通常プログラムカードにすることが出来る!」
「なにっ!?」」
「そう、ブロッサモンの力は少し下がるけど、あなたの手札は2枚墓地に送られるのよ!!」
シャキン!シャキン!
すると、ブロッサモンは腕を振り回し始めた
『スパイラルフラワー!!!』
キュン!キュイン!キュオン!
ブロッサモンは当たりかまわず、手についた花を投げつけまくった!
「キャッ!」
ブロッサモンは自分の投げた花に少し当たったがダメージは少ないようだ!
だが、投げた花のほとんどはメガログラウモンに当たっていた!
「うぐああああぁぁぁぁ!!!!」
ブロッサモン
AT32-3=29
DT43-3=40
メガログラウモン
手札4-2=2枚
メガログラウモンの肉体は傷つき、メタルのところも少し削れている!
「大丈夫!?メガログラウモン!?」
「うん・・・・、続けて翔太!」
「あらら、ちょっとやりすぎちゃったみたいねw」

ふざけながらもなかなかやり手のメアリーとブロッサモン、
翔太はこのコンビに勝てるのか!?
そして、このバトルの真の目的とは・・・・・!?

次回 「 ~トランプの館~ バトルの目的 」