※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翔太たちはトップガンを使ったコンボでATとDTを大幅アップさせるが
友樹のカイザーネイルとギガデストロイヤーを使ったコンボで一気に逆転されてしまう・・・・
翔太はこれを機会にもっと強くなっていくだろう・・・・!!

The 26th 「 ~トランプの館~ 送られた招待状 」

友樹との戦いから数日たった日・・・・・
ガシャンッ!
郵便が届いたようだ
「あっ!ご苦労さまで~す!」
あいかわらず翔太はのんびりしているようだ
「手紙かな?」
そう言いながら翔太はポストの中を調べ始めた
中からは1枚の手紙が見つかり、そこには「村井翔太様」と書かれていた
「僕あてかな?まあいいや見ちゃえ!」

「村井翔太様、抽選おめでとうございます。
  あなたは我が主「ドン・ランプ様」が主催するパーティに招待される「権利」を得ました
   今日の夜8時、「ドン・ランプ様」のお屋敷においでになってください、楽しみに待っております 」

手紙にはそうかかれたカードと、1枚の手紙が一緒に入っていた
「この場所だと・・・・自転車で10分くらいかな?」
「まあ、今日の夜は暇だし親も出張で明日帰ってくるし、行こっかな~!」
翔太がもらったこの招待状が、激しい戦いの予兆だとは翔太自身気付いてないのであった・・・・・

PM8:00
月が見えかかってるころ、翔太は屋敷に着いた
「うわ~、大統領の家ぐらい大きいな~!」
その屋敷は、どこかのお城みたいで、花が咲き乱れプールとテニスコートが5つぐらいあり、
いかにも金持ちっぽい家という雰囲気を放っていた
翔太が屋敷に入ろうとすると、執事のような人が声をかけてきた
「招待状をお見せください」
「あっ、これですか?」
翔太は昼ごろに贈られてきた招待状を見せた
「村井翔太様ですか、ありがとうございます、では人数もそろったことなので中へお入りください」
そう言うと執事は翔太を屋敷の中へ案内した

屋敷の大広間には大きなシャンデリアがまばゆい光を放っていて、床は大理石と思われる石が敷き詰められていて、
8つのソファが置かれており、それぞれのソファに翔太と同じぐらいの年齢の七人が座っていた
「あっ、翔太君も呼ばれたの~?」
馴染み深い声が、向こうから聞こえてくる
「えっ?恵?」
翔太が声のほうをみると、恵が手招きをしていた
「翔太君も呼ばれたなら言ってくれたらいいのに~」
「俺は最後の1人がお前だと予想していたぜ!」
翔太が恵の隣を見ると、大も座っていた
「大君もいたんだ!」
「まあな!」

そこへ、アナウンスが聞こえてきた
『ここに集まってくれた諸君、ご苦労だった!私がこの屋敷の主「ドン・ランプ」だ』
『私は人のカードバトルを見るのが好きでね、強そうなカードバトラーの君たちに来てもらったんだ!』
『さっそくだが、今から隣に座っている人とバトルをしてくれ!』
『勝ったのもには賞品を与える!それと、この屋敷から抜け出すのはバトルが終わってからしか無理だ!』
するとアナウンスは途切れてしまった

翔太は自分の隣を座っている人を見た
「あなたが相手ね・・・・負けないわよ!」
すると、アメリカ人っぽい女の人が声をかけてきた
「ど、どうも・・・・」

恵の隣に座っている人は、背がちっちゃくていかにも普通の少年といったところだ
「君、よろしくね!」
「こちらこそ!おねがいします!」

大の隣に座っている人は、無口でイケメンで、ファッションセンス抜群のクールな少年だった
なにかすごそうなオーラを放っている
「俺は大、よろしくな!」
「・・・・ああ、よろしく」

他にも金髪にピアスをつけた不良っぽいのや、おっとりとした女の人がいた
そして自己紹介が終わるとそれぞれのバトルが始まった

謎の招待状をもらって、屋敷へ招かれた翔太
そこでいきなりバトルをさせられてしまう・・・・・
翔太や恵、大はバトルに勝利することが出来るのか・・・・・!?

次回「 ~トランプの館~ VSメアリー 」