※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第十三話「西へ」

大佐を倒し、フォレストタワーを陥落第十三話「西へ」

大佐を倒し、フォレストタワーを陥落させた真治たち。
そして、彼らの居場所から近い場所から少年とデジモンが一人・・・

孝「さて、西へいくわけだが。」
真治「どうでもいいけど、西には一体何があるんだ?」
アグモン「ガツガツガツ・・・・」アグモンはまだ食べている。
コエモン「ずるいぞアグモン!俺にもよこせ!」
アグモン「へっへーん!早い者勝ちだもんね!」
コエモン「何だと!」
コエモンとアグモンが食べ物の奪い合いをプロットモンたちはあきれたように見つめている。
孝「おいおい、あんまり急いで食うと腹壊すぜ。」
愛「ドラえもん、何やってるの?」
ドラえもん「うん、ちょっと待ってて・・・できた!みんな、もういつでも出発できるよ。」
光「何やってたの?」
ドラえもん「どこでもドアにこの辺の地図を入力してたんだ。でも、もう終わったよ。」
テリアモン「じゃあ、早く行こう!」
???「ちょっとまった!」
真治「誰だ!?」
上から少年が飛び降りてきた。
???「僕らと戦ってもらいたい。」
真治「何だお前?」
???「僕と名前は服部京谷。それと、パートナーのマメイガモンだ。」
マメイガモン「以後お見知りおきを。」

マメイガモン
突然変異型・成長期・ワクチン種
イガモンの成長期体。必殺技は大量の手裏剣を落とす「手裏剣時雨」
得意技は爆薬を敵に投げつける「火炎玉」だ。

孝「・・・で?お前らが俺達に何のようだ?」
京谷「聞いてなかったの?君達に僕と戦って欲しいんだ。」
孝「よーし、俺がやってやる。」
京谷「よろしく。」
孝「いくぞ!」孝は京谷に殴りかかった。
京谷はそれをよけ、飛び上がって鎖分銅を飛ばした。
孝「くそっ!」孝はそれを爪付き手甲で受け止める。
京谷「やるね・・・でも、これはどうかな?」
京谷は両袖から鎖分銅を飛ばす。
孝「まだまだ!」孝は驚異的な動体視力で鎖分銅を避け、京谷に迫る。
京谷「こんなもんかな」言ったかと思うと、京谷は動きを止めた。同時に、孝も足を止める。
孝「おまえ、もともと戦う気はあんまり無かったな?」
ドラえもん「え?」
真治「ああ、なにか試すような戦い方だった。」
京谷「そうだ。実は、君達に頼みがある。」
真治「なんだ?その頼みって言うのは。」
京谷「僕の、仲間になって欲しい。」
愛「どうして?」
マメイガモン「この先西にD-アーミーの支部のオーシャンタワーというところがある。」
京谷「そこに一緒に行って欲しいんだ。そして、戦って欲しい。」
真治「別にいいけど、一体どうして?」
京谷「ま、色々あって追われることになってね。また今度話すよ。」
マメイガモン「厄介な組織で、数も多い。」
京谷「そこで、ここを陥落させた君達に協力してもらおうと思ってね。」
孝「よし、いいぜ!」
京谷「ありがとう。」

― 一方、D-アーミー本部 ―
元帥「さて、諸君。今日集まってもらった理由は分かるな?」
大将「はい。フォレストタワーの一件ですね?」
元帥「その通りだ。」
中将「元帥。」
元帥「何だ?中将。」
中将「しかし、あそこは四台支部中最弱の支部。指令もここで言えば大尉程度です。」
中将2「何が言いたいんだ?」
中将「落とされてもたいしたことは無いのでは?」
元帥「そうだ。しかし、最弱とはいえ四台支部以外の支部では最も強いところだ。」
大将2「つまり、そこが落とされたということは一大事、ということですね?」
元帥「そうだ。」
少将「確かに、今のデジモンでそのような力を持つものはいない・・・」
少将2「つまり、新たな人間がこの世界に現れた・・・と?」
中将3「そういうことになる。」
元帥「芽のうちに摘み取っておかんと、我らにとって大いなる脅威になるだろう。」
少将「では、そいつらに賞金をかけては?」
大将「だが、どうやって作るんだ?」
元帥「いや、各塔には万が一のときのために侵入者を記録できるようになっているはずだ。」
中将「では、直ちにデータを回収しに行かせましょう!」
少将「いや・・・それは無理です。」
大将「なぜだ?」
少将「フォレストタワーが陥落と同時に爆発したからです。」
元帥「えー!?誰だよそういうことした奴ー。」
中将2「いや、あなたの命令なのですが・・・」
元帥「どうすんだよ、手配書作れねーじゃん!誰のせいだよ!」
中将「いや、だからあんたがやったんだって!」
元帥「どうすんだよどうすんだよ!ほかのところに知らせられないじゃん!」
元帥は最早パニックに陥っている。
大将3「元帥、落ち着いてください!」
元帥「いや、無理だから!この状況じゃ落ち着けないから!」
少将2「とにかく、ほかの塔の爆弾を解除させてください!」
元帥「ええい、責任を取る!」
中将「どうやってですか!?」
元帥「例のデジモンでそいつらを壊滅させる!」
大将「駄目です!そんなことしたらここもどうなるか・・・」
元帥「じゃあ私が直接成敗してくる!」
中将2「だ、誰か元帥を止めろー!!」
少将「責任云々より、先にご命令を!」
ガヤガヤガヤ・・・
???「やかましい!少し落ち着け!」
その言葉が皆を一斉に黙らせた。
その声は元帥の席の後ろにあるモニターから聞こえた。
元帥「そ・・・総帥!申し訳ございません!つい、取り乱してしまい・・・」
総帥「分かったからとにかく落ち着け。」
元帥「申し訳ございません。つい取り乱してしまい・・・」
総帥「っていうか何?その程度で軍のトップが取り乱してたら後々大変だよ?」
少将・中将・大将全員(俺達、この人達についていけるかな・・・)
総帥「とにかく、ほかの支部、そして、本部に命令を出せ。」
元帥「はっ!」
総帥「じゃ、私はこの辺で・・・」総帥が画面から消えた。
元帥「よし!少将!三人とも残りの塔に爆弾解除の命令を。」
少将「了解しました!」三人とも会議室から出て行った。
元帥「中将は三人とも本部少左を一人ずつ塔に向かわせろ。」
中将「了解!」
元帥「大将は後々命令を出すので待機していろ!」
大将「ははっ!」

― 一方 ―
真治「そんじゃま、西に向かうとするか。」
ドラえもん「そうだ、タケコプターを充電しといたからもうつかえるよ。」
孝「おっ、いいねぇ。使わせてもらうぜ。ところで京谷、西まで何キロぐらいだ?」
京谷「そうだな・・・400キロぐらいかな。」
ドラえもん「じゃあフルスピードで飛ばしても5日はかかるね。」
光「まあ、のんびり行きましょう。」
愛「そうね。」
アグモン「またチューモンの大群に遭遇しなきゃいいんだけど・・・」
次の行き先が確定した。