※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第7羽話「伝説の戦士団登場!」
~あらすじ~ポケット村の宿で、DH体フローラモンと対決していたが、フローラモンは仲間をよんで、3匹をききにおとしいれる。
「外までおおいつくすとは、かなりの数だぞ。」
「どうしてくれるんだ!」
「なにがだよ。」
「きみが敵を怒らせるからこうなってしまったじゃないか1」
「いずれこうなるんだよ!」
「ガブモン、ふざけるのもいいかげんにしろ!」
「オレ、ふざけてないぜ!」
「2人とも、けんかはやめるんだ!」
「ケッケッケ さあ、どうするかな?」
「ザコは消えろ!プチファイアー!」
「まったく!ローリングアッパー!」
「レオクロー!」
「バカめ。そんな攻撃で倒せると思ってるのか?」
「今度はこちらがいくぞ!」あわ攻撃!」
「気をつけろ!」
「バドモンの大群が、3匹をおそってきた。いくら幼年期でも、100匹以上の攻撃力はかなりのものだ。それで、3匹は、地面に倒れてしまった。
「このままじゃ、世界を救う前に死んじまう!」
「ど、どうすればいいんだ・・・。」
「進化したいが、エネルギーがたりないもんな・・・。」
「もう、終わりか?やってしまえ!バドモン!」
「了解!『そういくかな?ガイアフォース!』???」
すると、とつぜん、大きな火の玉がとんできた。
「次はオレだ!コキュートスブレス!」
次は、きょうりょくなれいきがとんできた。そして、バドモンたちは、悪質なエネルギーから解放された。
「あ、あなたがたは・・・。」
「もしかして、デジモン戦士団?」
「いかにも。私たちがデジモン戦士団だ。リーダーのメタルガルルモンだ。」
「副リーダーのウォーグレイモンだ。」
「ちっじゃまがはいったか。ここはいったんにげよう。」
「にがさん!ダブルバックハンド!」
「うわあああああ!」
フローラモンはきぜつした。
「とどめだ!プチファイアー!」
そして、フローラモンはたおれ、もとにもどった。なんと、バドモン2体と配合されていたらしく、バドモンもたおれていた。
第7話「伝説の戦士団登場!」 完