※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第十一話「VSメタルティラノモン」
大尉を倒した真治たち。だが、息をつく暇もなく現れたメタルティラノモン。
果たして、勝てるのだろうか?

メタルティラノモン「ヌークリアレーザー!!」
真治たちが飛びのくと、直撃した壁に大きな穴が開いた。
真治「くそっ!いくぞムシャグレイモン!」
ムシャグレイモン「御意!」
孝「コエモン、進化だ!」孝も先ほど弾き落とされた機械を拾い上げて光をかざす。
コエモン「コエモン進化!ハヌモン!」
光「テリアモン!」
テリアモン「テリアモン進化!グレネードガルゴモン!」
愛「プロットモン!もう一度!」
プロットモン「プロットモン進化!ダルクモン!」
ドラえもん「僕だって!」ドラえもんも空気砲とショックガンを構える。
そしてデジモン達とドラえもんは総攻撃を仕掛けた。
だが、メタルティラノモンには全く効いていなかった。
ムシャグレイモン「灼熱一閃斬!」
業火に染められた剣がメタルティラノモンを打ち据える。
しかし、一筋の傷すら与えられなかった。
メタルティラノモン「ギガデストロイヤーⅡ!!」
至近距離からミサイルを喰らい、ムシャグレイモンは吹っ飛んだ。
ムシャグレイモン「・・・・・!!」
鎧のおかげでダメージは少し軽減できたものの、かなりのダメージを負って壁に直撃した。
メタルティラノモン「ヌークリアレーザー!」
突っ込んできたハヌモンもレーザーで吹き飛ばした。
ハヌモン「グハァ!!」
グレネードガルゴモン「シューティンググレネード!」
無数のグレネードが当たるも、ろくなかすり傷もつけられない。
メタルティラノモン「邪魔だ!」
メタルティラノモンは尾で上空のダルクモンにグレネードガルゴモンを叩きつけた。
ダルクモン「きゃあ!」
グレネードガルゴモン「うわっ!」
孝と真治も突っ込む。だが人間なのに完全体に適うはずもなく、腕の一振りで弾かれ、ドラえもんと一緒に叩きつけられた。
真治「ぐ・・・」
大佐「消せ。メタルティラノモン」
メタルティラノモンの左手が光を吸収し始める。
メタルティラノモン「出力60%・・・70%・・・80・・・100%・・・」
このままでは全員吹き飛ばされて消えてしまう。
メタルティラノモン「200%!!発射!」
光の弾丸が子供たちめがけて飛んできた。
真治「くそっ!」
孝「こうなったら!『イロニーの盾』!」
メタルティラノモン「!?」
孝が出したイロニーの盾はレーザーをメタルティラノモンに跳ね返した。
自らの技でメタルティラノモンは吹っ飛んだ。
孝「やったぜ!」
真治「やったぜ・・・ってお前、一体何をしたんだ?」
孝「ああ、言い忘れてた。この機械にカードをスラッシュすると、そいつが出るんだ。」
真治「そういうことは早めに言えよ・・・」
真治「俺もやってみよう!こいつでどうだ!」
真治は、「ユニモン」と「しょうりつ60%!」のカードをスラッシュした。
すると、機械が輝きだした。また、進化の光だった。
真治「またか!だったらムシャグレイモン!これを!」
真治はムシャグレイモンに光を当てた。
ムシャグレイモン「ムシャグレイモン進化!ユニグレイモン!」

ユニグレイモン:種族:聖竜型 属性:ワクチン種: 詳細:ムシャグレイモンが聖獣の力を得て進化したデジモン。ユニグレイモン:種族:聖竜型 属性:ワクチン種: 詳細:ムシャグレイモンが聖獣の力を得て進化したデジモン。 大きな翼で飛び、角からは電撃を放ち、その角で雷を呼ぶこともでき、天気を雷雨に変えることも出来る。また、その逆も可能。 水の中のメタルシードラモンとほぼ互角の速さも持つ。 必殺技:メガサンダーフレイム:電気を帯びた火球を口から放つ。スパークホーン:電気を帯びた角で突進し、敵を串刺しにする。

そして、その光の後に、二枚のカードが落ちてきた。
真治「このカードは・・・」
ユニグレイモン「いくぞ!」
大佐「無駄だ!いくら進化しても我らには勝てん!」
メタルティラノモン「ギガデストロイヤーⅡ!」
ユニグレイモン「スパークホーン!」
ユニグレイモンはミサイルに向かって突っ込んでいった。
そして、爆発が起きる。
大佐「馬鹿め!自爆したか!」
だが、ユニグレイモンは無傷のままメタルティラノモンに突っ込む。
ユニグレイモン「メガサンダーフレイム!」
メタルティラノモンはそれをもろに喰らい、吹き飛んだ。
真治「やったぜ!」
だが、爆煙の中からは、右腕が変化したメタルティラノモンが出てきた。
ユニグレイモン「馬鹿な!」

続く