※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第十話「フォレストタワー攻防戦」

あっさりと衛兵を倒し、塔に進入した真治たち。果たして・・・

孝「この調子だと大佐もたいしたこと無いだろ。」
真治「けど、油断するなよ。」
ドラえもん「うん。そうだね。」
???「そのとおり!」
アグモン「誰だお前!」
???「私は大尉だ。貴様たちを排除しに来た。出てこい!ダークリザモン!」
真治「くそっ、厄介な敵が現れたな・・・」
ダークリザモン「スナイプファング!」
孝「くそっ、問答無用か!コエモン!進化だ!」
コエモン「おう!」
大尉「そうはいかん!」
ダークリザモンは標的をかえ、腕を攻撃した。
孝「うっ・・・」
孝は機械を取り落とした。
ダークリザモンはその機械を遠くへ蹴飛ばした後、真治のほうへ向かう。
だが、すでにムシャグレイモンへと進化していた。
ムシャグレイモン「遅い!ソニックフレイム!」
ダークリザモンに直撃する。しかし、全く効いていない。
それは、ダークリザモンが暗黒の炎でできているからだ。
真治「効かない!?」
ダークリザモン「ドレッドファイア!」
ムシャグレイモン「ぐわぁ!」
大尉「たいしたことは無いな。」
孝「今までやってきた奴らとは段違いだ・・・」
大尉「次はそっちだ!」
ダークリザモン「グゥウウウウゥウウ!」
ダークリザモンは愛とプロットモンに向けて突っ込んだ。
プロットモン「パピーハウリング!」
だが、ダークリザモンには全く効いていない。
ダークリザモンの牙が迫る。
プロットモン「愛!!!」
愛「プロットモン!これを・・・」
愛は意外にも落ち着いていた。そして、彼女のデジヴァイスは輝いていた。
プロットモン「その光は・・・」
愛「うん!」
プロットモン「プロットモン進化!ダルクモン!」

ダルクモン
天使型・成熟期・ワクチン種
四枚の羽を持つ天使型デジモン
必殺技は「パデーム・デ・アムール」と「ラ・ピュセル」である。

ダルクモン「これが、私の進化形態・・・」
ダルクモンは腰に装備している剣を引き抜く。
そして、切りかかる。
ダルクモン「ラ・ピュセル!」
ダルクモンはダークリザモンを一撃で葬った。
ダークリザモン「ギャアア!」
大尉「まさか、こうまであっさりやられるとは!不覚、なり・・・」
大尉と共にダークリザモンは消えた。
そして、ダルクモンはダークリザモンのカードを拾い上げ、愛に渡してから退化した。
真治「やるな・・・」
孝「さすが愛ちゃん!」
???「だが、そううまくいつまでも続くかな?」
光「今度は誰!?」
???「私が」
地響きを立てながら巨大なデジモンが歩いてきた。
???「大佐だ」
大佐は、デジモンの上に立っていた。
そしてそのデジモンは完全体、メタルティラノモンだった。

続く