※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第九話「スパイダモンVSグレネードガルゴモン」

さまざまな卑怯な手を使い、真治たちを翻弄するスパイダモン。
しかし、テリアモンが進化し、グレネードガルゴモンへと進化し、追い詰める。
だがその時、スパイダモンはドラえもんたちを盾にするという暴挙に出た。

スパイダモン「クク・・・どうする?」
真治「野郎・・・」
しかし、いきなりグレネードガルゴモンがビーム砲を撃ち始めた。
スパイダモン「な、なにぃ!」
真治「ば、バカ!何やってんだよ!」
しかし、その光条は、スパイダモンではなく、木を狙っていた。
ビームは狙いと寸分狂わず、木を打ち抜いた。正確には、木に張り付いたスパイダモンの糸を、である。
グレネードガルゴモン「さぁ、早くアグモンたちを!」
真治「分かった!」
その糸はすぐに解かれた。
真治「アグモン、大丈夫か?」
アグモン「・・・大丈夫・・・ちょっと眠いけど・・・」
光「全く、のんきねぇ・・・」
真治「さて、形勢逆転だな。どうするんだ?」
そして愛もドラえもんのスイッチを入れた。
ドラえもん「ううん・・・どうもこの小説、よく僕のスイッチが切れるなぁ・・・」
真治「いけるか?アグモン。」
アグモン「もちろん。いつでも進化できるよ。ドラえもんの道具で満腹になったからね。」
スパイダモン「こいつはまずいな・・・あばよ!」
スパイダモンは糸を使って逃亡した。
アグモン「あ、まて!」
そう言ったころにはもう姿は見えなかった。
プロットモン「ものすごい逃げ足ね・・・」
真治「とりあえず、追っ払ったんだからいいじゃねぇか。」
愛「そうね。」
― 一方 ―
孝「ここどこだぁ?」
コエモン「さっきから同じところを歩いてるような気がする・・・」
両人とも迷っていた・・・

そして、真治たちも歩き始めていた。名刀電光丸も、穴の開いた靴も、復元光線で修理していた。
真治「あれ?あそこにいるの、孝じゃないのか?おーい、何してんだぁ?」
孝「これが遊んでるように見えるか?」
真治「見えねえことも無いが?」
孝「やかましい!こっちは道に迷ってんだよ!」
光「威張って言うことでもないでしょ。」
コエモン「とにかく・・・腹減ったァー」
テリアモン「そういえば、僕も・・・」
ドラえもん「じゃあ、ここで、昼ごはんにしよう。グルメテーブルかけ!」
そこで、思い思いの食べたいものを食べる。
真治「さて、腹も一杯になったことだし・・・さっきから気になってるんだが、ありゃなんだ?」
孝「確かに・・・塔みたいだがなぁ・・・」
アグモン「あ!あそこになんか書いてある」
真治「どれどれ・・・」
ドラえもん「読みにくいなぁ・・・なになに、D-アーミー・幻想の森支部・フォレストタワーだって。」
孝「なんだよ、そのD-アーミーって。」
真治「少なくとも、軍隊ってことだよな。」
???「そこ!何してる!」
孝「誰だ?」
男A「侵入者か!?」
真治「いや、先に俺たちの質問に答えてくれねぇ?」
しかし、真治の突っ込みも虚しく、
男B「ええい!面倒だ!始末しよう!やれ!スナイモン!」
男A「お前もだ!クワガーモン!そして、俺たちは衛兵だ!」
真治「やっと質問に答えてくれたな。片手間に。」
孝「ゴチャゴチャ言ってねぇでさっさと戦うぞ。やるぞコエモン。」
真治「分かったよ。いくぞアグモン。」
アグモン「OK!進化!ムシャグレイモン!」
コエモン「腹ごなしだな!進化!ハヌモン!」
ムシャグレイモン&ハヌモン「いくぜ!」
真治「へぇぇ、コエモンも進化できるのか。」
孝「当たり前だ!ところで、プロットモンと、テリアモンは?」
真治「テリアモンのほうが進化できる。」
ハヌモン「怒髪天!」
ムシャグレイモン「ソニックフレイム!」
クワガーモン「ギャア!」
スナイモン「グワァア!」
なんと、二体とも一撃で消えてしまった。
真治「よ・・・」
孝「弱すぎる・・・」
男AB「く、くそう!お、お前らなんか大佐に倒されてしまえ!」
とか何とか言いながら、二人とも消えてしまった。
真治たちはアグモンたちを退化させた後、スナイモンとクワガーモンのカードを拾い上げ、門に入った。