※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第13話「大ピンチ!!!」

~あらすじ~
ダイヤモンドシティを攻撃されたことにより、ガブモンの怒りがMAXに!そして、ついにガブモンはガルルモンへと進化した!

ガルルモン、レオモンVS、DH体トゲモン、DH体ガードロモン戦闘開始!

「見せてやる!オレのパワーを!フォックスファイアー!」
「ぐわあああぁぁぁ!」
フォックスファイアーが、トゲモンとガードロモンにみごとに命中した!
「スピードがかなり上がったな!ガルルモン!」
「へへ、そうだろー!」
「私も負けるわけにいかん!獣王拳!」
これも、2匹に命中した!
「どうだ!早く降参したらどうだ?」
「これぐらいで私たちが降参すると思うか?」
「いくぞ!ガードロモン!チクチクバンバン!」
「ディストラクショングレネード!」
2匹はよけようとした。しかし、トゲモンの針が2匹の手足を2,3本かすり、ミサイルが2匹の頭上で爆発した。
「くっ、こんなことでダメージを受けるとは・・・。」
「おい!ガルルモン!ガードロモンは私が倒す!おまえはトゲモンを!」
「了解だゼ!」
4匹のバトルはより激しくなっていった・・・。
ダメージを与えられるとダメージを与え・・。
この繰り返しがいつまでも続いた。
そして、4匹の体力がだいぶ失われたころ・・・。
レオモンの一撃で始まってしまう・・・。
「このヤロー!獣王拳!」
獣王拳が、ガードロモンのとどめの一撃となった。
「くっ、どうやら、オレはここまでのようだ・・・。すまない、トゲモン・・・。オレは、もう・・・。戦えねえ・・・。」
そうトゲモンに残すとガードロモンは、デジタマに戻った。
「貴様!よくもガードロモンを・・・!死ね!チクチクバンバン!」
チクチクバンバンは、ガルルモンではなく、レオモンへ飛んでいった。
そして、次の瞬間・・・!
ブスブスブス!
「なっ・・・。レ、レオモーン!」
「ぐはっっっっっ!」
レオモンは、トゲモンの針にめちゃくちゃに刺されてしまった!
そして、レオルモンに退化してしまった!
「き、貴様ー!よくも・・・。よくもレオモンを!」
「うるせーんだよ!おまえも死ね!チクチクバンバン!」
そして、ついにはガルルモンまで刺されてしまった!
大ピンチ!どうする?2匹とも!!!

―シティ北部―
ガルルモンたちがピンチなのを知らずにいるガオモンとメガログラウモンは、戦闘のまっ最中だった。
「消えろ!ザコどもが!」
メガログラウモンが、白いビームをはなつ。
そして、大爆発が起きた。
メガログラウモンが戦っている時、ガオモンは町の住民を避難させていた。
「みなさん!落ち着いて避難してください!」
こっちのほうは、ガルルモンたちの状況と全く逆で、楽に役目をはたしていた。
だが、この2匹にも、危機がせまっていたのだった・・・。

第13話「大ピンチ!!!」 完