※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第七話「進化!ハヌモン!」

少尉「ヒポタモン!やれ!」
ヒポタモン「ファングプレス!」
ヒポタモンは噛み付いてきた。
孝「うおっ!あぶねぇ!このやろ!」
孝はヒポタモンの顎を蹴り上げた。
ヒポタモン「ぐうっ・・・」
少尉「しかたない!ヒポタモン、カードを使うぞ!地底湖」少尉は機械に
孝「えっ!?うわああああああ!」
孝は地底湖に落ちていった。
その瞬間、ヒポタモンは体から水の大砲を放った。
ヒポタモン「ウォーターショット!」
孝「うおう!」
孝はかろうじでよけた。
コエモン「孝!無事か!?」
孝「バカ言え、無事もくそも今にもやられそうだ!」
コエモン「ベビースリング!」
ヒポタモンに直撃する。
ヒポタモン「グブォー!!」
逆上したヒポタモンはコエモンに襲い掛かる。
孝「おっと!俺もいるぜ!」
孝はヒポタモンに踵落しを叩き込む。そこをコエモンのパチンコ玉が襲い掛かる。
まだあって間もない二人だが、完璧な連携でヒポタモンを翻弄していた。
ヒポタモンはどちらを攻めていいか分からず、混乱していた。
少尉「ヒポタモン!人間のほうはいい!デジモンを優先しろ!」
だが、孝とコエモンはその場にいなかった。少尉「クッ!ヒポタモン!見つけ次第殺せ!」
 一方孝たちは岩陰に隠れていた。
孝「そういえば、あいつさっきカードをこうやって使ってたんだよな・・・」
孝は持っていたカード「オベリスク」をスラッシュしてみた。
コエモン「えっ、何これ?」その瞬間、コエモンのパチンコが巨大な銃に変わった。
孝「なんだか分からんが、そいつを使え!」
コエモン「了解!」
コエモンはヒポタモンめがけて突っ込んでいった。
コエモン「くらえぇ!」
銃口が火を噴く。そして、元のパチンコにもどってしまった。
ヒポタモン「グウゥウウ!」
コエモン「やりぃ!」
孝「倒したか!?」
少尉「そんなわけ無いだろう。」
ヒポタモン「サンドストーム!」
孝「!!?」
砂嵐が吹き荒れ、孝たちを襲う。
コエモン「ぐわぁ!」孝「くうっ!」
ヒポタモン「ウォーターショット!!」
間髪をいれず、水の塊を孝に叩きつけてきた。
孝「ぐわぁ!」
孝は壁に叩きつけられた。そして、ヒポタモンに踏みつけられる。
孝「ぐふっ・・・」
すさまじい重さがのしかかり、意識が朦朧としてきた。
コエモン「孝!!」
少尉「さて、どうする?」
孝「クッ・・・」
少尉「貴様はここでパートナーが死ぬのを見ていろ。」
ヒポタモンは孝を踏みつけ始めた。
孝「ぐはっ!」
コエモン「孝!!」
孝「まだだ・・・こんなところで死ねるか!コエモーン!!」
その時、孝の叫びに機械が反応する。
そしてコエモンが、進化する。「コエモン進化!!ハヌモン!」

―ハヌモン―
金色をした獣人型デジモン。
必殺技は「怒髪天」と「如意ボーン」だ。

ハヌモン「覚悟しやがれ!如意ボーン!」
如意ボーンはヒポタモンの立っていた地面を打ち据えた。
ヒポタモンはジャンプして回避した。
少尉「どこを狙っている!」
だが・・・孝「助かったぜ・・・死ぬとこだった・・・」
ヒポタモン「!!?」
そう、さっきの一撃はヒポタモンを孝から離すための陽動だったのだ。
ハヌモン「さて、もう遠慮はいらねぇな!伸びろ!如意ボーン!!」
如意ボーンは空高く伸びた。そして、ハヌモンもジャンプする。
ハヌモン「落ちろオォォォォォォォ!!!」
如意棒が、ヒポタモンを叩き潰した。
ヒポタモン「グギァァァァァァ!!!」
少尉「ばかな・・・」
ヒポタモンは消滅した。そして、ヒポタモンが描かれたカードが落ちた。少尉もまた、消えた。
ハヌモン「終わったな。」
孝「さて、改めてあの塔を目指すか。」孝はカードを拾い、ハヌモンの肩に乗ってぽっかりとできた地底子の穴を離脱した。
― 一方 ―
真治「くそう、孝の奴、どこに言ったんだ?」
愛「あ!光ちゃんがいる。」
木の下で光とテリアモンが休んでいた。
真治「光ー。孝の奴、どこ行ったんだ?」
光「途中で見失っちゃって・・・」
テリアモン「孝ったら速くてさー」
光「ま、お兄ちゃんのことだから多分道にでも迷ってるんじゃない?」
テリアモン「ところでアグモンとドラえもんは?」
プロットモン「一緒に休んでるよ。」
真治「すぐに追いつくってさ。」
愛「何もないならいいけど・・・」

その時、何者かが真治たちに迫っていた―
???「クク・・・見つけたぜ・・・」